A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

青年はけして『安全な株』を買ってはならない。(ユーゴー)

【スポンサーリンク】

熱いですね!ユーゴ―さん!

ヴィクトル・ユーゴー - Wikipedia

さすが旅先から出版社に、世界で一番短い手紙

「?」

を書いただけのことはあるw

(ちなみに出版社からの返事は「!」

レ・ミゼラブル (上) (角川文庫)

レ・ミゼラブル (上) (角川文庫)

  • 作者: ヴィクトル・ユゴー,永山篤一
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2012/12/18
  • メディア: ペーパーバック
  • クリック: 3回
  • この商品を含むブログ (6件) を見る
 

 

しかし、この言葉、いい言葉ですねー。

『安全な株』を買うな、と。

 

僕は日本人は大人も子供も『安全な株』を探して生きることにやっきになってる気がする。

 

アジアの旅から帰ってきたら、旅に行く前よりさらに何倍もそう思えてきて、日本人自体に気持ち悪くなった記憶がある。

 

で、『安全な株』を買おうとしている人間の動きは単純なので、すぐに頭のいい人間に読まれて利用される。単純な動きをする生物の動きを読むのはしごく簡単だ。

 

『安全な株』を置いてれば、そこに群がってくるんだから、一網打尽にできる。

その後は延々と足元見られて八甲田山・死の行軍だ(笑)

 

『安全な株』は実は全然、安全ではなくて、実は『不安定な株』をあえて買ったほうが安定していた、というオチだ。

舌切り雀の大きなつづらと同じだ(笑)

グリードアイランドの「ハメ組」の末路といっしょ(笑)

 

昔、何かの本で読んだんだけど、ジェット機を作るときはあえて不安定に設計するらしい。

そのほうが、飛行中はかえって安定するかららしい。

 

僕は人生もそれに似てると思う。

あえて『不安定な株』を買うことで、誰にも足元を見られない。

 

むしろ、逆張りで、『安全な株』を買った一般人の動きを先読みして、それを逆手にとって自分の人生に利用する。

そんな『不安定な株』こそが、実は一番『安全な株』なんじゃないかと思っている。

 

 

僕は『優秀な人間』『優秀でない人間』って実はこの世にはいないと思ってて、人間の脳の構造はほとんど一緒だと思ってる。

 

じゃあなにが違うのかというと『安全な株』を買ったかどうかだけな気がする。

 

『安全な株』を買ってしまったら、そのルートは一見、お花畑なんだけど、その先に地獄が待ってたりする。

 

だから『不安定な株』こそ、青年も、おっさんも買い続けるべき!!

 

 

 

 

え!?

「死んだらどうするんだ!?」

って???

 

 

 

 

大丈夫!!

100年後にはみんな死んでるから!!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

って、こんな不安定な記事が『バズってどうする!?』