A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

38歳の誕生日を誰とも会わず、誰にも教えず、1人静かに『産まれてきて良かったか?』と自問自答し続けた結果。

【スポンサーリンク】

※自分の、自分による、自分のための日記を寝転びながらスマホで書いてます。お役立ち情報は全く書いてありません。

 
 
実は本日、38歳の誕生日でした。
 
誰にも会わず過ごしました。
Twitterなどでもあえて誰にも言いませんでした。
 
 
昔から思ってましたが、
誕生日って、祝われたくない。
祝ってくれた人に気を使ってしまう。
 
俺の誕生日なのに、俺が気を使ってどうする?
俺の誕生した日を、俺が一番、祝わなくてどうする?
 
なんか、そう思ったのです。
 
自分にとって、一番、贅沢な誕生日を過ごしたかったのです。
 
 
 
朝、いつものように近所の公園を散歩しながらこの38年を考えました。
 
子供の頃は、そもそも、自分が38年も生きるとは思わなかった。
 
そして38年も生きてると、若くして死んでしまった人や、生きてるのか死んでるのかよくわからなくなってしまった人、生きてても大きな怪我や病気になってしまった人、そんな人達をいっぱい見てきてしまった。
 
なのに自分は38年間、ずっとカネはなかったけど、特に大きな怪我も病気もせずに生きてこれた。
 
こんなに生きててもいいのだろうか?
40歳くらいで死んだほうがいいんじゃないか?
 
って、けっこう真面目に考えてしまいました、アホですな(笑)
 
 
 
で、家に帰って、シャワーを浴びながら、バスルームの鏡に映った自分に、
「おまえ、産まれてきて良かったか?」
と、問いかけてみた。
 
角型 ハンガーミラー M ブラック Y-1105

角型 ハンガーミラー M ブラック Y-1105

 

 

 
 
「めっちゃ良かった!!」
 
となれば、もう絵に描いたようなポジティブブロガーなんだけど、
 
「まぁ、悪くはなかったよ。」
 
みたいな返事だった(笑)
 
 
 
特になにも成し遂げてない38年だったけど、
 
本人が良ければ、まぁ良かったんじゃないかと思いました。
 
 
 
なので、そう答えれた自分に、自分からプレゼントをあげました。
 
とは言っても、そこはミニマリスト!
プレゼントも『捨て』のプレゼントです(笑)
 
 
いろんなものを『捨て』たり、
『捨てる決断』をプレゼントしました。
 
ずっと迷ってたモノや人間関係を捨てることが、僕にとっては、僕からの最高のプレゼントでした。
 
 
しっかり受け取りました。
 
『捨てる決断』という、とてもステキなプレゼントをくれた自分のために、これから先も、頑張って生きてみようと思った。
 
そんな、38回目の誕生日でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
(勢いで書いたけど、意外といい文章になったなw)