読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

結局、『人助け』こそが人類最大の娯楽コンテンツなんじゃないかな?

ミニマリズム ミニマリズム-ミニマリズム論 人生 人生-考え方
【スポンサーリンク】

昨日、朝までブログ書いてて、フラフラなまま、出勤して、昼休みにtwitterのタイムラインを流し読みしていると、、、

 

三連休はホームレスになります - 燃エルゴミ

 

最初、

「ネタ?」

って思ったのですが、、、

 

簡単に理由を書きますと、いま僕はネットカフェで寝泊まり(いわゆるネットカフェ難民)しながら東京で働いておりまして。

 

実はそのあとに派遣会社のサイトから「申請ボタン」を押す必要がありまして。

 

はい、私、それを押し忘れました……。ほんとボンクラ。

 

しかも悪い事というのは重なるようでして。

皆さんご存知のように、今日から三連休。当然銀行はお休みです。で申請から振り込みまで1日はかかるという事だったので、

 

・申請が反映されるのが最短で3/21
・給与が振り込まれるのが最短で3/22

 

うわっ!

これ、ガチじゃん!!

って思ったw 

 

そして、僕がコメント!w

 

ヨシキのブログは僕は実は結構、ファンで、ヨシキは新潟のギルドハウス十日町に住んでたこともあったので(パーリー建築もしてたしw)、ここ1年くらいの動向を見守ってたところもあった。

 

で、今回のホームレス事件!w

同じ新宿区民(?)としても放っておけなかったw

3月になったとはいえ、まだまだぜんぜん寒いし。。。

 

始めはうちに泊めてあげようかなと思ったけど、さすがに4日連続はこっちもしんどいし、、、

いろいろ考えた末、おカネを持っていってあげようかと思った。

たぶん、新宿か、大久保か、代々木にいるだろうから。

 

ヨシキがよくいるネットルーム4泊分+食費だったら、15000円くらいかと思った。

 

で、その後、夕方くらいにtwitterを開いてみると、、、

 

 

というわけで、どうにかパトラッシュ状態は免れたらしいですw

 

(詳細は本日のヨシキブログにてw超楽しみw)

 

で、

それを知った瞬間、疲れがどっと出てきたw

よく考えたら、俺も昨日はあんまり寝てなかったww

 

 

なので、家に帰って、洗濯物干して、ご飯食べて爆睡しましたw

 

あ、▼この本の感想文は少し待ってください!w

まちのゲストハウス考

まちのゲストハウス考

  • 作者: 真野洋介,片岡八重子,明石健治,豊田雅子,飯室織絵,加納亮介,蛇谷りえ,井筒もめ,森岡咲子,武田昌大,田中惇敏,西村祐子,Yone(米村知倫)
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/03/17
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

で、僕が洗濯物を干しながらつぶやいたことは、、、

 

僕自身、20代は常にスッカラカンで、いや、「学費の借金」と「親の借金」という『双子の赤字』に常に悩まされていたので、常にマイナスだったw

 

この状態は30代前半まで続いた。

 

けどまぁ、それはそれで、大変だったけど、

『身軽』だったなぁ 

とも思った。

 

「最悪、死ねば借金返さなくていいじゃん!!」 

とさえ思ってたw

 

逆に30代中頃でそこそこ貯金が出来てしまって、わけがわからなくなったくらいだw

 

なので「貯金断捨離」して、ひたすらブログを書きまくりましたw

今は再びビンボー生活です。。。

親の新たな借金も判明したし。。。

 

 

しかし、そんなビンボー人の僕でも、ヨシキほどはビンボーじゃないw

 

なので、15000円くらいなら貸してあげようと思った。

おカネが返って来なかったら、まぁ、レンタルヨシキ様ってことでw

爆死ー死!!w

 

そう言えば、僕が20代の頃、アジア横断の旅からほぼ一文無しで帰って来て、居候させてくれた家の人も、多大な借金を抱えていたなぁ、しかもその人も当時39歳だったなぁ、って思った。

 

で、結局、自分がおカネがあろうと、なかろうと、

『人助け』こそが人類最大の娯楽コンテンツなんじゃないか?

