読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

京都・西陣『藤森寮』は元学生寮をリノベーションした超オシャレなSOHO支援町家でした!

旅-国内
【スポンサーリンク】

「学生寮をリノベーション!」

2015年12月28日、▼京都・西陣でサンドニさんとこの言葉を聞いた時、僕はめちゃくちゃ嬉しくなりました!

大阪で消耗したら新快速で京都・西陣に泊まりに行こう!温泉もあってめっちゃ癒されるよ! - A1理論はミニマリスト

 

日本国内のゲストハウスに興味を持ってから、いろんなリノベーションゲストハウスを見てきました!

空きビルのリノベーションゲストハウス(グリーンゲストハウス・Nui.等)

古民家や老舗旅館のリノベーションゲストハウス(toco.・マスヤゲストハウス等)

商店街のリノベーションゲストハウス(あなごのねどこ等)

喫茶店のリノベーションゲストハウス(西アサヒ等)

味噌蔵(!)のリノベーションゲストハウス(カンデラゲストハウスonly!)

 

でも、この『藤森寮』はその逆で、

元・立命館大学の学生寮をSOHO支援施設にリノベーションした建物でした!!

すごい!! 

 

 

そして、もう一つ、僕が嬉しかった理由は、僕自身が4年間、大学の学生寮で過ごした、いわゆる『寮生』だったからです。

 

僕が僕の大学の学生寮にいたのは1998年~2002年までの4年間。

僕が入寮した時点で寮生は定員ギリギリで、僕が4年の時は2次募集しても定員は埋まりませんでした。(しかも、卒業してから後輩と話したらその学年の寮生何人かは途中退寮したらしい)

で、結局、設備的な問題も重なり、2007年に寮はとり壊され、今は全く新しい、近代的な留学生中心の寮になっています。

 

▼この『藤森寮』は、2003年3月で最後の学生が巣立って行った後、空き家になっていたらしいのですが、、、

SOHO支援町家「藤森寮」 « 町家倶楽部ネットワーク

そんな中、いろんな業者が来ては、周囲の借家も壊してマンションを建てませんかと、話を持ちかけてきたそうだ。

しかし、大家は基本的に町家や現在の風情が 好きだった。

それが幸いして残ったおかげで、こうしてSOHO支援町家として生まれ変わることができたのである。

 

ここ藤森寮には、合計8テナントと町家倶楽部ネットワークの事務所が入っている。

うまい具合に、同じような学生アパートが2軒あって、裏庭を隔ててL字型 にくっついていたものだから、裏庭の境界塀を取り払うと、裏庭は両棟を結ぶ中庭になり、L字型の北棟と南棟に分かれた大きなSOHO支援町家が出現したの だった。

 

そこに入りたい人たちが殺到!

同じような町家がたくさんあれば、全員に入居してもらいたかったのだが、断腸の思いで、選択を迫られた大家は、「困った困った、どうしよう」とうれしい悩みを抱えることとなった。

そうして、選ばれた8テナントは、ウェブ関係事務所2軒、輸入雑貨店、和装のお店、シュガークラフトのお店、パズル専門店、一閑張りのお店、アートギャラリーなどだ。

 

で、学生寮時代の『藤ノ森寮』から、名前も新たに『藤森寮』(ふじのもり・りょう)としてSOHO支援町屋として再出発したらしいです!

 

 

でも、そんなことは、あとから知ったことで、、、

 

最初は僕もサンドニさんもこの寮の存在自体を知らずに、隣の▼『さらさ西陣』という銭湯カフェに行こうとしていたんです。

f:id:A1riron:20160211005229j:image 

するとサンドニさんがその手前で▼ストップ!w

f:id:A1riron:20160211005251j:image

 

入り口にあった▼この『ネコ豆皿』に反応したようです!w

f:id:A1riron:20160211005312j:image

 

入り口にあった▼飾りもかなり個性的!w

f:id:A1riron:20160211005339j:image

 

▼『藤森寮』!?

そこで今度は僕が『寮』という文字に反応してしまいましたw

f:id:A1riron:20160211010344j:image

 

入り口からちょっと中を覗くと▼見取り図が!!

