A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

東京の中央線沿い!古民家リノベーション物件巡りの旅!阿佐ヶ谷・西荻窪・三鷹・武蔵境ダイジェスト版!

【スポンサーリンク】

2017年2月5日!

東京の中央線沿いにある古民家リノベーション物件を巡る日帰り小旅行に出ました!

 

きっかけは、リビセンの「お助け隊」で出会った、岐阜の飛騨高山の民藝品屋さん▼『やわい屋』さんです!!

やわい屋

 

岐阜の飛騨高山に県内移住し、小屋を改装して民藝のお店を開いたステキな夫妻です!

サイトを見ると、器がメインの民芸品たちはそれはそれはセンスがあり、

「ああ、いつか飛騨高山行きたいなぁ。。。」

と思ってたんですが、東京からは微妙に遠く、しかも冬は雪深いとのことで、年末に行こうか迷いましたが、暖かそうな和歌山に行ってしまいましたw

 

が!

その『やわい屋』さんが東京で初の▼イベントをするというじゃないですか!!

2月の予定 『やわい屋 と いとなみ』+『あゆみ食堂』 : CONTEXT-ing

 

で、それを、年末の和歌山旅でお会いした、ご近所に住むモコさんに話したら、

「共催の▼『あゆみ食堂』が美味しそう過ぎる!!!」

https://www.instagram.com/ayumishokudo/

 

とのことで、イベント会場の東京・阿佐ヶ谷に行くことになりました!!

イベント会場の『CONTEXT-ing』は古民家再生ギャラリー!!

 

で、せっかく休日に阿佐ヶ谷まで行くので、

それなら少し足を延ばして、昨年末に武蔵境に出来たばかりの東野さんデザインの▼『えいよう』で飲もう!!

という話になりました。

https://www.facebook.com/eiyou11/

 

で、そうなると、お昼から夜にかけて時間があるので、▼この記事を読んでからずっと行きたかった、西荻窪の二つの古民家カフェに行くことにしました!

西荻窪にある二大古民家カフェに行ってきた - 空き家グッド

古民家カフェって、女子がいると入りやすいんだよねぇ。

『女子に無理に連れてこられた男子』

って設定を作りやすいw

 

あと、時間があれば、▼『BETTARA STAND』のオープニングパーティーで知った、、、

『ミニマリスト・バー』こと、YADOKARIさんの日本橋『BETTARA STAND』オープニングパーティーに参加してきました!! - A1理論はミニマリスト

三鷹にあるこの▼無人古本屋さんにも行きたかった!

無人古本屋 BOOK ROAD | みんなの「ののわ」 | ののわ

二階はアパートになっていて、ここも古民家リノベーションのいい例だとも思いました!

 

で、

結果的に、行きたかったところは全部回れて満足!

しかも、この順番が、一番、タイムロスや路線引き返しがなく、スムーズな回り方でした!!

中央線の古民家リノベーション物件巡りの旅をしようと思っている方は参考にしていただければと思います!!

 

それでは近くて近い、東京・中央線の旅のスタート!!

 

あ、この旅の前日に、先日、取材した下諏訪移住者交流拠点の▼名前が決定していました!w(2月7日オープン!!) 

東野唯史さんの商店街再生!御田町『下諏訪移住交流拠点リノベーション体験ツアー』密着取材3日目! - A1理論はミニマリスト

 

というわけで、当日の朝、、、

高田馬場のマクドナルドでモコさんとの待ち合わせ時間の11:15まで時間を潰す僕。

 

その後、▼BIGBOXの1階をウロウロ。

 

モコさんが指定した高田馬場駅内のNewdaysは改装中で、占いババ前で待つ!w

 

というわけで、無事にモコさんと合流し、阿佐ヶ谷へ!!

占いババからドラゴンボール超まで、えらい時代が飛んだなw

第7宇宙がなんちゃらかんちゃらw

 

まぁ、そんなことはどうでも良くて、

いやー、懐かしい、実は学生時代、ここで働いていたんですよ!!

