読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

大原扁理さん著『20代で隠居』第2章「隠居食のこと」を読んで余分な食費を断捨離!

【スポンサーリンク】

いやはや、驚きました!

大原扁理さんの『20代で隠居』の第2章の「隠居食のこと」の食生活が、僕の昨年のニート中の食生活(玄米菜食・健康が一番の節約)に酷似していたので!!

 

やっぱり、人間、することないと食べることと、健康のことを考えるのでしょうか?

 

つまり、ニートは健康にいい!!ww

ストレスもないし!!www

 

けど、明らかに僕と違うところは、、、

道に生えている野草を食べていること!!

これはすごい、、、

 

同じ東京でも、大原扁理さんは多摩地区、僕は新宿区、という違いはありますが、正直、野草を摘んで食べるなんて。。。

(子供の頃、田舎で親とヨモギを摘んで食べたことはありますが。。。)

 

本当、余分な食費を極限まで削っている方だと思いました。。。

さすが月7万生活者。。。

僕なら西友の大根や白菜をまるごと一つ買って、いろんな料理に使いまくるかな。。。

 

そんな第二章ですが、前半は大原扁理さんの、隠居に至るまでの過去も書かれていて、興味深いです。

 

それでは順にご紹介します!!

 f:id:A1riron:20160211205538j:image

 

第2章はまず、大原扁理さんの派遣社員時代の話から始まります。

労働環境はいいとは言えませんでした。

正社員でさえ3~4台がいいところなのに、私は多いときには7台の機械を1人で回し、休憩する時間も返上して走り回らなければいけないくらい忙しく、通路の前を正社員がタラタラ歩いてたりすると、こっちはお前みたいに暇じゃねーんだよ!と怒鳴り散らしたくなる。

 

この国の「派遣社員あるある」ですな。

 

正社員より派遣社員のほうが数倍頑張ってる職場はよーーくあります。

僕の前の職場もそうでした。正社員はふんぞり返ってて、働いているのは派遣社員ばかり。

 

で、正社員は派遣社員の倍の給料をもらってるのだから、実質、4倍以上の開きがあるわけですよ。

 

こんなのおかしい。

『人間は法の下に平等』だったんじゃないのか?

って思います。

 

世界的にも『同一労働・同一賃金』は常識です。

現代日本がおかしすぎる。

 

それでもまぁ、仕事だしな、と無理やり折り合いをつけながら続けていました。

しかしあるとき、このままずっと働いて、無駄にすると思われる時間やお金を勘定してみたら、なんだか人生がもったいなくなって、結局、派遣会社は1年ちょっとで辞めました。どう考えても割に合わないし、やってられません。

 

こう考えるほうが普通だし、逆にこう考えられない奴はヤバい。

飢えない国・時代に生まれて、低賃金で病んでまで働くのはおかしい。

 

『自分の人生』を守るために、日本の若者は▼『働かない権利』を自己防衛するべきだと僕は思います。

組織に『働く権利』を守ってもらう時代ではなく、自分で『働かない権利』を防衛する時代! - A1理論はミニマリスト

 

以前、20代の知り合いにこの時期の話をしたら、「12時間労働?そんなの普通だよ」と一蹴されてしまいました。

フツーじゃない場所にいると、それがフツ―になってしまう。すごく怖いことですが、今は珍しくもないことなのだと思います。

 

これ、もはや宗教ですな。

『日本労働者サティアン』w

 

ドラクエ5の「光の教団」のほうがまだマシなんじゃないの??ww

 

それ以外、社員と名のつく仕事はしたことがありません。

肩書は気にせず、人に迷惑もかけず、食べていくのに十分なくらい働いていればとりあえずよし、ということにしました。

 

英断です。

僕も、ギリギリ死なない程度のお金さえあればそれでいいです。

 

この時代、

「どれだけ年収を伸ばすか?」

より、

「どれだけ毎月の生活費(特に固定費)を削れるか?」

のほうが圧倒的に大事です。

 

人に媚びず、富貴を望まず。 

 

すると今までないがしろにしてきたものに目が行きます。

それが食でした。

 

『職』よりも、『食』のほうが大事ですな。

絶対的に。

 

長い時間をかけて、いろいろ試してみて、行き着いたのが、一汁一菜を基本とした粗食でした。

 

僕と同じです。

最近は働きだして、西友弁当とか多いですが。。。

(米は炊くのがめんどくさい。。。)

 

粗食は玄米菜食が基本で、野菜の皮も丸ごと食べてる完全食なので、栄養バランスが良く、何品も摂る必要ないのだそうです。

おかずが一汁一菜だけでいいなんて、最高にラク!