と思った。

 

おせっかい焼きのおばさんから、

儲からなくてもゲストハウス経営を続ける人、

安月給でも接客業を辞めない人、

等々は、結局、『人助け』という娯楽コンテンツをマキシマムに楽しんでる人生なんじゃないかな?

 

上記のゲストハウス本に、

「人」は最強のコンテンツ

という言葉が、割と文章の中に紛れて出てくるけど、

結局、これが人間の本質なんじゃないかな?

って思う。

 

「人」に助けたり、助けられたり。

これは、金銭的なこととか、家的やモノ的なことだけではなくて、

「ああ、こんな人もいるんだ。」 

「ああ、こんなに自由に生きていいんだ。」

と思えることも含めてw

(それを実現させてくれる一番の場所が、僕はゲストハウスのバーや共有スペースなんじゃないかと思っている。) 

 

 

佐々木さん(髭仙人)も、

「クラウドファンディングやジモティー等のネットサービスは、基本的に『シェア』することを実現させた。インターネットの本質は『シェア』。」

って言ってた。 

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略

  • 作者: レイチェル・ボッツマン,ルー・ロジャース,小林弘人,関美和
  • 出版社/メーカー: NHK出版
  • 発売日: 2010/12/16
  • メディア: ハードカバー
  • 購入: 28人 クリック: 1,325回
  • この商品を含むブログ (99件) を見る
 

 

戦後の焼け野原から始まった、食うや食わずの時代から、バブル、平成不況、第一次IT革命(PC)、第二次IT革命、3.11を経て、日本人にも新しい『シェア』の概念が始まってきつつあるようにも思える。

 

そして、暮らしは共同体になる。

そして、暮らしは共同体になる。

 

 

「人間は社会的動物である。」

と、アリストテレスは言ったが、、、

 

今、ググったら、▼これが正確な解釈らしい。 

社会的動物 - Wikipedia

アリストテレスは『国家』において、人間は「zoon politikon (ポリス的な動物)である」と述べた。

人間というのは、自己の自然本性の完成をめざして努力しつつ、ポリス的共同体(つまり《善く生きること》を目指す人同士の共同体)をつくることで完成に至る、という

(他の動物には見られない)独特の自然本性を有する動物である

ということを述べた。

 

人間自体、その存在において、「もやい」の特性があるのだろう。

『重ちーのハーヴェスト』的なw

 

で、僕は、おそらく、

この『独特の自然本性』っていうのは、人間の進化特性からきてるんじゃないかな?

って思う。

 

人間の進化特性って、一言で言うと、

「脳みそだけを傾斜的にマキシマイズし、その他すべての身体機能をミニマライズする」

という、

『制約と誓約』をかけ過ぎた進化形態

だと僕は思っている。

 

「人間は進化の頂点!」 

って、生物の教科書に書いているけど、それは人間の価値感の中では頂点であって、、、

「正社員こそが最強!」

「医学部こそが最強!」

「アメリカこそが最強!」 

「ライブドアブログこそが最強!」

みたいな、

「いやいや、そりゃあ、おまえの価値観のなかではそうだろうけども。。。」 

みたいなw 

 

僕は、人間は、むしろ『進化の袋小路』の中にハマっちゃってる気がするけどねぇ。。。

理由は、

『制約と誓約』 

をかけすぎちゃってる、クラピカやゴンさんと同じ状態だからだww

一点豪華主義過ぎるwww

 

だから、『共同体』がないと人間は生きていけない。

なぜなら「脳を肥大化する」という『誓約』をしたために、「身体的に弱すぎる」という『制約』を負ったからだと僕は思う。

 

で、

「脳を肥大化した」

ために、人間は『道具』を発明した。

つまり『モノ』を使い始め、さらにその機能を最大化させていった。

 

けど、その『モノ』の進化は頭打ちになった。

つまり、21世紀において、

「プロダクトの『生産性』」がカンストした

のだ。

 

『モノ』を作る能力者である人間が、

『モノ』をつくる必要性がなくなった。

 

 

だから、人間本来の自然本性である、

「コミュニティの『生産性』」

をネットやスマホで上げようとしているんじゃないかな?

 

そういう世紀に、今、我々は、生きている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、いつもの結論に達したところで、、、

 

仕事、行こ!!www