読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

貯金王!本多静六の『私の財産告白』が復刊してたから即買いした!あなたは給料の何分の1を貯金にまわす?

【スポンサーリンク】

昨日の夜中、ブログ仲間の「ゆとり隊長」の▼この記事を読んだ!

本多静六氏著「私の財産告白」を読んで、節約の極意をまとめてみた。 | ゆとりな人生ゲーム「年100万円生活」

 

▼以下はそのブログ本文より抜粋!

本多静六氏の「私の財産告白」自体は、半世紀以上も前に出版された本だ。四分の一貯金法や天丼哲学、つもり貯金などが紹介されていたが、特別風変わりというわけではなく、節約に必要な技術や精神は今も昔も何一つ変わっていないんだなぁと改めて実感できる1冊だった。

 

今回は本多氏の「節約」「貯金」に関する教えを抜き出して紹介した。しかし本多氏からは、投資や人生観に関しても、学ぶことがたくさんだ。そのあたりのことは、また別の機会に紹介しようと思う。

 

今回紹介した内容の大半は、下の「私の財産告白」に掲載されている。この1冊は、読んでおいて決して損のない1冊だと自信を持っていえる。

 

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

 
私の生活流儀 (実業之日本社文庫)

私の生活流儀 (実業之日本社文庫)

 
人生計画の立て方 (実業之日本社文庫)

人生計画の立て方 (実業之日本社文庫)

 

  

ゆとり隊長が読んだ上記三冊をまとめたプレミア本は▼こちら!

人生と財産―私の財産告白

人生と財産―私の財産告白

 

 

で、このブログ記事を読んで不思議な気分になった。

 

以下、その流れをtweet!

 

で、気になってAmazonを見て、本多さんのプロフィールにくぎ付けになった!w

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

本多/静六
1866(慶応2)年、埼玉県生まれ。苦学の末、1884(明治17)年に東京山林学校に入学。一度は落弟するも猛勉強して首席で卒業。その後、ドイツに私費留学してミュンヘン大学で国家経済学博士号を得る。1892(明治25)年、東京農科大学(現在の東大農学部)の助教授となり、「月給4分の1天引き貯金」と1日1頁の原稿執筆を開始。研究生活のかたわら植林・造園・産業振興など多方面で活躍、日比谷公園の設計や明治神宮の造林など大きな業績を残すだけでなく、独自の蓄財投資法と生活哲学を実践して莫大な財産を築く。1927年(昭和2)年の停年退官を機に、全財産を匿名で寄付。1952(昭和27)年1月、85歳で逝去(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

 

wikiにも数々の偉業が!!

本多静六 - Wikipedia

 

子供の頃から親の借金のせいで極貧生活で、苦学しながら『勤倹貯蓄』を処世訓とし、巨万の富を築いた、が、定年を機に全額寄付ですよ!!

 

また、日々1ページ原稿を書くことを常としたため、370冊を超える著作がある。

 

この人、ミニマリスト・ブロガーの鏡みたいな人じゃないですかね?

「節約生活しながら1日1記事はブログを書く!」

みたいな。

 

少なくとも、僕はこういう人、めちゃくちゃ好きです!!

 

 

で、この人の名前や内容は昔から知ってたのですが、なぜか書籍を読んだ記憶がなくて、不思議に思ったところ、、、

 

 

本がすべて絶版していたのを、僕が、その『噂』を他の節約系書籍で読んだことを思い出しました!!

 

 

 

というわけで、即買い!!w

伝説で幻の絶版名著がkindle版で格安、しかも▼セール中なんて、安すぎる先行投資です!!

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

 

 

 

で、夜分に読みふけってしまいました!w

予想通り、面白すぎる!!ww

 

 

その中で、比較的冒頭の部分に出てくる、

『四分の一』貯金

について少し考え、ゆとり隊長といろいろやりとりしたww

 

 

 

1/3の純情な感情

1/3の純情な感情

 

 

1/2

1/2

  • アーティスト: 川本真琴,石川鉄男,カラオケ
  • 出版社/メーカー: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 発売日: 1997/03/21
  • メディア: CD
  • 購入: 2人 クリック: 7回
  • この商品を含むブログ (11件) を見る
 

 

まぁ、ここら辺は毎度おなじみ、単なる「剣心ネタ」なんだけどもw

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心全28巻 完結セット (ジャンプ・コミックス)

 

 

 

 

 

 

 

などと、まぁ、くだらないやりとりww

 

本多静六は妻子持ちでその他に使用人とかもいたっぽいから、『四分の一』貯金が精いっぱいだったらしいけど、独り身だったらまだまだ貯金に回せると思う。

 

まぁ、僕は20代前半は、収入からギリギリの生活費を抜いたお金をすべて借金返済に回していたので、今もその癖が抜けずに、生活費も当時のままのミニマム生活費なんだけども。

 

 

あと、自炊とブログはトレードオフ関係にあると思う。

けど、ブログが蓄積メディアである以上、自炊よりブログ執筆のほうが大事かな~。

 

 

で、 

 

 

ししお「煉獄には全財力の五分の三をつぎ込んだ」 - ぐう速

 

というわけで、今の僕は志々雄様が全財産を煉獄につぎ込んだのと同じ割合の『五分の三貯金』を目指す、というか、まぁ、今、ずっとそんな感じなんだけどもww

 

 

僕的には、雑誌の占いとかでよく見る、

「今月ピンチ!」

という感覚がぜんぜん分からない。

常に貯金ゼロで生きている人の感覚。

 

日本人の1/3は年齢に関わらず、常に貯金ゼロの生き物らしいけど、で、僕も一時的には貯金ゼロに近い状態の時もあったけど、常にそういう生き方は僕には信じられない。

 

ま、僕は実の親からして貯金は常にゼロどころかマイナスで、しかも借金してる当の本人はその借金額を「大体」さえも理解してないんだけれどもw

自分の借金が100万なのか、1億なのかも知らないww

(そういう親を見て育ったから、堅実に貯金する性格になったのかもしれないけど)

 

 

で、これからも僕は給与の『五分の三』以上を貯金し、ブログ収入はまるまる貯金していきたいと考えています。

(けど、下諏訪への旅費とか、ゲストハウス旅行の旅費は別腹!!ww)

 

 

というわけで、貯金を増やしたい方は、貯金の実績がある本多さんの▼『私の財産告白』は超オススメです!!kindle版が特にオススメ!!

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

私の財産告白 (実業之日本社文庫)

 

 

僕もまだ途中までしか読んでおらず、読み出したら止まらないので、ひとまず、ブログ書きました!

読み終えたらまた記事にしたいと思っています!!