A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人皆心あり、心おのおの執ることあり。(聖徳太子)

【スポンサーリンク】

人間の多様性を理解していますね、聖徳太子さん!

聖徳太子 - Wikipedia

さすが、一度に十人の話を聞き、馬に乗って空を飛び、富士山の頂上に登っただけのことはある!!

(んなアホなーw自分それ『ネタ』やがなーw笑かっしょんなーww)

聖徳太子 (岩波新書)

聖徳太子 (岩波新書)

 

 

この言葉、たぶん『十七条の憲法』だろうな、と思って調べたらビンゴ!

第十条でした。

十七条の憲法(じゅうしちじょうのけんぽう)-現代語訳付き

 

以下に、第十条の現代語訳を全文引用してみます。

十にいう。

心の中の憤りをなくし、憤りを表情にださぬようにし、ほかの人が自分とことなったことをしても怒ってはならない。

人それぞれに考えがあり、それぞれに自分がこれだと思うことがある。

相手がこれこそといっても自分はよくないと思うし、自分がこれこそと思っても相手はよくないとする。

自分はかならず聖人で、相手がかならず愚かだというわけではない。

皆ともに凡人なのだ。

そもそもこれがよいとかよくないとか、だれがさだめうるのだろう。

おたがいだれも賢くもあり愚かでもある。

それは耳輪には端がないようなものだ。

こういうわけで、相手がいきどおっていたら、むしろ自分に間違いがあるのではないかとおそれなさい。

自分ではこれだと思っても、みんなの意見にしたがって行動しなさい。

 

最後の一文以外は賛成かな。

(偉そうやな、俺w聖徳太子に向かってw)

 

人間の時点でみんな『凡人』なのだ。

何が正しい、何が間違っているのかなんてー(ウォウオー)

誰にも決める権利はない!

(まぁ、じゃあそれなら、おまえが憲法なんて作るなよって話なんだがw

馬に乗って飛んでいく時点で『凡人』じゃないってことかw)

 

人が人を煽る権利なんてどこにもないんです。

その人はその人なりに考えた結果、そう判断しただけで、本当の事情は当人にしかわからないし、当人でさえ自分がなんでそういう判断したかなんて正確にはわかってない。

 

だから絶対的に「正しい」「間違ってる」なんてのは聖徳太子のいうように、この世の中には存在しない。

あるのは「好き」か「嫌い」かだけ。

 

でも、その「好き」か「嫌い」かなんてのも、実は存在しなくて、

「自分と似てる」か「自分と似てない」かだけだ。

 

でも自分と同一の人間は絶対に存在しないから(双子でさえ同一ではない)、

結局、みんな「違う」ってだけだ。

 

『違いを認めろ』

と、聖徳太子は言ってるんだと思う。

 

ま、そりゃそうだ。

みんな違って、みんないい。

為政者なら誰だってそう言う、俺だってそう言う。

 

 

 

でも、最後の一文。

自分ではこれだと思っても、みんなの意見にしたがって行動しなさい。

これは非常に『日本人的』だなー、と思う。

 

この『十七条の憲法』が日本人の国民性を決めた、とか、昔、▼井沢元彦とかが言ってたような気がする。

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)

逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎 (小学館文庫)

 

 

けど、まぁ、たぶん国民性が先なような気がする(笑)

日本人独特の、多数決主義というか、みんなの言うことが正しい的な考え。

 

確かに、▼こんな本もある。

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

「みんなの意見」は案外正しい (角川文庫)

  • 作者: ジェームズ・スロウィッキー,小高尚子
  • 出版社/メーカー: 角川書店(角川グループパブリッシング)
  • 発売日: 2009/11/25
  • メディア: 文庫
  • 購入: 15人 クリック: 203回
  • この商品を含むブログ (48件) を見る
 

確かに食べログやAmazon、トリップアドバイザーの星の数の評価もだいたい間違っていない気がする。 

 

 

でもそれは、全員が一次情報を取得できる環境下にあっての話だ。

 

二次情報しか判断材料がない場合においては『みんなの意見』なんて正しいわけがない。

だって、みんな二次情報でしか判断してないんだから。

 

二次情報、三次情報しか取得できない状況下において、多数決をとるのは非常に危険だ。

 

▼実は情報なんていとも簡単に操作できる。

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

ドキュメント 戦争広告代理店〜情報操作とボスニア紛争 (講談社文庫)

 

 

操作された情報で多数決取ってどうするんだよ(笑)

 

で、こんな簡単なことをだいの大人がほとんど理解してない。

 

だから人々はミスターサタンがセルを倒したと思い込んでしまうんだ(笑)

 

 

だから、大事なのはみんなの意見の情報源が本当に一次情報なのか知ること。

 

一次情報でない場合は徹底してその情報源を疑うことだ。

その二次情報を流すことで『得』をする人間が必ずいるハズだ!そこを突き止める!

 

そしてそのカラクリを見抜いたら、その人間を断罪するのではなく、賢く、その状況を逆手にとって自分の人生に利用するべき!!

 

仕方ないよね、大衆がアホ過ぎるんだから。こればっかりはどうしようもない。

 

 

人間は一次情報を処理する能力は極めて高い。

しかし、二次情報を処理する能力は極めて低い。

そこに『頭のいい人間』につけこまれるスキがある。

 

 

大事なのは「情報」というノイズを可能な限りシャットアウトし、自分の脳内に入れる「情報」を厳選することなんじゃないかと思う。

そうすれば為政者に操られる確率をグッと下げれるんじゃないかと思います。

 

だから、余計なノイズを発する『モノ』自体を持たないことが大事だとぼくは思います。

 

って、最後はやっぱりミニマリズムかよっ!(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、みんなの意見に従って『バズってどうする!?』