 

というわけで、商店街を歩いてすぐに、

 

入るとすぐに『やわい屋』さん夫婦が気づいてくれて、

「おおっ!!A1さんっ!!」

という感じで、僕はモコさんを紹介し、ワイワイと世間話!

 

そして、ミニマムな店内には▼ステキな民藝品の数々がっ!!

いやはや、職人さんが丹精込めて作った民藝品の数々は本当にすばらしいですねぇ!

 

岐阜の本家『やわい屋』さんについては『やわい屋』さんの▼ブログと、

やわい屋。日々やわい。

この▼縁側ちゃんの記事が分かりやすいです!!

古民家に住むために、築150年の古民家を移築した夫婦に会ってきた | 縁側なび

 

というわけで、、、

この時に、初めて本日のランチが「うどん」だと知った僕!w

 

窓際のステキ過ぎる席に座ると、うどんが運ばれてきました!!

野菜も飛騨高山で取れたものらしいです!!

東京にいるのに、食べるモノも、囲まれているモノもすべて飛騨高山!!

贅沢な空間です!!

 

ラー油も飛騨高山!これがまた美味しかった!!

もうね、このうどん、総合的にめっちゃ美味しかったですわ!!

 

▲『やわい屋』さんが特集されている雑誌を読むモコさん!

 

と、堪能したところで、店内、非常に混みあってきたのでお店を出ました!!

人が来る度、

「おお~!!●●さん!!」

みたいな感じで出迎える『やわい屋』さん夫妻。

本当、東京にも数多くのファンを抱えていることが実感できました!!

 

▼『やわい屋といとなみ』の記事。

岐阜・飛騨高山の可愛い民藝品屋さん『やわい屋』さんの東京イベント『やわい屋といとなみ』に行ってきました! - A1理論はミニマリスト

 

 

というわけで、、、

インクジェット・プリンターwwww

お次は西荻窪!!

 

そうそう、本日の同行者のモコさんですが、東京に10年くらいいるはずなのに、驚異的に東京の地理を知りません!w

「西武新宿線ってどこを走ってるの?」

っていう発言には耳を疑いました!!

あんた、何年、高田馬場に住んでるんだよ!!w

 

中央線の駅もほとんど知らなかったのですが、西荻だけは、

「ああ!!ここ、かき氷食べに来たことある!!象が釣ってある商店街!!」

と言って知ってました!(最初は阿佐ヶ谷の商店街でそれを言ってたけどw)

 

というわけで、、、

もう、この▼『松庵文庫』さんは「ザ・古民家」というべき古民家!!

松庵文庫

 

というか、

「おばあちゃんの家に遊びに来た」

ような感じ!!w

でも、中はすごいオシャレだし、本もいっぱい!!

 

本の種類は、旅・コーヒー・料理・ライフスタイル等!

ちょっとしたブックカフェとして使ってもいいと思いました!!

 

 

ミニマリストでもある「ムーミン」の著者『トーベ・ヤンソン』の本が2冊ほどあったことからムーミントークへ!w

この春、埼玉にオープンするムーミンランド『メッッア』!!

遊びに行きたい!w

 

その後、iPhoneの充電がかなりなくなってきたので、ダメ元で店員さんに充電できるか聞いてみたら、快く充電させてもらえました!

しかも、コンセントから少し遠い席だったので、延長コードまで貸してくれました!!

普通の東京のお店だったら、回転率や客単価重視なはず。それが、充電までさせてくれるなんて!!

まったりした時間が流れている古民家カフェで、親切な女性のスタッフさんが多く、僕がよく行く下諏訪の『マスヤゲストハウス』みたいだと思いました。

 

モコさんが、

「これはもう1杯、注文しないと!」

というわけで、

コーヒーも注文!

