A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人生、苦境を悲しむ勿れ、光は闇を貫いてきらめく。(市村清)

【スポンサーリンク】

今日は日本人です!

市村清という人です。ググってみました。

市村清 - Wikipedia

『リコー』の創始者らしいです。

いやはや、こんな素晴らしい人を知らなかったなんて、本当、自分の勉強不足を痛感させられます。

 

wikipediaによると、経歴だけでも相当の苦労人のような気がします。

その中の言葉が全部すばらしいです。

「人の行く裏に道あり花の山」

「書いたものより口約束こそは守れ。うそをついてはいけない。」

「もし成功に秘訣があるとすれば、他人の立場を理解し、他人の立場から物事をみる能力を持つことである。」

 

ここからは誠実な人柄と堅実な経営理念がうかがえます。

 

そして若いころからの苦労が実り、

「経営の神様」としてマスコミの寵児となり、五島昇盛田昭夫ら若手経営者や大宅壮一邱永漢今東光升田幸三等の文化人が市村を取り巻いて教えを求め、世間はこれを「市村学校」と呼んだ。

らしいです。すげいな。

 

リコー三愛グループ創始者市村清と佐賀 (佐賀学ブックレット 2)

リコー三愛グループ創始者市村清と佐賀 (佐賀学ブックレット 2)

 

 

けど、

1965年、リコーは無配に転落し、世間からは一転してバッシングが浴びせられることとなる。

市村はこれに耐え、組織の効率化と業績給導入を柱とする改革を陣頭指揮で推進、「電子リコピー」の成功により2年後に復配を実現し、現在のOA機器メーカーとしての隆盛の基礎を築く。

 

もしかしたらこの、

人生、苦境を悲しむ勿れ、光は闇を貫いてきらめく。

という言葉はこの時に発した言葉なのかもれません。

 

生きていく上で『苦境』はどうしてもぶち当たってしまう関門かもしれません。

でも「光」さえあれば「闇」を貫いてきらめくことができる。

この「光」を放つことが大事なんでしょうね、人生において。

 

じゃあ、その「光」って一体なにかな?と思います。

もしかしたらその「光」は人によって違ってくるかもしれません。

「勇気」「目標」「信念」「理想」

 

そんな「光」を持つ人の元には「仲間」が集まってくると思います。

そしてさらに闇を貫くパワーになる。

 

最初はたった一人ですが「光」を放つことで、

どういう色の光か、

どういうテンポで点滅する光か、

そのテンポにどういう意味があるのか、

同じような「光」を放っている仲間が見つかるかもしれません。

 

なので大事なのはまず「光」を放つこと。

「光」を放ってみないとわからないことだらけだと思います。

 

もし今、人生の苦境にいる方は是非、自分の色の「光」を放ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、バズの光を放ってどうする!?