A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人生は学校である。そこでは幸福よりも不幸の方がよい教師である。(フリーチェ)

【スポンサーリンク】
▼ロシアの文学史家フリーチェさん。

『フリーチェ(Vladimir Maksimovich Friche)』の意味と定義(全文) - 辞書辞典無料検索JLogos

はじめて知りました!
芸術社会学 (1952年) (創元文庫〈E 第4〉)

芸術社会学 (1952年) (創元文庫〈E 第4〉)

 

 

不幸論 (PHP文庫)

不幸論 (PHP文庫)

 

 

 

 

 
この言葉、いい言葉ですね。
歳をとるほど実感します。

「幸福」を「成功」、「不幸」を「失敗」と言い換えてもいい気がします。

 

ずっと「幸福」「成功」続きだと、その「幸福」「成功」を構成している要因のひとつひとつを実感できないと思います。

「幸福」も「成功」もいろんな要因が重なり合ってその状態に到達してる訳であり、その要因を認識したうえでの「幸福」「成功」と、認識してない「幸福」「成功」ではだいぶ意味が違ってくると思います。
 
前者は再現性の高い「幸福」「成功」であり、後者は再現性が限りなく低い「幸福」「成功」だと思います。
 
後者においてはかなり「偶然」に近いと思います。
駆け出しのお笑いタレントがいきなり売れたけど、そのあと全く売れず、そのうち「一発屋」と呼ばれるように、再現性の低い「幸福」「成功」はかなり危険だと思います。
 
再現性の高い「幸福」「成功」に近ずくには、もう途方もないくらい多くの「不幸」「失敗」が必要な気がします。
 
そして「不幸」や「失敗」が多ければ多いほど再現性がどんどん高くなる。
傾向と対策を学ぶからでしょうね。
 
人生は意外とゲームバランスが取れてる、と、この歳になってやっとわかってきました。
 
でもこのゲームのダメなところは、「不幸」や「失敗」がずっと続く時があること。これがしんどい。
 
ずっと続いてると、もう「幸福」や「成功」は永久にこないんじゃないかと思ってしまうこと。
 
で、もう生きるのがイヤになってしまってログアウトする人がいること。
それがこのゲームの一番のバランスが悪いところ。
 
でも、「不幸」や「失敗」が続いていても、いつか必ず「幸福」や「成功」がきます!
しかも再現性の高い「幸福」や「成功」です!
 
その日が来るまで、どうにか耐え忍びましょう!もうそういうゲームなんです!(笑)
 
ひとつ大事なのは「不幸」や「失敗」続きでも、絶えずポジティブであること。
そして他人を責めないことだと思います!
 
ちょっとずつ、ちょっとずつ前進していけば、少しずつ「幸福」や「成功」が近ずいてくると思います!
「三歩進んで二歩下がる」くらいでもいいと思います!
 
「若い時の苦労は買ってでもしろ」
という言葉が、言葉ではなく心でいつかわかる日がくると思います!
 
その日まで、どうかポジティブで!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

で、バズることがそんなに幸福なの?