A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

発見は、自分の気の弱さや落胆と戦って積み重ねられた苦しい努力の結実です。(キューリー夫人)

【スポンサーリンク】

苦労人ですねぇ、キューリー夫人。

さすが夫の教え子(妻子持ち)と不倫していただけのことはある!w

マリ・キュリー - Wikipedia

 

キュリー夫人 [DVD] FRT-267

キュリー夫人 [DVD] FRT-267

 

 

 

しかしこの言葉はいい言葉、というか真実に近いと思いますねー。

 

ここでいう「発見」は科学技術のことだけを意味しないと僕は思うんですよ。

 

新しい生き方の「発見」、

新しい自分の興味の「発見」、

新しい友人の「発見」、

新しいコミュニティの「発見」。

 

これらは本当に何度も何度も落胆して、苦労して、半泣きになって、やっと「発見」できるんじゃないかと思います。

 

そんなお手軽に、スマホで検索してすぐに見つかるようなしろものじゃない。

どれだけ科学技術が発達しても、自分の生き方だけは苦労して苦労して「発見」していかないと、わからないんじゃないかと思います。

 

楽な方ばかり選んでたらいつまで経っても「自分」は「発見」できない、と僕は思います。

 

自分自身が「自分」のことを理解してなかったら、

自分のどういうところが「強み」なのか?

それをどういう人に売り込むべきなのか?

どういう仲間が必要なのか?

そのためにはどこに住めばいいのか?

どこの業界で働けばいいのか?

それらは永久にわからないと思います。

 

そしてその答えは一朝一夕に答えが出るはずないと僕は思います。

 

なので、今日も苦労して、落胆と戦いながら、「自分」と「世界」を『発見』し続けるべきなんじゃないかと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、バズの方法を発見してどうする!?