A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『モノ』ではなく、『頑張って生きている人』におカネを使えた時、人類はほんの少しだけ『優しく』なれると思う。

【スポンサーリンク】

昨年末、このブログでご紹介した、広島・尾道の▼『空き家再生プロジェクト』(通称:『空きP』)の過去最大級の空き家再生事業の

『みはらし亭』ゲストハウス再生計画

のクラウドファンディングが、、、

『みはらし亭』がゲストハウスに再生なるか!?尾道『空きP』がクラウドファンディングで200万の再生資金を募集中!! - A1理論はミニマリスト

 

なんと!!

目標額200万は早々(2月3日)に到達し!!!

坂の町・尾道の築100年の絶景空き家をゲストハウス「みはらし亭」に再生します! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

現在は『ストレッチ・ゴール』の300万を目指しています!!!(残り17日)

目標額達成のお礼とストレッチゴールの設定 - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

 

『みはらし亭』ゲストハウス再生は確定したので、今後、支援する方は確実に支援できます!!

興味が出た方、初めて知った方、追加で支援したい方は是非是非!!

まだ間に合います!!!

 

世界でいちばん頑張ってる君に

世界でいちばん頑張ってる君に

 

 

 

しかし、自分のことでもないのに、なんでこんなに嬉しいのか。

しかもお金まで払ってww

ブログで宣伝までしてwww

 

それは、

人類がほんの少しだけ『優しく』なった

と思えるからなんじゃないかな?

 

だって現時点で180人もパトロンいるんだよ!!

10万円支援してる人が2人もいるんだよwww

 

 

 

結局、20世紀までの人類はずっと、『モノ』に飢えていたんじゃないかな?

と思う。

 

だから『モノ』を作った人間にカネが流れた。

テレビを作った人、車を作った人、家を作った人、家電を作った人。

 

人一人のボランティア活動なんかより、『テレビを発明すること』の人類へ及ぼす活動コスパのほうが明らかに高かったんだと思う。

 

だって、この世に『ない』ものを作ったんだし、それによって人類のいろんな『夢』が叶ったんだから。

車しかり、パソコンしかり、スマホしかり。

 

 

けど、今は『モノ余り』の時代だ。

作れば作るほど、『モノ』は余っていく。

 

僕が▼こんな記事を書けるのも、 

おカネで『モノ』を買うなんてもったいない!!『働かないでいい時間』を爆買いするために僕は今日も働く!!!! - A1理論はミニマリスト

 

髭仙人が▼こんな本を出せるのも、

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

ぼくたちに、もうモノは必要ない。 - 断捨離からミニマリストへ -

 

 

世界に『モノ』が余りまくってるからだし、

『モノを発明すること』への人類へ及ぼす活動コスパが激下がりしているから

なんじゃないかな?

 

メーカーがなにを作っても、二番煎じ、三番煎じになるだけだし、『モノ』は常に飽和状態で、人類はすでに過剰な『販売広告』に食傷気味だ。

 

 

そして、

『仏教』という組織が時代が下がるにつれ腐敗したように、

『幕府』という組織が時代が下がるにつれ腐敗したように、

『大学』という組織が時代が下がるにつれ腐敗したように、

『軍部』という組織が時代が下がるにつれ腐敗したように、

 

20世紀に『モノ』を作って売ってきた『会社』という組織も、この時代はすでに腐敗しつつある。

 

人間は『正社員』というわけのわからない「造語」を作り、

「先人が『モノ』を作ってきた功績」

という名の既得権益に必死にしがみつき、隙あらば他人を蹴り落そうと躍起だ。

 

 

 

けど、同時に、人間は、そんな▼『ペンギンの国』に消耗しつつあるんじゃないかな?

「個性の時代」を生きる子供達に『この世界』を知ってもらうため是非読み聞かせたい絵本『ペンギンの国のクジャク』 - A1理論はミニマリスト

 

 

だって、人間社会を便利にするために『モノ』を作り、売ってきたはずなのに、その『モノ』を作るためや売るために消耗してしまったら本末転倒過ぎるwww

 

今は『ものすごく幸福な時代』なんだけども、

同時に『ものすごく不幸な時代』、

とも言える。 

 

 

 

でも、そんな時代に、

採算度外視で『頑張って生きている人』

って、やっぱりすごいと思うし、応援したくなる。

 

ネット・スマホの発達もあり、『モノを発明すること』よりも、

『頑張って生きていること』の人類へ及ぼす活動コスパのほうが高くなりつつある、

と、僕は思う。

 

『仏教』も、『幕府』も、『大学』も、『軍部』も、『モノ』も、『会社』も、当初は存在意義があったはずで、当初は人類へ及ぼす活動コスパは高かったはずだ。

 

けど、万物は流転するし、科学も進歩する。

 

今の時代は、

『仏教』を唱えた人よりも、

『幕府』を開いた人よりも、

『大学』を開設した人よりも、

『軍部』を創設した人よりも、

『モノ』を発明した人よりも、

『会社』を起業した人よりも、

 

採算度外視で『頑張って生きている人』が、

一番、人類に貢献しているのかもしれない。

 

宗教が教条主義になり、

国の機能が麻痺し、

企業が単なる既得権益化しているこの時代。

 

人類を『ポジティブ』にしていくのは、採算度外視で『頑張って生きている』▼『ポジティブな一個人』なんじゃないかな?

『ポジティブな一個人』が21世紀の日本に「ポジティブ」を供給する。 - A1理論はミニマリスト

 

人類は『モノ』より、『思い出』より、なによりも▼『頑張って生きている人』を求めているんじゃないかな?

『モノ』より、『思い出』より、頑張って生きている人を『応援』するためにお金を使いたい。 - A1理論はミニマリスト

 

 

そして、20世紀的な『モノ』ではなく、

『頑張って生きている人』にお金を使えた時、

人類はほんの少しだけ『優しく』なれるんじゃないかな? 

 

 

 

というわけで、

自分は『頑張って生きている』!!

と思う人は情報発信しまくったほうがいいですよ!!

 

いつ潰れるかわからない『会社』にしがみつくより、個人で『頑張って生きる』ほうが、もしかするとコスパいいかもしれません!

 

具体的な活動をしなくても、毎日、ブログを書き続けることで応援してくれる人は増えていきます!!

『ポジティブに生きている』ことでお金がもらえる時代。 - A1理論はミニマリスト

 

 

僕はこれからも『頑張って生きている人』にお金を使うために、頑張って生きていきたいです!!