読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

下諏訪にカフェ&ギャラリー『ひとつぶの麦』誕生!二階のアウトドアリビングは貸切可!にゃんこもいるよ!

旅-国内 ミニマリズム ミニマリズム-レシピ・食事
【スポンサーリンク】

先日、ブログ仲間のちえりさんと下諏訪の春宮→秋宮にかけての中山道沿いを歩いていました。

 

伏見屋邸でおじいちゃん・おばあちゃんとコタツでまったり下諏訪昔話したあと、てくてくと秋宮に向かってると、、、

 

御作田社を越えたあたりで、ふと▼見慣れない新品の建物が!!

 

「うわっ!!なにこれ!!」

と、下諏訪マニアの僕は声を上げてしまいました!!

 

▼『シム諏訪シティ』に新しい建物が出現してるじゃないですか!!

下諏訪町は「ブログ」で町を発展させていく『シム諏訪シティ』だ! - A1理論はミニマリスト

 

すると、ちえりさんが看板を見て、

「兄さん、『カフェ&ギャラリー』って書いてますよ!!」

と言ってきた!!

 

僕はそれを見て二度ビックリ!!

 

だって、ここをまっすぐ行くとすぐに、旦過の湯の横に去年オープンした▼『タロウ珈琲弐号店』だし!(金魚がいるよ!)

Taro coffee nigoten Top

 

春宮近くにこの5月に▼『花結び』というカフェもオープンした!(甘酒飲めるよ!)

下諏訪の「春宮」と「万治の石仏」の間に和レトロなカフェ『花結び』オープン!スローな旅を楽しみたい時にいいと思います! - A1理論はミニマリスト

 

 

同じ三角八丁エリアには、この3月▼『Eric's Kitchen』もオープンしたし、、

下諏訪についに『Eric's Kitchen』誕生!移住者間のハブ機能を果たすか?今後の活躍に注目です!! - A1理論はミニマリスト

 

同じ3月にはリニューアルしたオルゴール記念館・奏鳴館(すわのね)内にも▼カフェができた!

ブティック&カフェ|施設のご案内|日本電産サンキョーオルゴール記念館 すわのね

 

また、『Cafe TAC』 『アップルハウス』、『gatoha』『無伴奏』『テラリューム』『十間堂茶屋』『マランタ』等のカフェが駅北には多く、マスヤゲストハウスの向かいの『チャーリーズハウス』でもコーヒーが飲める。

 

すぐ近くの『伏見屋邸』に至っては無料でお茶が飲めるしw

 

そんなに多くのカフェがあるのに、下諏訪の町は人が歩いてないwww

特に、この春宮と秋宮の間の中山道は、もう本当に、人が歩いてないwww

 

そんなカフェ激戦区の下諏訪に、またしてもカフェが!!

「最近の下諏訪、すげえ!!」 

って、単純に思いましたねぇ。

 

で、その時は『サロンしもすわ』の「ささみ唐揚げ」を取り置きしてもらっていたので、中には入らず『サロンしもすわ』へ向かいました!

 

で、『サロンしもすわ』で、みみさんと、このカフェの話しをしたら、みみさんは、

「あ、そこ、先輩の店だ!!」

と言いました。

 

で、翌日はちえりさんと別行動になったので、僕は一人で再び、この『ひとつぶの麦』へ!!

 

この日は▼こんなチラシが張ってありました!

 

看板は▼こんな感じ!

 

中に入ると、みみさんの『先輩』らしき夫婦が出迎えてくれました!

 

オープン直後だけあって▼内装はめちゃくちゃ綺麗でした!!

 

▼ペレットストーブも煌々と燃えていて、寒い日でも中は暖かいです!!

ペレットストーブ - Wikipedia

 

で、入店直後は、かなり多くのお客さんがいたのですが、その団体はすぐに全員、いなくなりました。

 

どうやら、このご夫婦の親戚様ご一行だったらしく、この日はここがオープンして三日目で、「普通のお客」は僕が第一号だとか!

『花結び』に続いて、「お客第一号」をまたしてもGETです!!ww 

 

僕はみみさんの知り合いだと言うと、オーナー夫妻はいろんな話をしてくれました。

みみさんにもお礼の電話もしてました。(いや、そんなお礼を言われるほどでも。。。)

 

で、コーヒーを飲んでいると、

ふと、床になにか動く物体が!!

 

なんと!!

このカフェにはにゃんこがいるのです!!