清澄白河の『ARISE COFFEE』さんのコーヒーで確かこのお店では▼『ツツジブレンド』という名前で出していました。

ARISE COFFEE ROASTERS

 

そのコーヒーの名前にもあるように、このお店は庭に大きな樹齢100年の老ツツジが植わっており、このお店の方々が、このツツジを大事に大事にしているのが分かります。

古民家と老ツツジ。

モノや植物を大事にする、心優しい人達がこのカフェを運営しているんだろうなぁ、と思いました。

 

と、ふと、イベントの告知を見ると、、、

これも『リビセンお助け隊』で出会った▼宮園スプーンさんがこのお店でワークショップをするらしい!!

http://miyazonospoon.jp/new/top.html

スプーン作家・宮薗なつみさん(前編)~スプーンが、いろんな場所へ連れていってくれる | 暮らしとおしゃれの編集室

 

宮園さんはすごく優しい女性だったので、

やっぱりそういう人どうしは惹かれ合うんだろうなぁ

と思いました。

 

そうこうしていると、、、

かれこれ2時間以上、ここにいたような。。。

本当、日常を忘れてのんびりするには最適な空間です!!

モコさんも大満足!!

 

最後に、二階に上がらせてもらいました!!

ここ!!すごいステキでした!!

ちょっとしたワークショップや勉強会とかに最適なレンタルスペースですよ!!

 

 

▼『松庵文庫』さんの記事。

癒やされたい人は東京・西荻窪の古民家カフェ『松庵文庫』で、老ツツジを見守る優しい人達と本と雑貨に包まれよう! - A1理論はミニマリスト

 

というわけで、、、

アロマハンドクリームを塗ったくらいに充電完了し、、、

 

今度は西荻窪駅前の『Re:gendo』さんへ!

古民家のいごごち良いおもてなし Re:gendo(りげんどう)

 

入り口からしてステキ!!

 

入ってすぐに、民藝品や山陰の美味しいモノをいろいろ売ってるスペースがあり、それに見入る我々w

f:id:A1riron:20170207014246j:image

f:id:A1riron:20170207014303j:image

 

しばらく、そんな展示を堪能した後、席に着くw

 

この時、17:00くらいでしたが、モコさんがメニューにお酒があることを察知し、

「もう飲みたい!」

と言い始めましたw

 

というわけで、、、

おつまみが美味し過ぎた。。。

モコさんがめちゃくちゃ感動!!

 

そして、、、

いやはや、ここもステキ過ぎる古民家カフェでした!

「お好きなお酒+本日のおつまみ三種」は15:00からなので、、、

15:00くらいまで『松庵文庫』さんでまったりし、その後、『Re:gendo』さんに移動して、「お好きなお酒+本日のおつまみ三種」でカンパイ!というのが西荻の古民家カフェの楽しみ方なんじゃないかな?と思いました!

 

そして、、、

だりさんや東野夫婦が出演したNHK『サキどり↑』にこのお店が出るらしいです!!

なんと!!▼来週!!w

サキどり - NHK

(追記:上記番組見ました!別途、記事にしたいと思います!)

 

 

▼『Re:gendo』さんの記事

西荻窪『Re:gendo』は里山暮らしが味わえる古民家リノベーションカフェでした!2月12日(日)の『サキどり↑』でも特集されます! - A1理論はミニマリスト

 

 

そして、ひとしきり古民家を堪能した後、、、

 

この日のこの時、僕らが通過した吉祥寺では▼『田舎シェアハウス大会議』というイベントが開催されていたようです!

「移住してブログPVが5倍に!」「1つの仕事で全部の稼ぎを作らなくてもいい」貴重な学びを #田舎シェアハウス で得られたよ | らふらく^^ ~ブログで飯を食う~

まぁ、これもある意味、古民家リノベーションだよねぇ。

 

というわけで、三鷹駅北口から少し歩いて、、、

無人古本屋さん『ののわ』さんは、ミニマムな空間で、本もそんなに多くはないのですが、なんというか、ものすごく『豊か』な空間だと思いました。

結局、なにも買わなかったのですが、ブックオフとかで108円とかで乱雑に置かれている古本よりも、なんだか、崇高な本のように思えました。

 

きっとここで買った本は、ずっと、

「この本、『無人古本屋』さんで買ったんだ!」

と、買った人の心に買った時の光景が残り続けることでしょう。

 

▼『BOOK ROAD』さんの記事。

東京・三鷹の無人古本屋さん『BOOK ROAD』は人類の壮大な社会実験の場所だと思いました! - A1理論はミニマリスト

 

 

 

というわけで、三鷹をあとにして、

 

僕の思い出が溢れる武蔵境駅にやってきました!!

