A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

みんな、20世紀に『依存』している。

【スポンサーリンク】

昨日、ミニマリスト佐々木さんとかなり大量のメッセージをやりとりした。

 

きっかけは、僕が書いた▼この記事についてw

山下陽光さん×佐々木典士さん『これからの生き方』in 高円寺・素人の乱に行ってきた!! - A1理論はミニマリスト

 

僕は今年1月の▼鶴見さんのイベントくらいから、

鶴見済さんの『0円で生きる』刊行記念イベントに行って、『ミニマリストのおカネ観』について考えた!! - A1理論はミニマリスト

 

佐々木さんは京都に引きこもって、

『左派木さん』

になっちゃってるんじゃないかと思ってたけど、、、

 

 

まぁ、

結局、佐々木さんはシンプルに(なにも考えずに)、自分が興味の赴くまま、いろんな人に会ったり、イベントしたりしている感じ。

 

東京で消耗せず、欲望を解放しているww

 

今の佐々木さんは、どちらかというと、ミニマリストというより、えらてんさんに近いかな?

と思った。

 

イベントバー・エデンに、

右の人も、左の人も、創価●会も、オ●ム真理教も呼んで、ウェーイ!!

みたいな。

 

『中央線文化』みたいなカオスな感じだ。

新宿のロフトプラスワンみたいなw

 

まぁ、僕も新宿区民だし、元バックパッカーだし、『中央線文化』は個人的にはそこまで嫌いじゃないんだけど、、、 

 

中央線なヒト―沿線文化人類学 (小学館文庫)

中央線なヒト―沿線文化人類学 (小学館文庫)

 

 

何かにつけてウンチクを垂れ、ビンボーそうなのにヨガやマイブームものには大枚をはたき、上昇志向を持つことを恥とし、夜は馴染みの飲み屋で一杯…。

そんな“中央線っぽい”人、あなたの周りにもいませんか?

 

▼『大東京ビンボー生活マニュアル』の主人公・コースケも杉並の風呂なしアパート生活だ。 

なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル

なにもないシアワセ 大東京ビンボー生活マニュアル

 

 

僕が大好きな長野県の下諏訪も、中央線文化の終着点のような気もする。 

 

 

 

でも、僕のほうはずっと東京にいて、普通のミニマリスト女子とかと日夜、ゲストハウスバーでウェーイ!とかしてるから、もう、

「ブログ仲間やブログ読者は家族!」

くらいに思っていて、、、

 

「ミニマリストの『カオ』でもある佐々木さんが変な場所でイベントしたら、何も知らないブログ仲間やブログ読者の『お片付け女子』とかが、何もわからずに怪しい場所に出入りすることになるでしょ!?」

という考え。

すんことか、わらふくさんとか。

 

いきなりイベント会場で、

「反・安倍政権!!」

的な話になって、

「????」

みたいなw

 

『初見殺し』過ぎるでしょうwww

孔明過ぎるwww

 

なので、フットワーク軽いミニマム女子は、オフ会の延長で、軽い気持ちでイベント行ったり、イベント支援したりしちゃうと思いますが、

その前にちゃんとそのイベント会場や登壇者をググりましょう!w

(佐々木さんが明記しないので、僕がここに明記しておきますw)

 

 

 

で、その延長で、右とか左とかいう話になったけど、、、

 

僕はこのブログでもよく書いているけど、、、

「『左右対立構造』自体が古い。日本人はいつまで『55年体制』を引きずってるのか。。。」

という感じ。

 

僕はそもそも、

「左右対立構造は単なるマーケティングの話」

くらいにシビアに考えている。

 

巨人か?阪神か?

ジャンプか?サンデーか?

吉本か?松竹か?

iPhoneか?Androidか?

みたいな。

単なるマーケティングの住み分け論。

 

なので、右や左やの話をしても、

最終的に儲かるのはマーケターだけだと思っている。

 

いや、

最近はマーケターさえも儲からない。

 

昔は左右対立構造下で、朝日、毎日、読売、AERA、正論、諸君!、SAPIO等が売れたけど(ああ20世紀!)、

今はそもそも紙媒体の時代じゃない。

 

 

僕にとっては、

「右か?左か?」

の議論は、

「尊王派か?佐幕派か?」

の議論と同じ、全く意味のない、かつ、古い議論だと思っている。

 

今時、尊皇派か佐幕派かで議論している人がいないように、

今時、右とか左とか言ってる時点で古い。

 

 

ていうか、そもそも、

ほとんどの人は『政治』で物事を考えるけど、、、

僕は常に『経済』で物事を考えているw

 

なぜなら、僕は、

『政治』とは『経済』である!

