A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『大人』が誤解していること。

【スポンサーリンク】

友達とファミレスで話し込んだ後の土曜日の夜、なぜか突然、ふと『大人』はこういうところを誤解しているんじゃないか?ということをいくつか思いついたので述べてみたい。

寝転びながらスマホから記事アップ。気軽に読んでね!
 

◆『友達』は学生時代しかできない。

大人が割とよく言うセリフ。
「20代のうちしかできない」と言うパターンもある。
普通に考えたらそんなことないわなw
なにを根拠に言ってるんだか。
まぁ、こういうこと言う大人は自分から積極的に友達を作りに行かずにたまたま隣の席に座った奴と話していたんだろうな。
普通に考えたら同じ学校でたまたま同じクラスだった人と話が合うことなんて天文学的確率だと思う。
むしろ学生時代なんてまだまだ自分もその友達も方向性が固まってない。
自分の方向性が固まってきた大人こそ、同じ方向性を持った友達を見つけに行くべきだと思う。
 

◆『旅』は学生時代しかできない

そんなわけないw
これも上の友達と全く同じで、方向性の固まってきた大人こそ旅をするべき。
 

◆『旅』をする人間は評価されない

誰からの評価?
じゃああなたは万人に評価されてるの?
少なくとも旅をしない人は旅人からの評価は低いだろう。
 

◆雇われないと生きていけない

それは多くの大人が雇われ人達としか日々接してないからじゃないかな?
 

◆生き方は変えられない

「さあ才能に目覚めよう!」にも書いてあったけど、変えられないのは15歳くらいまでに固まる『ニューロンの構成パターンからくる思考の癖』であって、生き方自体が変えられないわけではない。
むしろ世の中の構造や時代の流れがわかってきた大人ほど、自分の本来の『思考の癖』に沿った生き方に変えていくべきだと思います。
 

◆後世に遺伝子を残すべきだ

これ以上、貧困児童を増やしてどうしたいんだか。
それよりも今、貧困に陥っている人にお得情報を届けるべきかと。
 

◆すべての生き物は遺伝子を残すために生きている

誰もそこまで考えてねーよw
嘘だと思うなら近所の野良猫を一日中、観察してみればわかるw
人間が脳みそ大き過ぎて考え過ぎてるんだよ。そんなに脳みそ大き過ぎたら気が狂って死ぬぞw
セル編のパワー偏重型トランクスと同じで進化の袋小路に入ってる生物の世迷いごと。
f:id:A1riron:20150614010934j:image
 

◆発展『途上』国

セロトニン分泌量からしてみれば先進国と言われている国のほうが明らかにセロトニン途上国。
 

◆年金はもらえる

普通に考えたら、もらえません。
戦後の混乱期に老人を救うために暫定的に定めた制度をいつまで継承してるんだか。
今、飯が食えて今までの人生で一度も空襲に怯えることがなかったことに感謝して生きるべき。
 

◆自分は平均寿命まで生きる

平均寿命はあくまで平均。
実は60代くらいで人は結構死ぬww
もちろん、明日死ぬ可能性もゼロではない。
 

◆大人は間違わない

だから、それが一番の間違い。