読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人生はカネが相手ではない。我々の相手は人間である。(プーシキン)

バズってどうする!? バズってどうする!?-心のためになる言葉
【スポンサーリンク】

人生を究めていますね!!プーシキンさん!!

アレクサンドル・プーシキン - Wikipedia

さすが、強運の持ち主として知られ、

数多くの決闘で、自分は一切撃たず、相手に撃たせ、いずれも弾が外れ、当然の如く笑って済ませていた

という逸話がいくつかあるだけのことはある!!

 

というか、wiki読むと、決闘し過ぎでしょうww

おそロシア。。。

 

ていうか、娘のマリアは『アンナ・カレーニナ』のモデルなんだ!!へー!!

 

ボリス・ゴドゥノフ (岩波文庫)

ボリス・ゴドゥノフ (岩波文庫)

 

 

そして、この言葉には続きがあります!

『格言』というものは、我々がどう解釈していいか困っているとき、驚くほど役立つものである。

まさしく、この「バズどう」シリーズですなw

 

この「バズどう」は『心のためになる言葉』という本から古今東西の『格言』を拾ってきているのですが、、、

心のためになる言葉―世界名言集

心のためになる言葉―世界名言集

 

(▲なんと!今、Amazonで買おうと思ったら中古品で約20万円!!!買えるもんなら買ってみろ!!wwこのブログから!!www)

 

 

この本、本当に、その時、その時に、

「どう『解釈』していいかわからなくて困っている『事象』」

についてのヒントを与えてくれます。

 

あと、時々、このブログの『バズってどうする!?』カテゴリを眺めたりしてますww

(この1年でいっぱい書いたな~。)

 

 

で、話は戻って、本題のタイトル、

人生はカネが相手ではない。我々の相手は人間である。

について。

 

最近、僕が思うのは、

自分の自分に対する評価対象を『カネ』にしている人間って多いな~

ってことです。

仕事にしろ、ブログにしろ。

 

もしくは、カネがもらえる『地位』。

 

「つまんねえな、そんな生き方。」

 って、僕はいつもそう思う。

 

五代友厚さんと▼同じ考え方です。

男児、財産をつくるためにこの世に生をうけたのではない。(五代友厚) - A1理論はミニマリスト

 

確かに、僕は貧乏人ですよ。

30代前半まで「親の借金」と「学費の借金」という名の『双子の赤字』の返済のことばかり考えていた。

 

でも、

カネは『ツール』であって、目的ではない

と思っている。

で、目的はやっぱり『人間』なんだと思う。

 

 

自分と親和性の高い人と生きている間に出会いたいし、

親和性が 高くない人ともゲストハウス・バーとかで話して、

「あ、世の中にはこんな人もいるんだ!」

と、いう驚きを得たい。

それは「旅」にも匹敵する「感動」だと思っている。

 

 

僕が東京に出てきたり、

学生寮に入ったり、

学内掲示板・メルマガ・mixi日記&コミュ・はてなブログというソーシャルっぽいメディアに雑文を18年ほど書き散らしてきたり、

アメリカ・ヨーロッパ・アジアを旅し続けてきたり、

仕事を転々としてきたり、

今も日本国内のゲストハウスやゲストハウス・バーに行ってみたりするのも、

目的が『人間』だからなんだろうな。

 

そのためにカネを稼ぐんだし、そのカネを稼ぐ過程でも、いろんな人に出会いたいから、営業の仕事をしている。

 

 

ブログもtwitterも、人に会うために使っている。

その『出会い』にカネを差し挟むなんて、野暮だ。 

 

つまり俺のブログは『出会い系』だ!!

(やばい!このタイミングでこんなこと書いたら某ヒトデのようにお星さまになっちゃう!!!www)

 

 

そう言えば、昔、僕がちょっとした企画(どんな企画か忘れてしまいました)を考えて、それを年上の人(僕のメルマガ読んでた人)に話した時、

「それはA1理論さん(仮)がやらないとダメですねぇ。他の人がそれをやったら『おカネ目当て』になっちゃう。」

と言われました。

 

僕のメルマガをずっと読んでくれてた人だけあって、僕の性格をよく知っていたんじゃないかな、と思います。

「人に媚びず、富貴を望まず。」

 

 

というわけで、

①『人間』を使って『カネ』を儲ける人間

② 『カネ』を使って『人間』に会いに行く人間

の2種類の人間がこの世にはいるような気がします!!

 

で、

本当に『豊か』なのは後者の人間なんじゃないかな?

と、僕は思います!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな、カネに全く相手にされてない人間の記事が、『バズってどうする!?』