 

一汁一菜どころか、玄米だけで、あとは味噌汁もおかずも要らない『完全栄養食』だ、と言ったハイパー・メディア・クリエイターがいましたねw

いや、誰とは言いませんが、、、

私の名前は高城 剛。住所不定、職業不明。

私の名前は高城 剛。住所不定、職業不明。

 

 

はてなブログのメディア・クリエイター達も玄米食を目指せ!!

 

マクロビとか玄米菜食は、一般的に体にいいとされていますが、個人差ってありますよね。

食事療法を医者にすすめられたからとかならまだしも、玄米が嫌いということなら、食べない方がよっぽどハッピーだと思うんですけど。

 

そうなんですよね!

玄米も食べたくなければ食べなくていいんですよね!

無理が一番よくない!!

一番大事なのは自分が好きな、美味しい物を食べること!!

 

私は玄米の味も食感も好きなので、基本的に家で食べるときは玄米菜食。でも外で食べる時は気にしない、というスタイルです。

 

これも大事! 

玄米が健康にいいからと言って、玄米信者・玄米原理主義者になったらダメだと僕は思います!!

 

さて、いいところばかりを書いてきましたが、もちろん全能というつもりはありません。

なので、粗食を実践して困ったところも書いちゃいます。

ズバリ、欲がなくなる、ということです。

 

これは、ある!!

僕は欲がなくなる、というより、

「なにもしたくない。」

「いつ死んでもいい。」

「この歳まで生きれたことがすでに満足。」

って思ってしまいます。悟りの境地ですねwwww

常時賢者モードwww

 

やっぱり、▼無職は『ダウナー系の麻薬』だと思いますwww

『労働』は『アッパー系の麻薬』、『無職』は『ダウナー系の麻薬』だと思う。 - A1理論はミニマリスト

 

そんな感じで、これからもデフォルトは草食、オプションで肉食です。

 

適度に肉を食べるのは割といいと思います!

肉は時々食べればめちゃくちゃ美味しいですし。

 

剣心がデフォルトで「おろ?」っとしているけど、時々『人斬り抜刀斎』に変わるようにww

働きたくないでござる!!

絶対に働きたくないでござる!!

 

健康でいることが、長い目で見れば一番の節約になると思っています。

目先の安さに惑わされて悪いものを食べ続けて、結果病気になってしまったら、節約もあったもんじゃありません。

 

そうですね!

▼僕は『西式甲田療法』を生活習慣に取り入れるのが一番コスパいいと思います!

病気になる前に防ぐ!『西式甲田療法』を生活習慣に取り入れれば食費も浮いてコスパ最強!! - A1理論はミニマリスト

 

 

多摩地区は東京とはいえ自然の多いエリアで、注意して見てみると、本当にそのへんに、食べられる野草が生えているのです。

きちんとアクを取り、食べてみると、まあ野趣あふれる味といいますか、生きている喜びに満ちあふれているなあ、という感じでした。

素性のよくわからない遺伝子組み換えや、農薬とも無縁だし、言うなれば超オーガニックですよね。

 

でた、野草話wwww

この後、延々と野草の採り方と食べ方が延々と続きますwww

 

まずいきなり、猛毒の「ヤマトトリカブト」と激似の▼ヨモギ!

ヨモギ - Google 検索

f:id:A1riron:20160211210835j:image

 

▼確かに似てるwww

ヤマトトリカブト - Google 検索

 

間違ってトリカブトを食べてしまうと死にますww

ハイリスク・ローリターン過ぎるでしょうwwwヨモギwwww

 

 

次に▼ノビル。

f:id:A1riron:20160211210844j:image

 

どう見ても▼そこら辺の雑草ですw

ノビル - Google 検索

本当にありがとうございました。

 

けど、本文の簡単な調理レシピと、▼この献立を見てると、、、

 f:id:A1riron:20160211210906j:image

 

なんだかものすごく美味しそう、かつ、贅沢な食生活に見えてくるのが不思議です!

単なる雑草なのに!!!www

ヨモギのかけそば食いてー!!www

 

 

以上、第2章の感想でした!

 

本当、この人、隠居生活をめいっぱい楽しんでますね!!!

 

他にも野草レシピは▼この本の中にいっぱい出てきます!!

気になった方は 是非是非読んでみてください!!きっと人生観変わりますよ!!

20代で隠居 週休5日の快適生活

20代で隠居 週休5日の快適生活

 

 

次回は第3章「隠居に至るまで」のレビューです!!