A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

宮城県栗原市『ゆるくておもしろい?移住』事前合宿を密着取材2日目!『フルサト』と『コミュニティ』

2017年9月18日。

僕と男子3人は宮城県栗原市の『伊豆沼ウェットランド交流館』のドミトリーで目を覚ましました!

 

そうです!

この日は栗原市の企画『ゆるくておもしろい?移住』の事前合宿2日目なんです!!

 

ちなみに▼1日目はこんな感じでした!

宮城県栗原市『ゆるくておもしろい?移住』事前合宿を密着取材1日目!『出会いと自己紹介』 - A1理論はミニマリスト

 

 

この日の朝はものすごい暴風雨でした!!

僕のいびきなんて目じゃないくらいの嵐で、僕のベッドはちょっとした地震くらい揺れてましたw

 

二段ベッドの上だったから揺れてたのかと思ったら、下の人達も揺れてたw

「建物自体が揺れてたんだと思います。。。」

とのこと。

 

確かに。。。

はじめての東北の夜はいつ建物が崩壊するかビクビクするくらいの揺れで目が覚めましたw

 

でも、僕らが起き出した朝7時くらいには嵐も雨も治まってて、、、

この頃は雨はそうでもなかったけど、風はかなりすごかった。

あと、カモは1匹もいなかったw

 

やっぱり、めっちゃ美味しかった!!

 

今見たら、雲がすごく綺麗ですな!

この日の前日もこの近くを歩いたけど、本当、この近くの景色は綺麗!!

 

というのも、僕が普段、新宿区から出ない生活をおくってるからなんだろうな。

 

地元の人にはいたって普通なのかもしれないけど、普段、新宿区から出ない人間には▼まさに『ローカル自然遺産』!!

地方の市町村が探すのは『移住希望者』ではなく、まずは『ローカル文化遺産』『ローカル自然遺産』なんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

というわけで、、、 

9時過ぎるとカラッと晴れてきました!!

で、この日は1日中、晴れでした!!

 

ま、2日間のうち、寝てる間だけ暴風雨だったので、不幸中の幸いだったのカモ。

 

そして、再び若柳総合支所へ!!

仙台の広告代理店にお務めの方が作られた栗原市のパンフレット!

 

昨日の夜にだいぶ話し合ったので、サクサクとKJ法が進みます!!

 

 

この合宿のあと、移住メンバーとのメッセンジャーのやりとりで、メンバーの一人のウェブデザイナーの方がワードプレスの保守管理ができるとのことで移住ブログはワードプレスになりそうです!

 

 

お掃除レクリエーションは10月1日に決定!!

ちなみに僕も再び取材しに行きます!!

 

要点はほぼ押さえていると思います!!

 

で、、、

このケーキ、若柳総合支所の近くのケーキ屋さんで買ったのですが、美味しかったです!!

 

こういう地方都市の美味しいお店も『ローカル文化遺産』なんですよねぇ。

人口が減っても生き残っている実力のあるお店

ってことなので。

 

こういうの、なんかいいですねぇ。

『コミュニティ』というか、『家族』みたいで。

 

 

デザイナー女子はカラフルなケーキをチョイス!

 

みんなに、

「それを選ぶと思った!ww」

って言われてたww

 

ちなみに、

僕は彼女のデザインセンス、割と好きですw

 

 

こういう、ちょっとした共同作業って、割と大事だと思った。

 

 

こういうイベントとか、移住者って『風の民』が多いからか、元バックパッカーもいるんですよね~。

普通に生活してたらまずお目にかかれない元バックパッカーとの話は面白い!!

 

 

現在、拠点の名称にメンバーは悩み中w

 

『ピンクハウス』

は、

「なんかそういうお店みたいw」

ということで、今のところ、没w

 

「地域の方々から名称を募集してもいい。」

みたいな案も出ました。

 

確かに、下諏訪の、

『ミーミーセンター・スメバ』

も、

「ミーミーセンター」

の部分は地元の人が、

「スメバ」

の部分はリノベツアー参加者で現・地域おこし協力隊のヒッキーが決めましたからねぇ。

 

地域に寄り沿いながらゆっくり決めてもいいと思います!!

 

 

そして、拠点の前で、、、

 

この移住拠点と栗原を盛り上げて行く仲間たち!!

 

 

いいね、このスピード感!!w

 

 

目の前に住んでいる女性の区長さんはめちゃくちゃフレンドリー!

