A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

走りながら考えよ、考えてから走り出そうとするから、前進しない。(河村瑞賢)

【スポンサーリンク】

江戸時代初期の日本人、河村瑞賢さんです。

河村瑞賢 - Wikipedia

▲貧農の家に生まれ、13歳で江戸に出て、コツコツと富を蓄えて、徐々に幕府の公共事業に関わっていく人生がwikipediaから見てとれますね。

 

河村瑞賢 (人物叢書)

河村瑞賢 (人物叢書)

 

 

こういう成功した人って「走りながら考えた」人たちなんじゃないかと思います。

 

僕は考えることは人間、ほとんどの人ができると思います。

理由は、全員、脳みそを持っているから。

 

で、走ることも、ほとんどの人ができると思います。

理由は、全員、足を持っているから。

 

でも、「走りながら考える」ことができる人ってかなり少ない気がします。

「なんでかな?」と考えると、やっぱり、

「考えるだけ」

「走るだけ」

のほうが楽だからな気がします。

 

逆に言うと、「考えるだけ」「走るだけ」の人間が世の中のほとんどな分、「走りながら考える」人間は稀少で、「走りながら考える」だけで評価されるのかもしれません。

で、当然「走りながら考える」から結果が出て、さらに評価される。

 

「考えるだけ」「走るだけ」の人と「走りながら考える」人の違いはなんだろうと考えた時、おそらく、

「『目的』があるかどうか?」

何じゃないかと思います。

 

 

『目的』にどうしても到達したい。

でも人間、いつ唐突に「死」が訪れるやもしれない。

 

だから「走りながら考える」んじゃないかと思います。

河村瑞賢のように。

 

人生に優劣はないと思いますが「走りながら考える」人生が僕はステキだと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、キミらは「バズりながら考える」わけ???