A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

仕事を辞める理由は『飽きたから』でぜんぜんOKだ!と僕が思う理由。

【スポンサーリンク】

日本人は、

『石の上にも三年』

とか、

大事なのは、東京タワーのお土産に張り付いている言葉『努力』と『根性』!

とか、そんな根性言葉大好きですよねぇ。

 

 

そして、日本人は、

「頑張ったけど、ダメでした。。。」

という『物語』が大好き過ぎます!w

赤穂浪士、新撰組、日清戦争時のラッパ隊、日露戦争時の203高地、太平洋戦争時の特攻隊、、、

去年の大河ドラマの『真田丸』もそうですよね???

 

▼『メガンテ』が大好き過ぎる民族。

日本人はメガンテ(自己犠牲呪文)大好きだけど死ぬほどコスパ悪いよ!w日本企業なんてまともに相手するなよ!w - A1理論はミニマリスト

 

まぁ、日本を代表する花である桜(SAKURA)のように短く儚く散るのが『武士道』であり、『大和魂』なのかもしれませんが、、、、

 

 

でも、僕ははっきり言います!

「頑張るな!」

とは言いませんが、

「『頑張りたいやつ」が、『頑張るメリットのあるとき』だけ、頑張れ!」

とwww

 

それ以外は仕事を頑張るのは人生コスパ悪いです!

 

 

 

特に僕は、

「日本企業で『頑張る』メリットはなんにもない。」

と考える人間でして、この考え方は学生時代からなんにも変わってませんw

 

だって、結局、日本企業の新卒採用制度なんて、▼関ヶ原時代からなんにも変わってないじゃん。

日本のIT革命は単なる『4度目の関ヶ原』だったんじゃないだろうか?~プログラミングより英語よりまずは『軍師官兵衛』を見せるべき~ - A1理論はミニマリスト

明治になり、口先では『四民平等』を謳いながら、実際は、21世紀になっても、人々は未だ『古い時代』の中に生きているのだ。

アホらしい。

 

 

で、話は変わりますが、とあるアジアのエッセイ本で読んだ話ですが、とあるタイ人がバイクタクシーの仕事を始めた。

 

仕事はそこそこ順調だったんだけれども、ある日、彼は家に帰って来るなり、家族に、

「仕事を辞めた。」 

と言った。

 

筆者がその理由を聞くと、、、 

「飽きた。」

とだけ言ったらしいw

 

日本人の感覚から言うと、

「おまえはなにを言ってるんだ!?『石の上にも三年』って言うだろう!仕事が本当に楽しくなってくるのはこれからだ!甘ったれるな!!」 

ってところでしょう。 

「おまえは何を言っているんだ」の画像検索結果

 

 

けど、僕は、

「これはすごく『豊か』な発想だ!」

って思いました。

 

この時代、飢えることは、カンボジアでさえないのです。

 

ましてや日本で飢える確率は極めて低い、

それどころか日本にいるだけで、毎日『日本食』ですよ!!贅沢過ぎる!!

(僕は『日本食』こそが「世界で一番美味しい料理」だと考えるダメな元バックパッカーですw) 

 

 

つまり、ミニマリストでもあるスティーブ・ジョブズが言うように、この時代は、

「『時間』こそがおカネより大事な人生リソース」 

なのです!

 

例えば、僕にとっての『娯楽』とは、YouTubeでラジオ▼『放送室』を聞いたり、『松紳』を見たりすることです。

【Amazon.co.jp限定】放送室 VOL.376~391(オリジナルコンパクト文具セット付)

【Amazon.co.jp限定】放送室 VOL.376~391(オリジナルコンパクト文具セット付)

 

 

あるいは本屋やブックオフで本を立ち読み読了したり、ニコ動でゲーム実況を見たり。

アウトドア的な趣味としては、公園を散歩したり、ゲストハウスバーに飲みに行ったり、下諏訪の230円の公衆温泉に浸かったり。。。

 

もうね、僕の『娯楽』は、ほとんどおカネがかからないものばかりですw

もちろん、物欲も、結婚願望も、ミニマムというより、ゼロ!