建物自体は蕎麦屋さんを囲むようにL字型になっています!

f:id:A1riron:20160211005400j:image

 

▼これらの店舗や工房が入ってるようです!超ワクワク!!

f:id:A1riron:20160211010305j:image

 

 

2015年12月28日現在では、入っている店舗や工房はどうやら▼こんな感じらしいです。

(北1F)

「nazuna」さん(ガラス工房)

「CASAne」さん(陶芸や雑貨のセレクトショップ)

(北2F)

「セレネッラの咲くころに」さん(フェルト工房)

「タラノメ」さん(漆工房)

「Fukusome」さん(?)

(南1F)

「すぴかた」さん(ハーブティ専門店)

(南2F)

「夢一人」さん(一閑張り)

 

その中のひとつ▼「CASAne」さん「こんにちは!」って入っていきました。

こういう小さなお店や工房にずんずん入っていけるようになったのは下諏訪のおかげですなww

f:id:A1riron:20160211010223j:image

▼「CASAne」さんから見た北棟と南棟の間の中庭の様子。

京都らしく、風情があります。こんな学生寮だったら住みたい!w

f:id:A1riron:20160211005518j:image

 

そして、「CASAne」さんの▼陶芸作品が素晴らしかった!

f:id:A1riron:20160211005551j:image

f:id:A1riron:20160211005615j:image

f:id:A1riron:20160211005641j:image

 

f:id:A1riron:20160211005712j:image

f:id:A1riron:20160211005736j:image

f:id:A1riron:20160211005823j:image

f:id:A1riron:20160211005841j:image

f:id:A1riron:20160211005904j:image

 

f:id:A1riron:20160211005938j:image

f:id:A1riron:20160211010000j:image

 

f:id:A1riron:20160211010027j:image

f:id:A1riron:20160211010051j:image

 

なんだか、ここが元学生寮ということもあってか、ものすごく不思議な感じがしました。

 

これらは「CASAne」の店主さんのお友達の方が焼いた陶芸で、他にもお知り合いの方の作った雑貨も置いてありました。

 

「CASAne」の店主さん自身は、チラシや案内はがき、ガムのパッケージ等、一度、役目を終えて「捨てられてしまう紙」からメモ帳や付箋、コースター等をこの場所で作っていました。 

リノベーションされた寮の中で、さらに捨てられてしまいそうになっていた紙をリノベーションしている姿がステキです!!

「モノ」をすごく大事にしている人だな、と、「モノ」を持たないミニマリスト2人は思いました。(すみません、精一杯宣伝しますので!!)

f:id:A1riron:20160211021857j:image

▲『2014西陣散策ガイド』の写真より『ドールハウスサイズのミニ本』。

 

複合施設で、さらにその中の店舗で複合的な商品を取り扱う。

こういうスタンスもアリだな、と思いました。

サラリーマン等の本業を別に持っていて、空いた時間に作ったものをミニマムなスペースに並べて、そこに常駐できて信用できる友達に売ってもらう、的な。

 

下諏訪の移住者達と同じで、こういう場所って、人が集まりだしたらたちまち口コミでいろんな人が集まってくる。

町おこしで移住者呼びたい消滅可能性都市の方とかは、ここと下諏訪を見学に行くといいと思います。

 

下諏訪と共通していたのは、

「元々が職人の街」

「よそ者を受け入れる空気」

でした!(京都なのに京都っぽくない!)

 

 

この日は年末で、2階の店舗や工房は閉まっていましたが、「CASAne」さんと話し込んでいたら、

「2階にフェルトを織ってるおじさんがいるよ。」

とのことで、スリッパを履いて2階に上がらせてもらえました!

 

そしたら、2階の小さな部屋でおじさんが一生懸命、フェルトの筒のようなものを転がしてフェルトで服を作っていました!

職人肌なのかな?

と、ちょっと心配していましたが、超気さくにいろいろ話してくれました!

