A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

ホットエントリーどころか「はてブ数」自体に執着する心を断捨離したほうが最終的な人生コスパがいいんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

※個人の感想です

 

いやまぁ、これは僕自身の意見で誰にも押し付ける気はないんですが、、、

 

今、巷では「はてブ互助会」がいいとか悪いとかいろいろ言われていますが、、、

僕自身はそもそも自分の記事の「はてブ数」自体に全く執着してません。

 

まぁ、記事を見てもらえるとわかると思うけど、書きたいことを書いてるだけ。

 

 

なぜか?

 

「書きたい」からだww

 

 

なんていうか、はてブ数とか、ホットエントリーとか考えるのしんどいんですw

ていうか、どうでもいいんですw

A1理論は静かに暮らしたいんですw

ていうか、そもそもホットエントリーってなんなのか良くわかってないんですw

ていうか、はてなブックマークのサイトとかはてなブログのトップページとかいちいちチェックするのがめんどくさいんですw

毎日twitterとfacebookのタイムラインのチェックをするだけでいっぱいいっぱいなんですww

 

 

時々、

「はてなブログのトップページに載ってたよ!」 

とか言われますが、

「ふーーん。で?」

という感じですw

我ながら惑星ベジータがなくなった時のベジータの反応並みに薄いwww

 

 

そんなのに『執着』したくないんです。

というか、人生において何事にも『執着』したくないんです。

 

執着の捨て方

執着の捨て方

  • 作者: アルボムッレ・スマナサーラ
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2014/11/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

お金も「ギリギリ死なない程度」にあればいいんです。

人生、常時『賢者モード』でいたいんですw

 

で、僕のブログ記事を毎日読んでくれる人や時々読んでくれる人の母数が少しずつ増えていけばいいと思ってるんです。

 

で、その中で時々、めっちゃB1な人が現れて、

「会ってください!」

と言われたりするから、変な人じゃなければ会ったりする。

 

自分と親和性の高い少数の人と、

限りある人生の時間を共に過ごす。

これって人生の中でなによりも尊い時間だと僕は思う。

はてブ数や一時的なPV数やアドセンス収入なんかでは変えられない人生の大事な時間。

 

最近、ヒビノケイコさんのブログ記事で▼こんなのがあったけど、

なんでも勝負にしたがる男子の生態に突っ込みを : ヒビノケイコの日々。人生は自分でデザインする。

 

男性はてなブロガーにも多いんですが、はてブ数や一時的なPV数を勝負したがる。

 

そもそも、

「ブログって『勝負』するものか???」

と良く思うw

 

むしろ「いいところ」を褒め合って、ブログ人口を増やしたり、ブログ文化を醸成したりするほうがいいんじゃないかな???

(そういう意味では僕はどちらかというと女性ブロガーっぽいのかもしれない)

 

 

僕的には、

『自分と同じような価値観』

を持った人に出会いたいだけだ。

 

それを、

 

10代後半の地元の高校や地元の大学でできなくて、

20代前半の東京のマンモス大学の学内ネット掲示板でできなくて、

20代中盤のメルマガでできなくて、

20代後半のmixiでできなくて、

30代前半の仕事の勉強会でできなかったから、

 

35歳からこの『はてなブログ』でやろうとしていただけだ。

 

「普通の人」はお金を稼ぐためにブログやメルマガをするのかもしれないけど、

僕は全くもって逆で、メルマガやmixiで親和性の高い人に会いたいがために東京で働いていた。

 

今も昔も、僕が目指しているのは▼『ドラクエ4』的人生だ。

『持たない幸福論』を最速読破した「今、苦しんでいる人」へ絶対にオススメするブログを使った『ドラクエ4的人生』。 - A1理論はミニマリスト

 

「普通の人」には理解されなくても別にいい。

ほんの少数の人たちにだけ理解してもらえれば、その人たちと末永く生きて生きたい。

 

それが僕の名前『A1理論』の意味です。

 

 

それ以外のこと、例えば『はてブ数』とか、一時的なPV数とか、一時的なアドセンス収入とか、どーーーーーーーーでもいいんです。

 

僕にとっては『はてブ数』が多いことなんてどうでもいいんです。

僕にとっては『アクマイト光線』が効かない、黒田官兵衛のような▼『無欲すぎる問題児』こそが史上最強なんです。

無欲な人には『アクマイト光線』が効かない。「無欲すぎる問題児」が僕の理想。 - A1理論はミニマリスト

 

 

いや、結果的にバズることは悪くない。

でもそれはあくまでも、今まで僕のことを知らなかった人にリーチできる、つまり毎日読んでくれる「常連さん」を増やす可能性が高まるというだけのことで、バズ自体を狙ってるわけじゃあない。

 

 

というか、せっかく「ブログ」、特に「はてなブログ」という、それまでの人類史上かつてなかった素晴らしいツールがあるのに、バズやはてブ数を狙うなんてもったいなさすぎる。

 

宝の持ち腐れすぎる、と思う。

 

日本語人口が1億人として、この1億人から自分と親和性の非常に高い少数の人をスキャンして会いに行く。

 

そのほうが絶対に絶対に楽しい人生だと僕は思う。

 

 

 

※個人の感想です