 

僕は、

「あ、この区長さんならここはいける!!」

って、ほとんど直感的に思いましたw

 

というわけで、、、

 

すぐ隣の、、、

 

僕の家も曹洞宗なので親近感!!w

 

ちなみにスティーブ・ジョブズも曹洞宗です!

ミニマリスティック!!

 

 

移住拠点から徒歩10分くらいの▼市のスポーツ施設!

若柳地区のスポーツ施設 | 若柳総合体育館(アスパルわかやなぎ)| 栗原市体育協会 | 宮城県栗原市

トレーニングルーム1回200円は安いと思います!

ジムとして使うと格安かも!

 

 

こういうローカルガイドってなんでこんなに楽しいんだろうw

フォロワーの方が指摘してくれたけど▼『ブラタモリ』みたいとのことw

ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉

ブラタモリ (1) 長崎 金沢 鎌倉

 

 

そして、区長さんにいざなわれて来たのは、、、

 

もなか屋さんですが、もなかの皮だけを作っているお店(?)です!

なんと!江戸時代から続いているそうです!!

 

 

一見、普通の民家ですが、少し除くと使い込んでる機器やもなかの箱が!!

 

 

うーん、こういうの個人的に大好きです!w

 

 

めちゃくちゃ重い道具です!

こうやって焼くんですねぇ。

 

で、もなかの皮をいただいたのですが、

これが皮だけでも普通に美味しい!!

 

というか、僕はもなかの餡がちょっと苦手なので、この皮だけをパリパリとずっと食べていたいくらいでしたw

もしくは、アイスクリームを挟んだら美味しいと思いました!!

 

そんなこんなで、、、

 

夏と秋の間の栗原市若柳地区を歩きます!

この日は秋分の日が近づいた敬老の日でした!

 

 

ここ、いい感じでした!!

『ローカル文化遺産』!!

 

 

すごく新鮮な野菜が並んでました!!

中では近所の方とお話しする店主さん!!

ここも『ローカル文化遺産』ですな!!

 

 

栗原市は実は内陸ではかなり地震で揺れた地域です。

こういうまだ歪んだ建物もあり、この区長さんがちょっとずつ直しているようです。

 

 

へー!!

移住拠点にこもって創作活動するには最適の土地かも知れませんね!!

(僕も年明けくらいに1週間ほど引きこもってブログ書き続けたいw)

 

伊豆沼サンクチュアリ、昨日、少しだけ見ましたw

(でも移住拠点から伊豆沼までは10キロくらいありますw自転車ではちょっとキツイ。)

 

そして、区長さんにお礼を言ってお別れ!!

 

 

そうこうしているとラジオ出演の時間が来ました!!

 

そうなんです!

ローカル局ですが、ちょっとだけ移住メンバーが電話でラジオ出演します!!

 

 

まず、二階堂さんがラジオ出演者の方と電話でお話!

 

 

そして、、、

 

 

東京在住女子がラジオ出演!!

「栗原氏のこのプロジェクトが面白そうだったので、東京から参加しました!」

みたいな感じ。

 

それを聞いていた若新さんは、

「あー、すごくいいじゃないですか!!」

と、ごきげんw

 

 

というわけで、ラジオ出演も終了し、放送も聞き終わったので、、、

 

こういうの、移住者とかブロガーが参加したら面白いと思いました♪

 

支所に戻ってから、お昼ご飯を食べに車に乗り込みます!!ひたすら西へ!!

 

▼チロルというお店に来ました!!

『ボリュームに驚き』

和洋レストラン チロル|栗原市観光ポータルサイト ぎゅぎゅっとくりはらのホームページ(公式ホームページ)

 

すごいいっぱいあるー!!

ボリュームもすごいというので期待!!w

 

そば定食なのに、ご飯とおかずのボリュームがすごい!!w

 

僕が頼んだとんかつ定食!

ご飯は大盛りと言ってませんが、この量でしたw

 

パスタもすごい量!!ww

 

というわけで、みんなで食べまくりましたw

男子でも残してる人はいたw

僕は朝ご飯もかなり食べたのですが、もちろん完食!!w

 

ご飯を食べながら栗原の話や旅話。

女子席も盛り上がってました!

 

こういうローカルなお店って、なんか話が盛り上がる気がします!

