A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『命』>『コミュニティ』>『時間』>『おカネ』>『モノ』

【スポンサーリンク】

関連画像

 

なんか、前にも同じような記事を書いたような気がするけれども、まぁいい。

 

『命』>『コミュニティ』>『時間』>『おカネ』>『モノ』

 

さっき、ふと思ったけれども、僕の人生の優先順位ってこんな感じになってるような気がする。

 

まず、当たり前だけれども『命』が最優先。死んだらなにもなくなる。

でも、意外とこれが最優先じゃない人が日本には多くて、命を無駄にする人が僕の周りでも結構いる。 

 

僕は20歳までの目標が『姫路からの脱出』で、たぶん、脱出できてなかったら、20歳そこそこで気が狂って死んでいたと思う。

 

で、35歳くらいまでの目標が「親の借金」と「学費の借金」という『双子の赤字』の返済。

 

「親の借金」が返せなくなれば実家が無くなるし、かといって、俺は姫路に帰ったら気が狂って死ぬので、当然、東京の家賃も払い続けなければいけない、さらに、学費も毎月請求される、というギリギリのラインで生きていた気がする。

 

しかも、風呂なしアパートの住人も問題ありで、かつ、常にmixi疲れ状態だw

もう、10年くらい、カネのことしか考えてなかったw

 

それが徐々に楽になっていき、まず2010年のグレーゾーン金利禁止で親の借金は少し楽になり、奨学金を全額繰り上げ返済。

さらに、まともな風呂ありアパートに引っ越し、さらに1年ほど働き、貯金も貯めて、仕事を辞めて職業訓練校に通い資格を取った。

 

それが35歳。

生まれてはじめて『命』の危機を脱出したのがこの辺だったんだろう。

僕は死ぬまでずっとこの状態かと思ってたから、ちょっとビックリだ。

 

ただ、30代前半に開催していた、仕事の勉強会兼飲み会の『コミュニティ』は仕事を辞めたことで解散。

ま、俺も特にその会は続けたくなかったので(就職・結婚したメンバーは抜けていき、ネガティブな人だけしか残ってなかった)、そこで改めて、

『コミュニティ』が欲しいと思った。

 

もう、カネがないことによる『命』の危機はなくなっていた。

世の中の人は、そこから、さらにおカネ儲けに走る人もいると思うけど、、、

『命』の次に僕が欲しかったのは結局、『コミュニティ』だったんだろうな。

 

いや、誰でもいい、どんな『コミュニティ』でもいいなら、近所のバーにでも行けばいいんだろうけど、僕が欲しかった『コミュニティ』は、

『自分と合う人』のコミュニティだ。

 

短い人生、『好きでも嫌いでもない人』と会ってる時間がもったいない。

 

 

で、その頃、ちょうど『はてなブログ』なるサービスが始まると知り、mixi出身で、mixiのシステムにうんざりしていた僕は、

「これなんじゃないかな?」

って思った。

 

でも、そこからしばらくは坦々とブログ更新していて、特に『コミュニティ』を作ることもできなかったんだけれども、2015年のミニマリストブームにより、いっきにオフ会三昧生活にw

で、それが今に続いている。

 

ぶっちゃけ、『命』が保証されてて、『コミュニティ』があれば、『おカネ』なんてギリギリ死なない程度あればいいと僕は考えるし、ましてや『モノ』なんて、いらないいらないww邪魔だwwww

 

 

けど、2015年は、その『コミュニティ』作りに夢中になってしまって、貯金が底を尽き、働き始めることに。

 

で、ある程度のおカネも貯まったので、

2017年7月で仕事を辞める。

『おカネ』よりも『時間』のほうが大事だ。

 

なぜなら、残り少ない人生の健康時間のなかで、『自分と合わない人』と会っている時間がもったいなさ過ぎるw

 

『自分と合う人』と会ってる時間だけが、『自分の人生』だ

と僕は考えている。

 

仕事自体は、そこまで嫌いじゃないけど、

『自分と合わない人』と会う時間がもったいない。

せっかく『コミュニティ』があるんだから。

 

逆に『自分と合わない人』とずっと一緒にいると健康を損なう。

これは僕が姫路に年1回しか帰らないのと同じだ。

 

とにもかくにも健康第一だ。

 

 

というわけで、僕はこれからも、

働いては、辞め、働いては、辞めを繰り返して生きていこうと思っているw

おカネなんて、最低限、ありゃあいい。

 

労働時間はミニマムに、

『自分の人生』を生きる時間はマキシマムに。

 

 

なぜなら、僕が人生において重視しているのは、

まずは『命』、次に『コミュニティ』だから。

 

それが僕の生き方なんだから仕方がない。