A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

東京・蔵前のデザイナーズ・ゲストハウス『Nui.』は「日本のゲストハウス」の定義を変えたオシャレ空間だと思った。オフ会会場にもいいかも。

【スポンサーリンク】

明日(というかもう数時間後)からまた下諏訪に行きます!

 

今月3回目の下諏訪入りです!

どれだけ下諏訪にハマってるんだかw

 

しかし、今回は過去2回のような前日(2回目は当日朝!)に下諏訪行くのを決めたような行き当たりばったり旅ではなく、ちゃんと目的があります。

 

それは『まちの教室・すわ』に参加するためです!

『まちの教室・すわ』に参加するために今週末にまた下諏訪に帰ります!今月3回目の下諏訪!! - A1理論はミニマリスト

 

その中の一番の目的はアズノさんで、下諏訪でなにやら面白いプロジェクトを考えているとの噂もあり、「これは行かないといけないな。」と2回目の旅の時から思っていました。

 

で、このアズノさんが最初に手掛けたゲストハウスが東京・蔵前の『Nui.』で、僕はここもできた当初からちょっと行ってみたいとずっと思っていましたが、微妙に家から遠く。。。ずっと「保留」でした。

Nui. HOSTEL & BAR LOUNGE | 東京のホステル・ゲストハウス

ゲストハウスのビルの1階がカフェ&バーになっていて、

8:00~18:00がカフェ

18:00~25:00までがバー(フードは18:00~23:00) 

に利用できます。

 

▼FootPrintsの『Nui.』紹介ページ。(サイトリニューアル!!)

Nui.(ヌイ) 日本のゲストハウスを変えていく場所 | FootPrints

 

けどアズノさんのこの記事を読めば読むほど、

職人集団、友人、スタッフ、みなの力を結集!デザイン溢れるゲストハウスへ/medicala vol.1|東京都 台東区蔵前|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

アズノさんの神髄が詰まった『作品』だと思ったので、どうしても『まちの教室・すわ』のまえに一目でも見ておこうと、下諏訪に行く前日ですが、行ってきました!

 

▼21:00頃に浅草橋から歩いて蔵前に到着。ちょっと隅田川沿いを散策。

f:id:A1riron:20150821013809j:image

 

実はこの蔵前は僕がアジア横断の旅から帰ってきたとき、家もお金もなくて、当時僕がアジア各地のネットカフェから配信していた「アジア横断メルマガ」の読者の方の家にバックパックひとつで3ヶ月ほど居候していた土地でもあります。

個人的にはなんとも懐かしさでいっぱいです。

 

▼そうこうしているうちに『Nui.』に到着!一見、オシャレなバーのようですが、、、

f:id:A1riron:20150821013833j:image

 

上のほうを見るとちゃんと『居住』している感が垣間見えます。

ああ、もう泊まりたいwそして早朝の川べりを歩きたいww

f:id:A1riron:20150821013910j:image

 

▼中に入ってみるとまず向かって右側にカウンターのようなスペースがあり、そこに人がいました。ここで宿泊者かカフェ&バーのお客かを聞くような感じだと思いました。このお兄さん、忙しい時は接客対応などしてますが、時間があるときは世間話してくれます。宿泊した時は近所のちょっとしたことなら教えてくれるかも。

 f:id:A1riron:20150821015047j:image

 

▼この「木」を見たかったんです!本物はやっぱり美しかった!!

f:id:A1riron:20150821013942j:image

 

▼この「木」の周りで何人かの仲間と談笑しながら立ち飲みしたいですね。

f:id:A1riron:20150821014122j:image

 

▼カウンターも「木」のテーブル。なかなか本格的な「バー」です。

f:id:A1riron:20150821014148j:image

 

ここまで本格的なゲストハウスバーは今でもあまりないと思いますし、この「Nui.」が出来た時はかなり衝撃的だったんじゃないかと思います。

何度か書きましたが、それまでの「日本のゲストハウス」は本当にインド帰りのむさい男達の「タコ部屋」でしたから。

2000年代はゲストハウスに女の子が泊まりに来るようになるとは到底考えられなかったですからね。。。

 