 

そして、お腹いっぱいになったところで、車で移住拠点周辺の案内(最寄駅や最寄スーパー等)をしてもらったあと、、、

 

りこま高原駅へ!!

 

再会を誓って、かいさーん!!

 

 

2日間、ありがとうございましたー!!

 

 

 

で、実は僕らの旅はまだ終わりません!w

 

メンバーの一人が仙台から車で来ていたので、仙台組と、仙台のゲストハウスに宿泊する僕、東京組の2人で、

仙台へ!!

 

東京組の2人は初仙台!僕は昨日が初仙台で1時間半ほどうろうろしただけなので、仙台組の方々が仙台城を案内してくれるとのこと!!

仙台城 - Wikipedia

 

僕的にも、仙台城は次の日に行こうと思っていたのですが、ちょっと山頂まで遠いのでどうしようかと思ってたんですよねー。

あざーす!!

 

 

『ずんだシェイク』はマツコが、

「美味い!!」

と言って有名になったのだとか!!

楽しみ!!

 

と言っても城はありませんw

城跡のみ。

 

このブログを読んでるA1理論ファン(ストーカー)の方はご存じかと思いますが、僕の実家には怪しい家系図があって、その家系図によると僕の先祖は奥州藤原氏系らしく、鎌倉時代まで山形県の羽黒神社周辺にいたらしく、伊達一族とは遠い親戚なんだとか。(ほんまかいな)

 

ま、そんなことはどうでもいいとして、仙台城からは仙台の街が一望できて特にこんな晴れた日は気持ちいいです!!

 

▼この本に出てくる巨大仏(仙台大観音)も見れて感動です!!

くだらないんだけど「深い」エッセイ集!『晴れた日は巨大仏を見に』宮田珠己 - A1理論はミニマリスト

晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

晴れた日は巨大仏を見に (幻冬舎文庫)

 

 

この石でできた鳥はかつてはこの石の塔の上にいたらしいのですが、3.11の地震の時に落ちてきたそうです。

怖い。。。

 

 

▼『ノビスパン』は支倉常長さんが派遣された地域の名称ですw

ヌエバ・エスパーニャ - Wikipedia

 

ま、そんなことはどうでもよくて、、、

 

キター!!!!

 

というわけで飲んだ『ずんだシェイク』は、、、

 

最初のほうは吸っても吸ってもストローから出てこなかったのですが、、、

しばらく吸い続けていると出てきて、

めっちゃ美味しい!!!

 

東京組は「美味しい!!」連発していましたww

さすが、マツコも絶賛シェイク!!

 

ちなみに▼東京や羽田空港でも飲めます!是非、試してみてください!!

マツコも絶賛!「ずんだシェイク」が美味しいと話題になっています

マツコが紹介した「ずんだシェイク」がすごすぎる件!仙台駅にいる人たちの半数以上!?が飲んでいる? | ハレルヤ

ずんだ茶寮 ずんだシェイク|大丸東京店

 

というわけで、みんなで仙台城の近くのお土産屋さんや神社を散策し、、、 

 

その後、また車に乗り込み、仙台駅へ!!

 

 

仙台組、継いで東京組と解散!!

 

いやはや、楽しい2日間でした!!

そして、これからこのメンバーと楽しい半年間の移住生活が始まります!!

 

 

いやー、栗原も仙台も楽しかった!!

僕的には栗原や仙台は東京からも近いので、かなりアリですねぇ。

 

で、なんで東京に住んでて、今まで20年間、仙台に来なかったのかと言うと、シンプルに『知り合い』がいなかったから。 

 

でも、今回、栗原や仙台に『知り合い』が出来たことで、

「また行こう!」

って思いましたし、実際に10月1日に再訪します!! 

 

 

『フルサト』の定義ってなんでしょう??

 

今までの日本では、

「先祖代々の土地」

「自分が生まれ育った土地」

だったんでしょうね。

 

でも、厳密に定義すれば、

『コミュニティがある土地』

なのかもしれません。

 

先祖代々の土地なら、『親族』というコミュニティが、

自分が生まれ育った土地なら、『小中高大の同級生』というコミュニティが、

それぞれ、土地にへばりつくようにして存在していた。

ま、農耕民族なのでそれは仕方がなかったのだろう。

 

僕は自分が生まれ育った姫路にはあんまり帰らないのだけど、それは『コミュニティ』がないから。

「なんでおまえは姫路に帰らんのじゃー!」

って言う人もいるけど、それは人それぞれ家庭の事情や友人の事情がある。

 

