A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

結婚はコスパが悪いけど、ブログ上でファミリーを形成するのはコスパ最強!!21世紀の新しい家族形態として提唱したい!(笑)

【スポンサーリンク】

一昨日、AERA特集の「結婚はコスパが悪い」を読んだ感想を記事にしました。

okite.hatenadiary.jp

 

それを読んでくれた「ゆとり隊長」という方が素晴らしい記事を書いてくれました!

価値観で衝突するのはプレーしてるゲームが違うから~結婚はコスパが悪い? | ゆとりな人生ゲーム。


もう、この「考察」の部分が素晴らし過ぎました!!
僕の考えをかなり補完・発展してもらってます!!

 

いくつかご紹介&僕の意見を書きます!!

 

同じ時代に生きてるけど、世界は1つじゃない
長年の作業で出来上がった価値観だからこそ、今の自分の生き方こそが最善なんだと考えてしまうのかもしれない。
みんなが同じ世界で生きている・・・それが前提となっている考え方であり、凝り固まっている。

そうなんですよね。
お金だけで言うと、結婚式に400万、家新築に3000~4000万。
それに加えて子供一人2000万。

 

どこにそんなカネがあるんだよ!と言いたいw
僕は奨学金を返すだけでいっぱいいっぱいだった。
そもそも自分の親がまだ千万単位の借金があるうえに無年金。

正直、親の人生の後始末だけでいっぱいいっぱいですw
これ以上家族を増設してどうする、と思う。


ゆとり隊長の言うように世界は1つじゃないんです。
人間の数だけ世界があるんだと僕は思います。

僕らが「世界」と認識しているものは脳の電気信号により再生されたひとつのビジョンなだけだと思います。
脳のニューロンの形成パターンが人それぞれ違うように、その再生された「世界」はどれも違うのは当たり前。そこを無理やり統一しようとするのは無理があると思います。

僕はもっと「自然体」で生きていきたい。 

 

周りの人がどんなゲームをしているのか意識する
今後はもっと、周りの人がどんなゲームをプレーしているかを意識しようと思う。
そして価値観を主張することは、ある特定のゲームソフトを勧めることと同義だということを理解しておかなければならない。

どのゲームをプレーするか悩んでいる人には、自分のお勧めのゲームを紹介すると喜ばれるかもしれない。
だけど、既に長年プレーしていて、まだやりこみ要素のあるゲームに現在進行形でのめりこんでいる人には、余計なお世話になりかねない。


僕も今後、他人と会う時、その人のプレイしているゲームがどんなゲームなのか考えるようにしたいと思った。

 

ベタベタな結婚・育児ゲームか。(ドラクエ5的なゲーム)


自分が描いた自分の夢を追いかけるゲームか。(信長の野望みたいなシミュレーション?)


起業して田舎→東京→アジアみたいにどんどん領土を進出していくゲームか。(シムシティ的な?)


モノをどんどん減らして楽になるミニマリズムゲームか。(なにこれ?ぷよぷよ?w)


30代前半までの僕みたいな借金返済ゲームか。(キングボンビーなすりつけ的な???www)

 

そして、けして自分のプレイしているゲームを他人に押し付けるようなことはないようにしていきたい。

 

 自分にとって傑作かどうかが大事
世間の評価を気にするというのは、他人のゲームの評価を気にすることと変わらないんだと学んだ。
遊ぶゲームソフトを選ぶ段階であれば、ゲームのレビューはある程度参考になるかもしれない。
だけど、今自分が遊んでいるゲームが楽しいのであれば、それはそれでいいのだと思う。

 

酷評されていようが、無名だろうが、自分が楽しいゲームこそが傑作だ。
誰がなんといおうと、カービィは面白いのだ(おもにスーパーファミコン時代のしか知らないけど)。


カービィwww

でも本当、そうだと思う。
他人になんと酷評されようが自分が好きなゲームこそがこの世で最高のゲームだ!

 

 


僕は今、ブログ、特にソーシャル性のある『はてなブログ』で家族を育成するゲームにハマっているようなものだw

 

というのも、僕の『ポジティブブログ』記事を見てからブログ始めた人や、それ以前から始めていたけど「兄さん」と呼んでくる人が増えすぎて良くわからなくなってきたので、昨日、夜遅くその中の一人の「にゃんす」が家系図を作成してくれたww

 

リアル過ぎて笑ったw

 

この中に入ってない、

とれいCさん

sakenominimal.hatenablog.com

は、どちらかというと姫姉様のところの子、

 

ひろさん

hirominimal.hatenablog.com

は、どちらかというとパンダのところの子なんだけど、

しょっちゅう遊びに来るww


この記事を書いているまさに今、ゆとり隊長からも弟申請きたから、そのうち家系図に加えといて、にゃんすww

 


しかしこれなんて楽しいんだろうww
昨日は結局、6時間もtwitterやってたし、今朝も朝からパンダやこのゆとり隊長とずっとtwitterのやりとりしてるw

 

昨日、ヒトデさんがブログ仲間について書いていたけど、

hitode99.hatenablog.com

 

完全に同意見。
というか僕も初代ブログ(A1理論)は仲間が出来なくて2~3か月で頓挫したからね。。。
それ以前のネット活動ではmixiで万単位の巨大コミュ運営していたからすごく寂しかったw

 

やっぱりブログ仲間は大事!!

