A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

同年代はみんな『暗い』。けど僕だけはなぜか『明るい』。その理由がわかってきたので書く。

【スポンサーリンク】

※この記事はひとり言に近いです。ミニマリズムもブログ術も出てきません。


僕はもうまもなくアラフォーになる年齢だ。

けどなんか同年代の人と話していたり、同年代の人の書いたブログ記事を読んでるといつもなぜか違和感。

 

なんか同年代の人達って「暗い」気がする。
まぁこれは同年代に限らず日本人全体に言えるのかもしれないけど、なんかすごく「暗い」。

 

AERA今週号の特集『結婚はコスパが悪い』も読んだけど、、、

僕的には、

「結婚はコスパが悪い!(笑)」

みたいな明るいノリを期待してたんだけど、そこに載っていた同年代の雰囲気的には、

「結婚はコスパが悪い。。。」

みたいな。

なんか「暗い」んですよ!ノリが!!w
年収高いのに!!ww


いや、年収低かったとしても、こんな豊かな経済大国で、こんな便利な社会なのに、なんでみんなそんな暗いの!?

と思ってしまう。

「雇用も不安定で、結婚もできず、老後も不安で。。。」

みたいな。

そんなこと言ったら、現在無職、独身主義、親の借金千万単位&親がすでに無年金の俺はどうなるんだよ!!www

 


いや、逆に言うとなんで俺はこんなポジティブなのか?

時々人からも言われるのでその理由を昨日くらいから考えていて、さっきくらいになんかわかってきたので書いてみる。

 

 


僕はやっぱり今まで「解放」されることでだんだんポジティブになってきたと思う。

 


最初に「解放感」を味わったのは中学を卒業した時。

僕の地域は小学校と中学校が持ち上がり制度だった。
もっというと小学校に隣接していた幼稚園もほぼ持ち上がりの5クラス。

つまり10年間、200人のメンバーとずっと同じだった。
これがかなり窮屈だったんだろうな。

高校に入った時、めちゃくちゃ解放感を感じた!
毎日テンションが高いからなんだってできるように思った。

 


次に「解放感」を感じたのは高校を卒業した時!

大学進学で自分の生まれ育った市から出れることにめちゃくちゃ「解放感」を感じた!
またまたテンションアップ!!
初めて出会う他の府県の友達の話に興味津々だった!!

 


次に「解放感」を感じたのは最初に入った大学で仮面浪人をして東京の大学に入りなおした時!

「親も来たことのない東京に来た!!閉鎖的な関西圏から出られた!!」
めちゃくちゃハイになった!!

同時に当時流行り出していたインターネットにハマった!!
大学に行っても授業には出ず、パソコンのあるメディアネットワークセンターにばかり出入りしていたww
そして学内掲示板のチャットにハマりまくっていたww

 


次に「解放感」を感じたのは大学1年からバイトして貯めた貯金で大学2年の夏休みに50日間くらいアメリカを旅したとき!!

「俺は今!アメリカにいる!!」
サンフランシスコのバーでギター弾き語りの周りで飲んで歌って踊って騒いでいるアメリカ人達を見ながら最高に「解放感」を感じた!!

ああ、俺はそもそも「日本」自体に向いてなかったんだ。
とも思ったww

 


次に「解放感」を感じたのは大学を卒業した時!

もうこれからは一生、くだらない「授業」になんて出なくていいし、窮屈な学生寮の規則に縛られることもなくなった!!
この時も無職だったけど、四畳半の風呂なしアパートで春眠を貪りながら、
「ああ、幸せ。。。」
と思ったのを覚えているw

「所属する組織がないってなんて素晴らしいんだ!」って思ったw
大学4年の時からメーリングリストは運営していたから、僕の「組織」はそのメーリングリストだけだった。
もうこれだけでよかった。大小様々なイベントをそのメーリングリストメインで行った。

そのメーリングリストはその後、時代の流れで僕の中ではmixiのコミュニティになっていく。
それらでイベントやオフ会も頻繁に行い続けた。が、それらもその後、時代の流れと共に解体。

 


次に「解放感」を感じたのは今から5年前、親の借金が一段落し、奨学金を返済し、風呂のあるアパートに引っ越した時!!

もうね、この頃は人生最大にヤバかったwww
常に顔がニヤけてたよww

 


次に「解放感」を感じたのは今から3年前、長く続けていた仕事を辞めて再び無職になった時!!

この時の「解放感」もハンパなかった!!
貯金も失業保険もあったから、しばらくは仕事をしたくないと思った。

しばらくは資格試験の勉強に励もうと思った。
ちょうどそのタイミングで大学の寮時代の同室で現SEの友達(エスターク)が近くに引っ越してきたので資格仲間ができた!

 


でも、その後、少し物足りなさを感じていた。

なにに物足りなさを感じていたのか最初はわからなかったけど、それはやっぱり20代の頃にハマっていた、

学内掲示板→メーリングリスト→mixiコミュニティ

というインターネット上のソーシャルなコミュニティがないことだった。


30代前半、仕事仲間との『勉強会兼飲み会』をずっと主催していた。
業界ではめちゃくちゃ評価されたが、僕から言わせればそれは20代を通してずっとやってきたオフ会の発展形に過ぎなかった。

でもその『勉強会兼飲み会』も僕が仕事を辞めたことにより解散。
僕はもう奨学金も返済したし、その仕事から学ぶこともなくなっていた。

 

 

長く続けた仕事を辞めてから、

「なにかやりたい!」

と思った。

メーリングリストより便利で、mixiコミュニティよりも管理人の特色が出せるもの。
出来れば30代前半の仕事や勉強会で培った「モバイル技術」が活きるものがいい。スマホも普及してきた。

 


いろいろ探していると2013年1月から「はてなブログ」なるものが始まるという。

「これなんじゃないかな??」

と、直感的に思った。

 


「新しい場所」での自分の名前はすでに決めていた。

mixi後半に、
「自分の生き方を理解してくれる少数の『好きな仲間』とだけ生きていけばいい」
というテーマで書いていた論文のような一連の非公開日記。

その一連の日記に当時の友達がつけてくれた名前『A1理論』!!

 

 

そこから苦節2年半!!

ブログ仲間が出来ず途中で挫折した時期もあったけど、、、

 

ついに仲間が集まってきた!!
twitterのフォロワーも500人を超えた!!

今朝は嬉しすぎてついドラクエ4の『馬車のマーチ』を大音量でかけてしまったww

 

www.youtube.com

 
サイコ―に『ハイ』ってヤツだ!!!

 

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち

 

 

 

そしてこれからは、

 

「日本脱出」という「解放感」

 

に全力で向かっていきたい次第であります!!!

 

 

okite.hatenadiary.jp

 

okite.hatenadiary.jp