服なんて着れりゃあいいし、好きな食べ物もすべて『B級グルメ』ですww

 

なので、僕は昔から、

「おカネより時間のほうが大事!」

という考え方です。

 

モノを買うより、一日でも長く旅をしていたい人間です。

 

 

なので、自分の人生時間を奪う『仕事』に従事する時間なんてミニマムでいいし、しかも、

「つまらない仕事」とか「飽きた仕事」なんて、やってる意味がない!

と考えてしまう人間です。

そんな仕事するくらいなら、下諏訪の230円の公共温泉に浸かってたほうが、よっぽど人生コスパがいい!!w

 

僕は、

仕事を簡単に辞めたり、また、簡単に再開出来たりする社会こそが『本当に豊かな社会』

だと▼思っている。

働いたり、働かなかったり、が自由になる時代が来るべき。 - A1理論はミニマリスト

 

 

なので、日本社会のような、

新卒から、ずーーーっと長時間労働

っていう社会は、

「なんてイケてない社会なんだ。。。」

って、学生時代からずっと思っている。

(しかも、特にスキルのつかない『マックジョブ』ばっかり!)

 

 

なので、仕事を辞める理由は、

「飽きたから」 

で、ぜーんぜんOK!

 

f:id:A1riron:20170520013205p:plain

 

なぜなら、この「飢えない時代」は、人類に共通して、

時間>>>>>>>>>>>>>>おカネ

だからw 

 

いや、楽しい仕事なら続けたほうがいい。

なぜなら、

「仕事こそが最大のエンターテイメント」 

だと僕は思うから。

 

なので、僕が仕事を辞める理由は、ファミコンのカセットを入れ替える理由と同じで、

「飽きたから」

だけですw

 

 

▼「アリとキリギリス」っていう話がありますねぇ。

ありときりぎりす (よい子とママのアニメ絵本 3 イソップものがたり 3)

ありときりぎりす (よい子とママのアニメ絵本 3 イソップものがたり 3)

 

 

「働き者のアリは、夏に遊んでばかりいたキリギリスが冬になって飢えた時に、助けてあげました」

という話だ。

 

けど、僕から言わせれば、その論理が成立するのは、人類の、

「プロダクトの『生産性』」

が未熟だった20世紀までの話だ。

 

「プロダクトの『生産性』」

がカンストしたこの現代社会、

「大事なことは、アリのように働くことではなく、キリギリスのように遊ぶこと。」

だと僕は思う。

『真面目に生きりゃあ、バカを見る時代』に、人類はとうとう、到達したのだ。

 

 

人類は今まで、モノを作ることで他の種と差別化して進化してきた。

 

いわば、人類全体が、

「モノの『生産性』を上げることができる『A1能力者』」

だと言えなくもない。

 

しかし、その前提である、

「プロダクト(モノ)の『生産性』」

自体がカンストしたのだ。

 

つまり、モノをいくら作ったところで、

作れば作るほど『余る』時代

になったのだ。

(労働者の方は身に覚えありません???) 

 

それを嘆く人や、「キカイに仕事を奪われる!」とか言ってネガティブになる人もいるけど、それは「超ポジティブ人間」「南国気質」の僕から言わせれば、

「いやいや、それはネガティブに考え過ぎでしょうwww」

ということになるw

 

この飢えない時代、

仕事なんて、してもいいし、しなくてもいい。

 

 

アリかキリギリスか、どちらが人生コスパがいいかと言うと、20世紀まではアリだったんだろうけど、21世紀以降はキリギリスのほうが人生コスパは良くなってる、と、僕は思う。

 

なぜなら、何度も言うけど、

「プロダクトの『生産性』」

がカンストしてるからだ。

 

 

つまり、

この時代の『仕事』とは『趣味』である!

と言えなくもない。

 

「仕事」なんて、ファミコンやスーファミ、64の「カセット」でしかないと思う。

飽きたら辞めればいいし、飽きてないなら続ければいい、ただそれだけの話だ。 

 

 

なので、職場や親、友達や同僚に、

「なんで仕事辞めるんだ!?」 

って聞かれたら、自信満々で言いましょう!

「飽きた!!」 

とw

 

 

それが許容される社会こそが、本当に『豊か』で、『多様性』が認められた社会だと僕は考えます!