 

親戚の方が持ってきた▼段ボールの中に入ってしまったにゃんこと遊ぶ僕ww 

 

いやぁ、癒されますww

下諏訪って、動物と触れ合う機会があんまりないんですよねぇ。

ノラネコとかもあんまりいないし。

 

なので、下諏訪でにゃんこと触れ合いたい方はここに来るといいですよ!w

温泉上がりの「にゃんこもふもふ」とかサイコーです!w

 

で、ここの▼ドライキーマカレーは辛い!!

 

オーナー夫婦の奥さんが激辛好きらしく、中辛でもかなり辛い!!ww

でも、激辛好きの方はいいと思いますよ!

下諏訪で激辛カレー食べれるところってないと思うので!!

 

僕は辛いカレーも好きなので、ここのキーマカレー、好きですねぇ!

卵の黄身が50円でトッピングできて、それを絡めると超美味しかったです!!

 

 

で、カレーを食べたあと、ずっと気になっていた二階のギャラリーへ!!

 

▼興味深い本がいっぱいあります!!

ブックカフェ好きな僕はこの本棚が見えたあたりから大コーフン!!

(当初はブックカフェで考えていたらしいです!!)

 

 

 

そして、二階のギャラリーは▼こんな感じ!!

木製ピアノやヴァイオリン(?)等も置いてあって▲すごくステキです!!

 

そしてこの左手のアウトドアリビング!!すっごく良くないですか!?

 

▼ガラガラと引き戸を引くと、、、

 

▼こんな感じで下諏訪を眺めることができます!!

 

▼天窓もあり、開放感もあります!!

 

この二階のギャラリー&アウトドアリビングは貸切利用できるらしいです!

20人くらい入ることが出来そうです。

 

ここでパーティーとかオフ会とかしたら面白そうですねぇ!!

ここで展覧会とかトークイベントとかも今後、定期的に行うようです!!

 

下に戻って奥さんと話しながら▼にゃんこと再び戯れる僕www

 

お腹をなでてたら▼肉球キックをくらいましたwww

 

で、実はこのカフェ、奥様の実家のリノベーションだとか。

90代のお父さんの介護のために、実家をリノベーションしてカフェにしたのだとか。

飲食業自体も初めて。

 

今後はこういう「実家をリノベーションしたカフェ」って増えてくるのかもしれないですねぇ。

 

奥様はすごく博学で、いろんな話をしてくれました。

 

奥様は実は下諏訪で発達障害者やその家族のための『seeds』という民間非営利団体を運営していて、この『ひとつぶの麦』は、その活動の延長にあるのだとか。 

 

発達障害者は今まで社会から隔離されていたけど、それはよくない、発達障害者が社会に出ていくための『ひとつぶの麦』になれるように、と、このカフェ&ギャラリーをオープンさせたのだそう。

 

 

僕はこの話を聞いて、同じ下諏訪の▼『宮乃湯』の女将のことを思い出しました。

下諏訪温泉 旅館 宮乃湯

 

『宮乃湯』は身体障害者のための温泉で、東京とかの身体障害者の間でも、

「下諏訪と言えば『宮乃湯』!」

と、有名だったらしい。

 

 

下諏訪って、なんか、

「優しい女性」

が多い気がする。

 

マスヤゲストハウスのキョンちゃんやスタッフさん、リビセンの華南子さん・彩香さん・涼子さん、『サロンしもすわ』のみみさんやご飯を作ってくれるおばさん達、『花結び』や『タロウ珈琲弐号店』の奥さん、伏見屋邸のおばあちゃん、御田町おかみさん会、その他、いろんなカフェ・レストラン・工房で話しかけてくれる女性。

 

「生きるのに疲れたら、下諏訪でゆっくり温泉に浸かって、美味しいものいっぱい食べて、綺麗な空気をいっぱい吸って、秋宮・春宮にお参りして、しばらくのんびりしていけばいいじゃない。」

って言ってくれているようだ。

 

そもそも、諏訪大社下社の神様からして女性の神様だ。

(春は春宮、秋は秋宮にいます)

 

僕や多くのマスヤ常連客がつい下諏訪に通ってしまう理由はそれなんだろうな。

都会で消耗しきった心と身体に、下諏訪の女神様は優しく微笑んで包んでくれる。

 

で、しばらく下諏訪でゆっくり休んだら、

「よっしゃ、もう少し頑張ってみるか!!」

と、都会に戻っていく。

 

日本社会は生きずらいけど、でも、日本に下諏訪という「回復の町」があることで、僕は救われていますw

 

 

▼カフェ&ギャラリー『ひとつぶの麦』も、これから下諏訪で、そんな、生きるのに疲れ切った人たちを癒やす場のひとつになっていくんじゃないかな?って思いました。