『えいよう』さんに予約していた19:00まで、しばらく駅前をぶらぶら。

駅はめちゃくちゃ綺麗になってるけど、駅前の『スキップ商店街』は、僕が田無の寮から仕事先に行くために自転車を泊めていた17年ほど前と変わってない店が多く、

「ああ、この散髪屋で髪を切ってたなぁ。。。」

と、ちょっとホロッときました。

 

時間になったので、、、

もうね、

『アズノ・プレゼンツ全開!!』

って感じ!!

最近できたこともあり、全体的にリビセンっぽい雰囲気がしました!!

 

めっちゃ美味しかったw

 

『えいよう』さんはウェブ上でもほとんど情報がないので、初めてメニューを知りましたw

食べ物は魚が多い感じ。

 

最近、やっと日本酒を飲めるようになった僕が、故郷のお酒を頼みましたw

 

今思えば、故郷のお酒を飲もうと思ったのは、17年前当時、姫路から出てきてまだ2年ぐらいの僕が、この『武蔵境』で手探りで生きていた頃を、この時、思い出したからなのかもしれない。

客観的に見ても、

エネルギーだけは有り余ってた姫路のにーちゃん

って感じだったもんなぁ。

 

というわけで、、、

いやはや、食べるモノ、飲むお酒、すべてが美味しかったです!

さすが、東野さんの『作品』!

いつも通り、クオリティ高くて嬉しいです!!

 

 

そして、日本酒がまわってきたからか、学生時代の懐かしの地を巡った旅だったからか、モコさんが偶然、同じ大学出身だったからか、モコさんが僕の過去をいろいろ聞いてくるからか、

「実は、地元の大学を辞めて20歳で東京に出てきたのは『夢』があって、、、」

と、普段はめったに言わないし、ブログにも書かないようなことを話し始めたら、モコさんもふんふんと聞いてくれた。

 

東京に出てきて寮費月三千円の田無の学生寮に入ったこと、

学生時代に授業にも出ずに働きまくっていたこと、

その結果、働きたい場所が逆になくなったこと、

当時のW大がネット環境が良くて、学生時代は学内掲示板にハマったこと、

アジアを横断した理由と時代背景とメールマガジン、

帰国後の借金返済生活とmixi日記とmixiイベント、

はてなブログを始めて、ミニマリストやゲストハウス関係者に出会えた話、

今の仕事と、これから、

等を、かなりはしょりながら、時系列に語っていった。

 

かなり僕も酔ってたけど、モコさんが、話を全部聞いてくれて、

「今でも、20歳で東京に出てきた時からの『夢』を貫いてるじゃない!」 

というようなことを言ってくれて、泣きそうになった。

 

というか、泣いた。

夢を追いかけていた当時の、思い出の武蔵境の地で。

 

 

古民家を巡る中央線の旅の最後の最後に、ビンボー学生ながらも、『夢』に向かって懸命に生きていた昔の自分に出会えました。

 

 

▼『えいよう』さんの記事。

武蔵境の『えいよう』はリビセン風の空間で美味しい料理とお酒が味わえる隠れ家的『リノベーション居酒屋』でした! - A1理論はミニマリスト

 

というわけで、武蔵境からいっきに新宿→高田馬場に帰ってきて、朝と同じ、占いババのスタンプの前でモコさんと別れました。

 

 

モコさんは実は、昨年、仕事を辞めて、この日の翌日から新しい職場に初出社だった。 

僕も僕で、仕事は同じものの、この2月から『新天地』で働いている。 

 

『えいよう』で、僕も語ったけど、僕もモコさんの人生の話を聞いた。

 

生きていると、人間関係は次々に移り変わるし、時代も流れるけど、

昔からずっと自分自身の『やりたいこと』に向けて、ビンボー生活ながら邁進しているモコさんと旅が出来て良かった

と思いました。

 

古民家も、人間も、時代は変われど、生き続けれる限り、生き続けるしかないのだろう。