A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

残りの人生時間における『DQN占有率』を下げ続けるために生きる。

【スポンサーリンク】

『理想の人生』って人それぞれ違うと思います。

 

大金を稼ぎ続ける人生。

外車を乗り回す人生。

貧しいながらも家族に囲まれて生きる人生。

 

みんな違って、みんないい、と、僕は思います。

 

 

けど、僕自身は上記のような人生に全く興味がありません。

 

 

僕が興味があるのは、

人生のうちの『健康時間』というどんな宝石よりも貴重なリソースのうちの『DQN占有率』が低い人生

です。

 

 

それこそが最高に上質で、最高に尊い人生だと考えています。

※個人の意見です

 

どれだけお金があっても『DQN占有率』の高い人生は僕にとっては意味ないんです。

また、家族がDQNなら、家族なんて全くいらないんです。

※個人の感想です

 

 

 

僕が生まれ育った街は典型的な地方都市で、正直、DQN占有率が高かったです。

 

毎晩、暴走族が街を走り回り、中学校の校庭にも入ってくる。

昼に来れば、車やバイクで校庭を走り回り、夜に来ればすべての窓ガラスを割って帰る。

で、そんな中学に送り込まれる教師も似たり寄ったりで、結局、学校自体がヤクザの抗争の場所になる。 

 

地元の祭りなんて、市内の暴走族の日頃の熟練度の見せ所で、駅前にはジェラルミンの盾を持った警官がずらーーーーっと、並ぶ。

これぞ本当の『人間の盾』ですよww

で、毎回、関ヶ原の合戦状態www

 

僕はまぁ、それが普通かと思ってましたが、東京に出てきて普通じゃないことがわかりましたw

 

いや、薄々、普通じゃないことがわかっていたから、本能的に東京まで逃げてきたのかもしれない。

「ここにいたら、一生『DQN』の世話や。」 

と思ったのかもしれない。

 

 

 

 

で、じゃあ、東京には『DQN』が少ないのかというと、ところがどっこい。

 東京には地方都市にはいない『ボンボン系DQN』がめっちゃいるw

 

『ボンボン系DQN』は人生を上手く泳ぎ切るノウハウをめちゃくちゃ持ってるから、庶民には全くかなわない。

もうね、人生のフローチャートが出来上がってるんです。

 

僕はこいつらとも全く関わりたくありませんw

 

というか、別にこいつらと関わるために東京に来たわけじゃないんだよw

田舎の『DQN社会』からログアウトするために東京に来たんだよw

 

 

 

下流社会にも、上流社会にも興味ないんです。

 

本当、年々、吉良吉影の生き方が一番、正しい生き方に思えてきますw

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 30.吉良吉影 <原型・彩色監修/荒木飛呂彦>

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 30.吉良吉影 <原型・彩色監修/荒木飛呂彦>

 

 

 

 

 

 

▼『大東京ビンボー生活マニュアル』というバブル期に描かれた漫画があります。

大東京ビンボー生活マニュアル(1) (モーニングコミックス)

大東京ビンボー生活マニュアル(1) (モーニングコミックス)

 

 

この主人公のコースケは、おそらくそこそこの大学を出てるんだろうけど、就職せず、杉並区の風呂なしボロアパートで超ミニマリスト生活をしているフリーターです。

 

出身は東北らしく、ビンボー生活の中にも、時々頭の良さを発揮する。

 

バブルに毒された日本人なら、ほとんどの人がこう言うだろう、

「なんでそんなに優秀なのにフリーターなんだ!?」

と。

 

でも、僕的にはこのコースケは最高級に上質な人生を生きていると思う。

 

だって、ほとんど『DQN』がいないんだよ、周りに。

 

貧しいけど『DQN占有率』劇低の人生を歩み続けている。

こんなすばらしい、贅沢な時間を過ごせるなんて羨ましすぎる。

 

『優秀』だからこそ、『地方都市のDQN社会』からログアウトでき、さらに東京の『ボンボン系DQN社会』で消耗もしない。

 

本当に『優秀な人間』にのみできる、コスパのいい生き方なんじゃないかな、と思います。

 

漫画の中だけではなく、▼現実でそんな生活を行ってる人達はここら辺ですね。

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

ニートの歩き方 ――お金がなくても楽しく暮らすためのインターネット活用法

 
20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 
ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)

ワセダ三畳青春記 (集英社文庫)

 

 

下手に仕事するより頭を使い、

下手なアトラクションよりスリリングで、

下手なホームドラマよりも暖かい人たちと触れ合え続ける人生。

 

 

そんな上質な時間を重ねることに比べたら、お金がどれだけあるとか、どれだけ高級な外車に乗ってるとか、そんなむしろDQN占有率が上がるような人生は低俗な人生に思えてきます。

僕的にはそんな人生は、地方の国道沿いに並んだパチンコ屋の建物とそう大差ありません。

※個人の意見です