読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

最新刊発売!HUNTER✖︎HUNTER33巻のジン・フリークスの言動が、僕の「理想のミニマリスト」過ぎた!

【スポンサーリンク】

先日、ふらり入ったコンビニで本棚の前を通りがかった時、自分の目を疑いましたよ!!

 

▼HUNTER✖︎HUNTERの33巻が出てる〜!!

しかも表紙は13年くらいご無沙汰過ぎるクラピカさん!!w

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

僕は、もう絶対に33巻は出ないと思ってました!!

 

だって、その前の▼32巻が出たのって、

2012年の12月28日ですよ!!(笑)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 32 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 32 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

実に約3年半の時を超えて続巻が発売!!(笑)

 

約3年半前の2012年の12月は、まだ「はてなブログ」も正式リリースされてなかったのですから、そう考えるとヤバいですねぇ。

「はてなブログ」が始まってから初めてのHUNTER✖︎HUNTERの新刊ですよ!(笑)

 

今回の33巻のAmazonレビューの中には、

「(33巻から本格的に始まる)暗黒大陸編を楽しみにしてた友達が3年半の間に死んでしまった。続きを読ませたかった。」

とかいうのもあって、なんとも罪作りな漫画だと思いました!

冨樫、もっと働くでござる!!(笑)

 

 

ただ、僕は、

「HUNTER✖︎HUNTERは、蟻編でもう(自分的に)終わった。」

と思ってて、多くのAmazonレビューにあるように、

「いきなり『暗黒大陸』とか、蟻編以上に大風呂敷広げ過ぎ!!」

と、思ってました。

 

で、この33巻も前半何話かはコンビニの立ち読みで読んでたので、

「いやいや、今更、クラピカとか出してきてどーする!?オワコン過ぎwww」

「蟻とさえも戦ったこともないヤツらが暗黒大陸なんか行ったら全員瞬殺だろ!www」

とか思ってたんですが、、、

 

 

けど、僕が敬愛する、主人公・ゴンの親父の「ジン・フリークス」が結構出てくる&キーパーソンになってきてるのはわかってたので、

「まぁ、kindle版なら400円で20%のAmazonポイント還元で、事実上320円ならいいか、場所もとらないし!」

てことで、昨日の夜、▼kindle版33巻をiPhoneのkindleアプリに落として読みました!!しかし、kindle版でHUNTER✖︎HUNTERの新刊を読める時代までHUNTERが連載(?)してるなんて!!

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

で、

それから3時間ほど、ぶっ続けで、夢中で読んでしまいましたよ!!(笑)

元々、蟻編以降の展開に期待してなかったので、その期待値を大きく裏切られました!!

 

で、これは僕と同じように、

「HUNTERは自分の中ではすでに終わってる。」

と思ってる、元・少年少女で、現・おっさんおばさんにこそ読んでもらいたい巻でした!!

 

というのも、話の中での人間関係が複雑過ぎるけど、よく読むと、各登場人物はちゃんと利害関係が成立してて、

ある意味、職場の人間関係とか、地域の人間関係、親戚付き合いのようなリアルさがあります!

さすが、3年半待たせただけのことはある!!(笑)

 

あんまり書くとネタバレになりますが、これは是非是非!今、20代後半~40代くらいの、様々な人間関係に悩む人たちに時間をかけてじっくりと読んで欲しい巻ですねぇ!

(逆に、これジャンプ読む年頃の子供たちは理解できるのか?って思うw)

 

きっと、日常生活する上でもなんらかの▼「生きるヒント」がもらえると思いますよ!僕はもらえました!!

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

で、この33巻の比較的前半によく出てくる「ジン・フリークス」の言動が、やっぱり僕の、

「理想のミニマリスト」

過ぎましたわ!!

 

 

元々、僕が2013年にこのブログの全身である元祖ブログ(A1理論)を作ろうと思った時、「A1理論」というブログ人格のキャラ設定をしようと思ってて、そのモデルにしたのが、この「ジン・フリークス」でした(笑)

 

まぁ、簡単に言うと、

「ややこしいオッサン」

「痛いオッサン」

なんだけども(笑)

 

で、そんな、

「ややこしいオッサン」

を表す「代名詞的な肩書き」がブログ開始後もずっと見つからなかったのですが、2015年に『ミニマリスト』という言葉に出会って、無事、

『A1理論はミニマリスト』

と、相成りました(笑)

 

まぁ、お部屋スッキリ系やオシャレ系ミニマリストとはかなりかけ離れた、

「問題児系ミニマリスト」

ですかね?

 

 

で、この33巻のジン・フリークスさんは、「問題児系ミニマリスト」っぷりを遺憾なく発揮されてて、ジン・フリークスファンとしては、読んでてものすごく嬉しかったです(笑)

 

例えば、今回の暗黒大陸編の発端となったビヨンドの一派のアジト的な場所にずんずん入って行って、自分の行動哲学をぶちまける▼ジンさん!この『行動力』!!

f:id:A1riron:20160621175032p:image

 

そして、 ▼パリストンの野望をすべて「読んで」しまってて、それを常に先回りして「パッチ(対応策)」を充ててしまってるジンさん!!この『軍師力』!!

f:id:A1riron:20160621175055p:image 

で、そんなビヨンドの一派と、▼すぐに仲良くなってしまう『コミュニケーション能力』!!

▼このページとか、もう、ゲストハウスで暇つぶししてるパックパッカーの溜まり場の一風景でしかない!!(笑)

f:id:A1riron:20160621175109p:image

他にも、ただ「好き」なだけで、大学教授よりも言語学に長けてたり、いつもボロボロの服を着てるのに、めちゃくちゃ大金をもってて、それを惜しげもなく、

「同じようなバカ」

に投資してしまったり。

昨日、このブログで紹介した▼この人みたいなところもあります。

貯金王!本多静六の『私の財産告白』が復刊してたから即買いした!あなたは給料の何分の1を貯金にまわす? - A1理論はミニマリスト

 

僕は、「ジン・フリークス」は、一言で言うと、

『心技体』のパラメータが総じて高い人

なんだと思います。

 

常に、バックパックさえ持たない、ボロボロの服で旅をしてる『旅人』で、当然、モノはなんにも持ってないし、多分、家もないんだろうけど、

『心技体』のパラメータ

は常にマキシマムに設定してしまっている人。

 

カネは持ってたとしても、モノは買わず、

「バカなこと」

にしか使わない。

 

やっぱり、僕の理想のミニマリストはジン・フリークスさんで決まりでした。

僕の目に狂いはなかった!!(笑)

 

 

というわけで、

「問題児系ミニマリスト」

が好きな方は、▼HUNTER✖︎HUNTER33巻、オススメです!!(A1理論ブログもオススメです!w)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

HUNTER×HUNTER モノクロ版 33 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

 

「連載再開しないと思って、もう今までのHUNTER✖︎HUNTER、全巻売ってしまったよ!!」

という方はkindle版で▼全巻まとめ買い直しがオススメです!!kindle版なら場所は全くとりません!!しかも▼今なら20%のAmazonポイント還元が受けられます!!

 

しかし、次の34巻が出るのは一体、何年後なんだろうww

 

ていうか、ビヨンドが暗黒大陸に行く前に、冨樫か俺のどちらかが死亡している可能性もあるなww

 

そういう意味では、

最新刊』がいつ『遺書』になるかわからないハラハラ漫画

ですなw

(手塚治虫の「火の鳥」みたいにw)

 

この漫画こそが暗黒大陸から人類が持って帰ってきた『厄災』のひとつなんじゃなかろうか?ww