A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

ブログが書けるだけで『幸せ』だ!生まれてきてよかった!

【スポンサーリンク】

『幸せ』の基準は人それぞれだと思います。

 

年収1000万あれば『幸せ』。

貯金が5000万あれば『幸せ』。

外車に乗れれば『幸せ』。

妻子がいれば『幸せ』。

全部、その人がそれで『幸せ』ならそれでいいと思います。

 

けど、僕は、

ブログが書けるだけで『幸せ』

ですw

 

 

「おまえの『幸せ』は無料のブログ(笑)かよwww」

と言われそうですが。(一応、はてなブログはPROですが。。。)

 

 

だって、すごくないですか???

言いたいことも言えないこんな世の中で、自分が考えていることを画面に表示できて、しかもそれがいろんな人、自分が知らない人に伝わるんですよ!

ブログがなかったら、僕はずっと電車の中でブツブツひとり言を言ってる危ないおっさんになってたと思いますwww

 

しかも、時代はモバイル!

街中やカフェでスマホをいじってる人が、もしかしたら僕のブログを読んでるかもしれないんですよ???

ワクワクしてくるじゃないですか!!!

 

先日、ゲストハウスに泊まった時、同じ日に宿泊していた女の子の仕事先のオーナーが僕のブログ読んでて、しかも僕がブログで紹介していた本を買ってたんですよ!

めっちゃ嬉しくないですか???

 

 

これ、20世紀だったらありえなかったことだと思うんですよね。

紙媒体に自分の文章を載せるだけで一苦労だっただろうし、載ってもかなり編集されていたり、一番言いたいところはカットされていたり、スポンサーの意向に沿ってないところはごっそりと消えてたり。

載ったところで、それを本当に必要としている人に読んでもらえるかどうかは運次第だったと思います。雑誌や新聞はすぐに捨てられるし。

 

それが、ブログでは自分で書いた文章が一字一句編集されないで世に出て、しかも必要としてくれる人が読んでくれたり、友達に拡散してくれたりするんですよ???

ありえなくないですか???

 

 

幸せはあなたの心が決める

幸せはあなたの心が決める

 

 

 

僕は学生時代に大学で初めて『インターネット』なるものを知って、もうほとんど、学内掲示板に自分の文章を書き込むために学校に行っていて、授業に出ずにずっとメディアネットワークセンターの中にこもりっきりだったりしてたんだけど、学内掲示板は1年経つとその掲示板のログがすべて消去されていた。

 

 

で、大学3年の終わりにやっと僕が住んでいた学生寮でもネットができるようになり、ホームページを作る技術がなかった僕でも『メーリングリスト』なるものは作れた!

もう、めっちゃ嬉しかったですよ!ログが消えないってところが!w

「これ、俺のメディアじゃん!!」 

って、思ったw

もう、『メーリングリスト』がある時点で僕の人生は『幸せ』だと思ったw 

 

 

けど、『メーリングリスト』の時代も3年くらいで終わって、mixiの時代になった。

もちろんこれも僕はドハマりして、初期mixiではちょっと有名なくらいになったw

この頃はもうね、mixiをするために生きてたというか、mixiのオフ会をするために東京で頑張って働いていた、という感じの生活でしたw

 

しかも大規模オフ会するために貯金を全部使ってしまって、その後また一文無しになったりwww

もう、本当、ムチャしてたなぁって今でもよく思うw

ただ、mixiの中の文章はネットの外に出ないので、mixiやってる人しか読めない。

しかも最後のほうはどんどん過疎化していった。

 

そのころからうちの実家の経営もヤバくなっていって、僕が東京でカネを稼いでは実家に送り、稼いでは実家に送り、の日々が続いた。

 

 

ようやく落ち着いてきたのは割と最近で、2012年頃だ。

で、そこからまた「なにか」したくなってきた。

 

時代はスマホ&ソーシャルメディア全盛期で「第二次ブログブーム」とか言われていた。

なにやら『はてなブログ』なるサービスも始まると聞いた。mixi出身の僕は「これじゃないかな?」とほぼ直感的に思った。

 

2013年の初代ブログは頓挫したけど、今年から本格的に始めたこのブログはおかげさまで読者の方もどんどん増えて行って、僕に会いに来てくれる方もいるくらいになってきた。

 

 

しかもメルマガ・mixi時代はどちらかというとお金を出して書いていたのに、ブログはお金が入ってくるんですよ???

ありえなくないですか???

 

 

 

なので、僕は今後も「ブログを書くために」働くだろうし、「ブログを書くために」生きていきたいと思っています。

 

 

なぜなら、ブログを書くこと以上の『幸せ』が見当たらないからです。