 

これは下諏訪と同じで、一人で黙々と工房で、しかも2階で作業していたら、時々でもいいので、人が来てくれるのが嬉しいんだろうな、と思いました。

 

そしてこのおじさんが作るフェルトでできた服が素晴らしい!!

実はその業界ではかなり有名なおじさんらしいです。

「西陣」らしいですな。

f:id:A1riron:20160211010138j:image

f:id:A1riron:20160211010158j:image

 

これは『藤森寮』から少し離れたところにある▼おじさんのお店。

気になったからは覗いてみてはいかがでしょう?

(ただ、おじさんは基本的に普段は藤森寮の2階にいるようです。)

f:id:A1riron:20160211010414j:image

 

▼これはL字型の藤森寮のもう一つの入り口です。

南棟のお店に行くにはここから入るほうが早いです。

f:id:A1riron:20160211010539j:image

f:id:A1riron:20160211010441j:image

f:id:A1riron:20160211010459j:image

 

そのすぐ南には一棟貸しのゲストハウス▼『船岡温泉ゲストハウス』があります!

一見、民家のように見えますが、入り口左の看板に小さく『船岡温泉ゲストハウス』と書いてありますw

f:id:A1riron:20160211010600j:image

 

ゲストハウス | 船岡温泉

価格 (1泊素泊まりの税込金額となります)2名 ¥12,000
3名 ¥16,500
4名 ¥20,000
5名 ¥24,000
6名 ¥27,000
7名 ¥30,000
8名 ¥33,000
9名 ¥36,000
※これ以上の場合も承っております。一度ご相談ください。

 

金魚屋や月光荘という普通のゲストハウスで一期一会の仲間を見つけるのもいいですが、気の知れた仲間で泊まりたいグループにはいいと思いました!

▼中も綺麗だし!船岡温泉入り放題だし!w

船岡温泉ゲストハウスさん体験レポート|京都ゲストハウス総合案内所

 

近くにスーパーもあり、サンドニさんとブラブラしましたが、京野菜もしっかり売っていたので、冬はこのゲストハウスで京野菜鍋パーティーもいいかもしれません!

 

あと、L字型の藤森寮に囲まれているそば屋さんも美味しいらしいです!

▼ミシュラン★付きで、京都そばランキング1位とか!すごい!

かね井 (かねい) - 鞍馬口/そば [食べログ]

 

 

いやー、この西陣エリア、いいわー。

僕も今まで京都と言うと、東西本願寺がある駅周辺、清水寺や八坂神社がある東山周辺、弟の大学と寮があった左京区周辺、中学のバス旅行で行った嵯峨野周辺、しか知らず、この西陣周辺は全く知りませんでしたが、僕に一番フィットしている地域はこの西陣周辺エリアだと、今回の旅で認識しました。

 

『藤森寮』でいろんな作品を見て、

『かね井』でそばを食べ、

『さらさ西陣』で美味しいコーヒーを飲み、

『船岡温泉』に入り、

『船岡温泉ゲストハウス』で気の知れた仲間と鍋パーティーをする。

 

そんな王道から少し外れた、

『贅沢でスローな京都旅行』

も素晴らしいと思いました!!

 

西陣周辺エリアのカフェやレストラン、ステキなお店については『さらさ西陣』で▼『西陣散策ガイド』をゲットしましょう!

わからないことは『さらさ西陣』のスタッフさんやゲストハウスの方等に聞いてもいいでしょう。

f:id:A1riron:20160211021956j:image

 

『藤森寮』の素晴らしい写真の数々は▼こちらのサイトで堪能できます!!

京西陣 町屋 藤森寮~スガマチ食堂 : MEMORY OF KYOTOLIFE

京都紫野の町家 藤森寮 | 箱庭 haconiwa|女子クリエーターのためのライフスタイル作りマガジン

みどりのゆめ : ぶらり西陣 ~ 藤森寮 さらさ西陣

街中さんぽ~町家・藤森寮~ : 京都・カフェ時間

 

 

しかし、こんな記事を書いているとまた改めて西陣へ行きたくなってきますw

 

ちなみに、前回の西陣記事に対するサンドニさんの反応は▼こちらです!w

 

是非、また行きましょう!ww