読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

池袋の泊まれる本屋『BOOK AND BED TOKYO』はデイタイム利用でもコスパ最強!本好きミニマリストには激オススメなゲストハウス!

ミニマリズム ミニマリズム-生活 旅-東京ぶらり旅
【スポンサーリンク】

2015年11月5日に出来たばかりの池袋の泊まれる本屋さん『BOOK AND BED TOKYO』に、山形から来たブログ仲間のKEIKOさんが宿泊するとのことで、静岡から来たミキコさんといっしょに本日、行ってきました!

BOOK AND BED TOKYO

 

場所は池袋駅西口のビックカメラの近くのビルの7階です!

 

本好きでゲストハウス好きのミニマリストである僕は、この謎の「泊まれる本屋さん」が出来た当初から、超気になっていました!w

ここは本屋なのか?ゲストハウスなのか???

その疑問を解消するいい機会だと思いました!! 

 

が、宿泊の予約はかなり先まで埋まっているので行ってすぐには宿泊できません。

(と言っても時々、空いている時があるので要チェックです!)

BOOK AND BED TOKYO | プラン一覧画面

 

ただ、この宿にはデイタイム利用というものがあります。

【利用価格】
¥1,500-(税抜)/13:00~17:00 

※個室、シャワーはご利用いただけません。

 

【お支払い】
クレジットカード(Visa・MasterCard・SAISONの3種類のみ)
交通系ICカード(SUICA/PASMO/etc)
※現金での支払いは出来ません。

 

デイタイム利用は予約はできず、この▼公式twitterアカウントで残席を確認します。

Day-time利用状況 | BNB (@BOOKANDBEDTOKYO) | Twitter

このtwitterアカウントで残席が0なら利用できません。

デイタイム利用に興味がある方はこのアカウントをフォローするか、twitterリストに入れておくといいでしょう。 

 

で、本日はミキコさんがビックカメラでSIMフリーiPhoneを買ってMNPしたりしていて、到着したのは15:00くらいになりました。

 

以下、タイムラインでお届けしますw

 

 

入り口は厳重にロックされており、免許書等の身分証がないと入ることができません。

この参入障壁が、逆に安心感を生みます!

 f:id:A1riron:20151203231305j:image

呼び鈴を押すと受付のスタッフが木の窓を開けて受付してくれます。そこで身分証を提示し、コピーしてもらってから、入室し、カード決済です。

f:id:A1riron:20151203231322j:image

受付のブック型スタンドがいい感じです!!

f:id:A1riron:20151203231348j:image

 

『BOOK AND BED TOKYO』内はものすごく静かで、新しい木の香りやコーヒーのにおいがしていて心地よかったです!

落ち着いた「上質な空間」という感じです! 

f:id:A1riron:20151203232339p:image

宿泊利用の場合は▲この写真の本棚の裏の個室で眠る「BOOKSHELF」と、本棚以外の「BUNK」があります。

それぞれに、

「STANDARD」120cm x 200cm 

「COMPACT」80×200cm

の2種類があります。

 

ちなみにコーヒーは豆からで150円でとても美味しかったのですが、これも現金払いではなくクレジットカード決済かsuica等の交通系ICカード決済のみになります。

コーヒーはまず店員さんに頼んで、カード決済後、淹れてもらえます。

そして飲んだ後のカップは自分で洗う、というシステムです。ゲストハウスっぽい!!

f:id:A1riron:20151203231428j:image

また、トースターもあるので、パンなどを持ち込んでトーストすることもできます。

もう本当、ここらへんは超ゲストハウスっぽいw

僕のオススメは西池袋にあるトルコパン屋さん▼『デギルメンベーカリー』で買ってきたパンをこのトースターで焼いて食べればいいんじゃないかな、と思いました!

西池袋のトルコパン屋さん『デギルメンベーカリー』がカフェとしても利用できるようにリニューアルされてました! - A1理論はミニマリスト

 

また、この日はちょうどオーナーの方もいらっしゃって、オーナー自ら親切に店の概要を説明して下さいました。

僕らが来たときはちょうど、取材かなにかでスーツを着た人たちが何人がいて、少しざわざわしていたのですが、その人たちが帰ったあと、オーナーさん自ら、

「先ほどは騒がしくてすみませんでした。」

と、お店のステッカーを配ってくださいました!

超親切!!

f:id:A1riron:20151203230030j:image 

結果から先に言うと、デイタイム利用で、かつ2時間だけの利用でしたが、

1500円の元は十分にとりました!!

 

ただ、できれば13:00から17:00までのまるまる4時間利用のほうがコスパいいです。

理由は最初の30分から1時間くらいはどんな本があるのか目移りしすぎてしまって読むことに手が回らないからですw

 

置いている本の種類としては予想通り、

・旅本(国内・海外)

・ライフスタイル本

・グルメ本

等が多かったです!

よく国内外のゲストハウスに置いてそうな本です!

 

ミニマリストかつ旅好きの3人は小声でめっちゃ盛り上がりました!!

僕の予想ですが、

・ミニマリスト

・旅好き

・ゲストハウス好き

な人たち3人くらいで行くとめちゃくちゃ盛り上がると思いますw

もう、「猫にまたたび」という感じですw

バックパッカーに「また旅」!!w

 f:id:A1riron:20151203230116j:image

 

そしてミニマリストな人たちは3人以下でデイタイムにプチオフ会してもいいと思いました。

ただ、その際は他のお客さんもいるので、入り口至近の席でひそひそ声で本の話をしましょう。窓際のほうはデイタイム利用でも爆睡しているお客さんがいるからです。

 

確かに、入場には人数制限あり・カード決済のみ・1500円、という参入障壁があるので、爆睡しても問題はないように思えました。

眠る場合は窓際のソファー席がいいと思います。入り口に近いと人の出入りが多く、騒がしいので。

 

ゲストハウスとしてもほぼ完璧で、蔵前のNui.並みのアメニティです!!

f:id:A1riron:20151203231517j:image

f:id:A1riron:20151203231603j:image

f:id:A1riron:20151203231542j:image

 

ひとつ注意なのは、やはり決済ですね。

ミキコさんはクレジットカード断捨離していたので、JCBのカードしかなく、しかも静岡在住なのでsuicaも持っていなかったので、決済自体ができず、僕のカードで建て替えましたw

地方在住の方でsuica等の交通系ICカードをお持ちでない方は要注意です!

今回の件で、海外に行く予定がなくても、カードはVISAかMasterにしておいたほうがいいな、と思いました。(ちなみに僕はVISAを断捨離してMasterのみ)

 

 

この『BOOK AND BED TOKYO』はミニマリストの方々からも、ゲストハウス好きの方々からも両方から注目されている空間で、さらに本好きの僕的にはミラクルヒットでした!

こんな空間がこの地球上にあることに感謝です!!