このブログも最初は一人で黙々と誰も読まない資格記事を書いていた。
(リアル資格友達のエスタークは絶対にブログ読んでくれないのでそのうち断捨離予定w)

 

4月1日にミニマリストブログ宣言してからミニマリストブログ仲間がどっと増えた。

okite.hatenadiary.jp

 
特にほぼ同時期に始めたパンダことおはぎさんと仲良くなれたのが大きかった。
(元々、僕自身がコミックエッセイ大好きだったのが大きかったw)

 

で、ここにきて妹弟ブログが出来てきた。
ブログを続けていたら後に続く後輩が出てくることは知識では知ってたけど、まさかこの僕が!しかもこんな短期間で妹や弟ブログができるなんて!!


そして昨日、長女のくすりやさんの記事がホッテントリ入りしてちょいバズった。
僕が「バズってるねー!」というと、

「兄さん、『バズ』ってなに?」

って聞いてきたwww

 


僕は元々、4人兄弟の長男だ。
しかも元々の家系的には九州の本家を継ぐはずの長兄だった。
それをなんの因果かじいちゃんが先祖代々続く家系図を関西に持ってきて、関西で家族を作った。
そしてさらにその中から長男の長男の僕が飛び出して、今、東京で一人で住んでいる。

 

だから僕は九州に帰っても、関西に帰っても大家族だ。
でもそんな大家族の「負担」が僕には大きすぎたんだろうな、と思う。


そして家族は誰一人として、僕が昔書いていた長文メルマガを1回も読んだことがない。僕のHP上でも見れるようにしておいたのに。(今は閉鎖)


僕は、自分の長年書き続けている文章を一度も読んでくれない血のつながっている「家族」なんかより、自分の書いた物を絶対に読んでくれる顔も本名も知らない人と「家族」を形成したほうが絶対に人生コスパがいいと思う。


他人にどう思われるかわからないけど、それが今、僕が最高にハマっている「ゲーム」だ。

 

実家にある、誰も読まない、内容も理解していない家系図なんかより、今の僕にはこの手書きの家系図のほうがしっくりくるw

 f:id:A1riron:20150618084824j:image

 

最後に、この「ゲーム」、多数派にはガン無視されるとは思うけど、僕なりのオススメポイントを紹介しておきたい。

特に「結婚はコスパが悪い」と毎日思い悩んでいる30代・40代の男性に読んでほしいです。

 

まず、今まで自分が仕事やプライベートで得た知識や体験を毎日のようにブログ上に吐き出す。特に20代や30代でやってきた活動!
ブログサービスはやっぱりソーシャル性の高く、最近アプリが超絶使いやすくなった「はてなブログ」が超絶オススメ!!

 

それらの個々の活動で得た知識は一見、バラバラでなんの関連性もなくてもOK!
そのバラバラの活動が「あなた」という人間の特徴になり「オリジナリティ」や「パーソナリティ」を形成していく。
ストレングス・ファインダーで自分の才能を知るのもオススメ!

 

僕は今までのWEB上での活動、
学内掲示板活動、メーリングリスト管理活動、アジア紹介メルマガ活動、mixi巨大コミュ管理人活動、オフ会・イベント開催活動

そして仕事での、
営業経験、勉強会主催経験、飲み会主催経験、人集め経験、PC・スマホ知識

等が今のブログ活動に活きてきていると思います。

 

今まで習得してきたそれぞれに全く関連性のないスキルや知識でも、それを「ブログ」に落とすことで「自分」という「関連性」ができる。
ジョブズのスピーチに出てきた「Connecting the Dots(点を繋げること)」ですね。

 

そしてそれに共感してくれた人たちを家族のように扱う。

 

このゲームのメリットは、
・場所にとらわれない(自分自身はずっと旅していてもOK!)
・時間にとらわれない(twitter上では24時間誰か起きてるw)
・家族の価値が上がれば自分の価値が上がる(コスパ最強!)
等かな、と思っています。

 

 

今の僕にはこの「家族」のほうがよっぽどコスパがいい。
人にはどう思われようと、これが僕が今、そしてたぶんこれからも遊び続けていく「ゲーム」です。

 

okite.hatenadiary.jp

 

okite.hatenadiary.jp