読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

勤め人を半年間したら仕事のことより『副業』のことを考えろ!(笑)

【スポンサーリンク】

まもなく社会復帰して半年になるA1理論です(笑)

 
いやー、
この半年間、がむしゃらに働いてきました。
 
昭和の日本人なら、
「最初の半年で仕事の基礎を築いて、信用も得てきたのだから、これからさらに躍進し、さらに仕事を覚え、会社を大きくし、自身の出世を目指すんだな!!」
と、なるところですが、、、
 
 
そんな考え、クソ食らえ!!(笑)
 
僕は就業半年したら、
仕事のことなんて考えません(笑)
 
ひたすら『副業』のことしか考えません(笑)
 
 
働いている会社が成長しようが、衰退しようが、
そんなことは、どーーーーでもいいです(笑)
そんなの、知ったこっちゃねーよ(笑)
 
会社なんて、早かれ遅かれ▼いつか衰退するんだ。
 
 
仕事なんて、所詮、バイトなんだから、▼時間給さえ振り込んでくれればいいだけだ。

派遣会社やクライアントにはどう思われてもいい。カネさえ振り込んでもらえれば。 - A1理論はミニマリスト

 
こっちはダイヤモンドより貴重な、
『人生の残りの健康時間』
というリソースを割いて、この人不足の時代に働いてやってるんだ、それ以上、貢献して欲しいなら、時給上げろよ(笑)
 
と、言っても、
このご時世、給料なんて上がらないか、上がっても誤差の範囲。
 
 
そんな会社に滅私奉公する気はさらさらないです。
別に自分の会社が衰退しよーが、潰れよーが、俺の人生にはなんの影響もないので(笑)
 
 
 
で、働き出して半年過ぎれば、次のようなことが起きます。
●雇用保険の会社都合給付の最低期間の半年突破!
●有給休暇10日ゲット!!
●極貧生活しないでいいくらいの貯金が出来てる(ミニマリズム生活してた場合)
 
なので、半年経った勤め人は、全員、
『クビにするならどうぞ』
▼状態なのだ。
 
クビになれば、会社都合ですぐに失業保険もらえるのだ。
 
 
なので、半年経った勤め人がまずすることは、
①有給休暇を可及的速やかに消費する
②『副業』に本気になる
 
 
①に関しては、労働者の権利なので、とっとと使い切りましょう!
使わせない派遣会社多いですけど、それ、違法ですから(笑)
 
とはいえ、急な退職も多い派遣社員。
 
急な退職で、
「有給休暇が残ってたのに、使えなかった!!」
というのが最悪です。
 
有給休暇、買い取りしてくれる企業は稀なので、
必ず、可及的速やかに使い切りましょう!
 
 
有給休暇使って、▼田舎の『交流型ゲストハウス』に連泊して、半年間の疲れを癒すのも、かなりアリです!
 
 
 
で、②の『副業』に本気になるのが、この時代は一番、コスパいい気がします。
 
どうせ、クビになる時は、勤め人なんてわけのわからん理由でクビになるんだから。
新撰組の隊員がわけのわからん理由で切腹させられたのと同じ。
 
勤め人なんて、所詮、上のほうの人事パワーバランス次第でいとも簡単に消える、その程度の存在だ。
 
そこにしがみつくより、
いつクビになっても、雇用保険と貯金と業務経験があるから『クビにしたければどうぞ』
状態にしておく。
 
そうすると、
僕の経験上、不思議なことにクビを切られる可能性が低くなったりする。
 
 
昨日、家事をしながら聞いたラジオ『放送室』で、芸人やりながら焼肉屋経営してる某芸人の話になって、松っちゃんが、
「そのほうが逆にまた(お金に)余裕が出来て、お笑いのほうも良くなる。」
と言ってた。
 
そうなんだ。
 
収入源が1つだけになると、そこにしがみつこうとして、いっぱいいっぱいになるけど、逆に収入源が、複数あれば、いつでも、
「クビにしたければどうぞ」
状態で、肩の力抜けた業務態度になる。
 
つまり『自然体』になる。
 
まさに▼『春風の如く』だ。
営業マンだと、そうなると、売れても売れなくてもいいから、やたらリラックスして、お客さんと友達みたいになってしまう(笑)
 
そしたら客のほうも、
「あ、この人、商売っ気が全くない(笑)」
と思って気を許す(笑)
 
営業マンなんてほとんどゴリゴリな人間多いから、
『売らない営業マン』
の時点で他者と差別化できる(笑)
 
そしたら、なんか知らないけど、その人から買ってしまうんじゃないかな、ネタとして(笑)
 
 
これは普段、東京でケチケチ生活してる僕が、下諏訪で散財してしまうのと似てる(笑)
 
下諏訪の人たちは商売っ気なさ過ぎて、逆にお金を落としたくなって来ちゃうのだ(笑)
 
ま、▼『北風と太陽』効果だな(笑)
 
というわけで、
結果的に、誰も損しない。
 
逆に、いっぱいいっぱいの営業マンとかは、お客さんにいっぱいいっぱいな心情が表情から伝わってしまって、引かれる(笑)
 
そうすると、結果的に数字も上がらず、必然的にクビになる可能性も高くなる。
 
 
なので、やっぱり、社員とか、派遣とか、契約とか、アルバイトとか、雇用形態に関わらず、
勤め人は半年したら『副業』に専念すべきだな。
 
それが、自分良し、お客良し、会社よし、の『三方よし』に繋がるのだから。
 
 
あ、でもこんなことをガチで会社に言っても(アホばっかりで)理解されないから、副業は勤め先には絶対に内緒だ!(笑)
 
僕は▼これら本が参考になると思います!この二冊は10年ほど前から何度も読み返してます!!
週末起業 (ちくま新書)

週末起業 (ちくま新書)

 
実践図解ノート 成功する週末起業

実践図解ノート 成功する週末起業