▼ドリンクのメニューもめちゃくちゃ多いです!ビックリ!!(何ページもあります!)

f:id:A1riron:20150821014209j:image

 

▼例の「ピアノ」もありました。この日は布を被ってました。

f:id:A1riron:20150821014233j:image

 

▼天井までいちいちオシャレ!!

f:id:A1riron:20150821014247j:image

 

僕がふと思ったのはブロガー等のオフ会にも結構、向いてるんじゃないかな、ってことです。

 

まず宿泊施設が併設されていることで遠方から来た土地勘のない人でもオフ会会場まで迷わなくて済む。だって宿がその会場だからw

 

次に会計がキャッシュオン。

これはオフ会幹事にとってすごく優しいシステムなんですよね。

僕もmixiで毎月のようにオフ会していた時がありますが、まず参加人数が読めない。

ドタキャンする人もいれば、ドタ参加する人もいて普通の店だと事前の人数と違ってくる。しかも顔も知らない間柄だ。

ドタキャンやドタ参加がなかったとしても、お金を徴収したり、人数分で割ったり、割り切れなかったり、女性やお酒が弱い人、遅れてきた人は少なめにしたりと計算がめんどくさい。

さらに「ちょっと遅れてきた人」と「めっちゃ遅れてきた人」、ダイエット中等で「ちょっとしか食べてない人」と、仕事終わりでお腹がすいてて「めっちゃ食べた人」等が入ると計算等もより複雑になり、めんどうだw

 

そうなると幹事がオフ会自体の「幹事」に集中できなくなる。

「幹事」が事務作業に追われないことがオフ会の理想なんじゃないかと僕は思っています。(一番の理想は幹事が一番楽しんでいることだとも思う。)

 

そう考えると基本的にキャッシュオンなゲストハウスバー、特にこの「Nui.」はオフ会には理想な気がしてきました。

 

▼こんなテーブルでお話とか理想。

f:id:A1riron:20150821014300j:image

 

ただ、ちょっと音楽が大きいのでどちらかというとオフ会の2次会とか、5人以上のパーティー的な軽いオフ会に向いていると思いました。

 

4人以下の少人数でトークがメインのオフ会なら▼『toco.』のほうがいいかも。

東京にいるのに旅気分!台東区入谷のゲストハウスtoco.のバーにミニマリストブロガー3人で行ってきた! - A1理論はミニマリスト

 

あとはその会場の雰囲気ですね。これはオフ会に限らないと思いますが、

『toco.』はかわいくて和風アットホーム。

『Nui.』 はオシャレでアメリカンスタイル。

という感じでした。

オフ会ならそのオフ会のテーマ・人数・メンバーの好みによってどちらかを選ぶといいと思いました。

 

僕的なオフ会のオススメは『Nui.』のカフェで15:00くらいから勉強会的なお酒の入らないオフ会を3時間ほどして、18:00のバータイムからは自動的にお酒が入る二次会に切り替わるスタイル。

それなら勉強会だけ参加したい人、飲み会から参加したい人、両方少しだけ参加したい人等が好きなタイミングで来て、自分の飲んだ分だけキャッシュオンでお金を払えばいいですし、宿泊者は眠くなればそのまま上に上がって寝ればいいw

 

これなら幹事は超楽ですねw

ドタキャン・ドタ参加におびえなくて済む。

本職のオフ会・勉強会以外の事務的作業をミニマムに押さえられます。

 

 

今回は『まちの教室・すわ』参加直前のために急いで夜1人で行ってワイン一杯だけ飲んで帰りましたが、いつかカフェタイムにも来てみたいと思わせる空間でした。「焼き立てパン」も気になる。

誰かいっしょにこの「木」の前でおしゃべりしませんか?