僕の場合は家族や地元の友達と会っても、あんまり話は合わない。

なにを話していいのかが分からない。

それはおそらく、根本的な価値観が違うからなんだろうな。

 

ちきりんさんの言葉で言うと▼『人生の半径』が違うんだろうな。

人生の半径 - Chikirinの日記

 

10年ほどまえに、僕の親が、

「姫路の南部をうろうろしただけの60年やった。」 

と言っていて、それを聞いた僕は、

「よくそれで気が狂わないな。。。」 

と思った。

 

 

スマホやSNSが進化し、公共交通機関が発達した21世紀は『フルサト』は自分で選び、かつ、作っていく時代なんじゃないかと僕は思います。

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

フルサトをつくる: 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

 

 

 

人類は『モノ』の『生産性』を高めることで、他の種と差別化して進化してきた種族だと僕は思う。

 

農業革命が起こってからは、人類は土地に定住した。

そこがそのままイコールで『フルサト』だったんだろうな。

 

しかし、産業革命が起こり、さらにその『商品』の『生産性』が爆発的に高まった20世紀では、『カイシャ』や『工場』があった場所が『フルサト』になっていったんだろうな。

 

なぜなら、親や曾祖父が先祖代々住んできた土地を離れ、『カイシャ』や『工場』がある土地に移り住み、そこで20世紀の人達は生まれたから。

 

産業革命により、『モノ』の『生産性』が飛躍的に上がった。

それにより、20世紀の人間の『フルサト』は半強制的に移動させられたんだろうな。

それは『モノ』と『カネ』の論理、つまり、資本主義の論理と精神に則った行為の結果だったのだろう。

 

 

しかし、21世紀は、そんな、

「プロダクトの『生産性』」

がカンストしつつある。

 

この事前合宿の数日前に発表された『iPhoneX』が普及すれば、スマホというプロダクトもそろそろカンストしていくのではないかと僕は思っている。

 

そのスマホというプロダクトを使って、

21世紀の人類は、自分に一番フィットした『フルサト』を探していくフェーズに突入していくんじゃないかな?

 

なぜなら、21世紀には、

「プロダクトの『生産性』」

を上げる行為はたいして生産的ではないからだ。

 

そもそも、▼『モノ』自体がそこまで必要じゃなくなっている。

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

なので、▼人類自体が『情報革命』によって『資本主義』を克服していくのかもしれない。 

人類は『情報革命』により、『資本主義』をも克服しようとしてるんじゃないかな? - A1理論はミニマリスト

 

これは資本主義を否定しているのではなく、

資本主義の次のフェーズに進んだだけだと僕は思う。

『資本主義2.0』はおカネは『フルサト』を円滑に作る道具に過ぎなくなるんじゃないかな?

 

20世紀に人類史上最大の経済発展を経験し、『資本主義』の恩恵を受けまくった日本人でさえ、そろそろ、その▼『資本主義1.0』という人類最大の『宗教』の洗脳から解き放たれる時が近いのかもしれない。

『資本主義』は人類史上最大の宗教!そして、それに洗脳されまくる戦後の日本人! - A1理論はミニマリスト

 

そんな21世紀の日本人は、スマホで『フルサト』を見つけ、facebookやメッセンジャーでその『フルサト』に興味があるメンバーと繋がり、ブログやtwitterで情報発信をし続けて新たなメンバーを集め始めるフェーズに入りつつあると僕は今回の取材で実感しました。

 

つまり、21世紀の日本では『フルサト』とは、

先祖代々の『家』(住居)がある場所でも、

『カイシャ』や『工場』という仕事先(職)がある場所でもなく、、、 

 

▼『コミュニティ』がある場所を指す言葉になっていくんじゃないかな?

『住』従属人生の19世紀、『職』従属人生の20世紀、『居』従属人生の21世紀。 - A1理論はミニマリスト

 

そこ『コミュニティ』は主にクラウド上にあり、親や仕事先が積み上げてきた過去の『信用』ではなく、スマホを使って本人自身が『コミュニティ』に『信用』を積み重ねていく時代になっていくんじゃないかと僕は考えている。

 

そのひとつのモデルで、

「コミュニティの『生産性』」

がものすごく高い、

21世紀の『フルサト』になりそうな栗原にこれからも注目です!!!