という考え方の持ち主だからだw

(自営業家庭に生まれ育ったサガか??)

 

僕はそもそも「民主主義」自体が、「プロダクトの『生産性』」が未熟だった20世紀という大昔にできた古代の制度、くらいに考えているw

 

 

 

で、これを期に、▼山下さんの本も読み返してみたけど、、、 

バイトやめる学校 (SERIES3/4 1)

バイトやめる学校 (SERIES3/4 1)

 

 

 

まぁ、いろんな意見があっていいと思うけど、、、

 

これは、

根底に『反・資本主義』という考えがあっての『反・おカネ主義』のような気がする。。。

 

どうしてもおカネを自分の懐に入れたくないのであれば、今はクラウドファンディングやpolcaやAmazon欲しいモノリストでいろんな人を支援できる時代だし。

(石川五右衛門や鼠小僧とか義賊的な生き方もアリだと思う)

 

なんか、

これはこれで、イデオロギーに縛られて、あんまり自由じゃない気がする。

※個人の意見です

 

 

これは僕的には髙坂さんにも言えることで、『ダウンシフト』というのも、結局、20世紀的な考えが基準になっていて、それのカウンターパートというか、カウンターカルチャー的な感じ。

 

ある意味、

『反体制』という体制に依存しているようにも思える。

 

 

僕とかは、

「日本人はみんな、20世紀に『依存』している」

と思ってしまう。

 

特定の日本人ではなく、みんなだ。

 

これは僕が通っている学校もそうで、、、

学校自体はみんないい人で、ぶっちゃけ、楽しいんだけど、、、

 

そのゴールが『就職』なんだよねぇ。

いや、まぁ、当たり前なんだけど。。。

 

ただ、

『就職』という概念自体が、20世紀に『依存』してるなぁ。。。

 

と、一度も正社員で働いたことがない僕なんかは、毎朝、満員電車に揺られながらも思ってしまうわけで、、、

 

 

じゃあ、会社員ではなく、『自由』を満喫していると言われるブロガーの世界はどうかというと、、、

 

アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略

アソビくるう人生をきみに。 好きなことを仕事にして、遊ぶように生きる人生戦略

 

 

僕的には、それも20世紀依存症のひとつだと思ってしまう。

 

 

 

 

 

そんな世の中で、日本人には珍しく、20世紀に『依存』しない人が多いと思っていたミニマリストも、結局、20世紀のカウンターパート・カウンターカルチャーに『依存』していたり、、、

 

そのさらにカウンターで、おカネ!おカネ!になっちゃって、結局、おカネに『依存』していたり、、、 

(それって、本当にミニマリスト?????)

 

 

 

僕にとっては、

右の思想も、左の思想も必要ないし、、、

 

会社に『就職』しようとも思わないし、そのカウンターパートで、

「会社を辞めてブログ飯!!」

とも思わない。

 

 

「俺らしく生きれれば、それでええんじゃー!ボケー!!」

みたいな感じw

 

スナフキンや▼秋山好古に近いかな?

日露戦争物語(1) (ビッグコミックス)

日露戦争物語(1) (ビッグコミックス)

 

 

▼大原扁理さんに近いような気がする。コスパ至上主義者w 

なるべく働きたくない人のためのお金の話

なるべく働きたくない人のためのお金の話

 

 

まぁ、あとはたんたんとかww

俺はアラフォーだけど、なんとなく、ゆとり世代のほうが話が合うね。

生まれるのが早すぎたwww

 

 

 

なので、僕は、日本人のほとんどは、

『20世紀依存症』

だと思う。

 

20世紀のプロトコルから解放されていない。

 

20世紀どんな時代だったのか (政治・社会編)

20世紀どんな時代だったのか (政治・社会編)

 

 

 

というわけで、僕は常に、

「自分が信じる生き方は、自分の人生から見出すモノでござるよ。」

と考えて生きているんだけど、、、

 

Nanaさんから言わせれば、 

 「佐々木さんのほうが一般的で、兄さんのような人はなかなかいない。」

とのこと。 

 

まさに、ミニマリストな軍師・黒田官兵衛が言うように、 

 「天下、最も多きは人なり。最も少なきも人なり。」

という感じですな。