読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人生は『ハマ』るかどうか!!

【スポンサーリンク】

※単なる日記です

 

最近、

「『A1理論さん(仮名)、最近、頑張ってる!』って、みんな言ってますよ!」

と、職場で言われ出した。

 

大変、ありがたい言葉だ。

 

 

 

が、あえて言おう、

「頑張ってはない!『ハマ』っただけだ!!」

と!!w

 

11月から始めたこの仕事だけど、、、

現場の『需要』

と、

僕が「したい仕事」、という『供給』

が、がっちり『ハマ』っただけだww

 

 

まぁ、もちろん、頑張ってないことはないけど、

僕から言わせれば、遊んでるだけだww

「遊び」を頑張ってるだけだwww

 

単に『この仕事』という、『ゲーム』に『ハマ』っただけだwww

 

小学生時代にドラクエに『ハマ』ったように、

中学生時代に無人島へのキャンプに『ハマ』ったように、

高校時代に文化祭の演劇の脚本に『ハマ』ったように、

仮面浪人時代に受験勉強に『ハマ』ったように、

大学時代に学内掲示板(インターネット)に『ハマ』ったように、

バックパッカー時代にアジア横断旅メルマガを書くことに『ハマ』ったように、

帰国後、働きながらmixiのオフ会開催に『ハマ』ったように、

30代前半に仕事の勉強会兼飲み会開催に『ハマ』ったように、

30代中ごろに資格試験に『ハマ』ったように。

 

今の仕事を始めて3ヶ月経って、だんだんいろいろ『ゲームのルール』がわかってきて、『ハマ』ってきただけだwwww

 

誤解を恐れずに言えば、

単なる『趣味の世界』なのだwww

 

 

セルがセルゲームを、

「これは趣味だ!」

と言い切ったように、僕も断言しよう!

「これは趣味だ!」

とwww

 

 

もう少しちゃんと言えば、

仕事の▼『ゲーミフィケーション』が出来てきたのだ。

ゲームにすればうまくいく―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク

ゲームにすればうまくいく―<ゲーミフィケーション>9つのフレームワーク

 
営業のゲーム化で業績を上げる: 成果に直結するゲーミフィケーションの実践ノウハウ

営業のゲーム化で業績を上げる: 成果に直結するゲーミフィケーションの実践ノウハウ

 

 

もしかしたら、

「仕事ができる人間」

っていうのはおそらく、この世にはいなくて、

「仕事を『ゲーム化』している人間」

と、

「仕事を『仕事』と思ってる人間」

しかいないのかもしれない。

 

 

仕事を『仕事』と思ってる人は、永遠に『仕事』しかできないと思う。

 

でも、仕事を『ゲーム』だと思ってる人間は、

どんどんパワーアップしたり、

レアなアイテムを見つけたり、

裏ワザを見つけたり、

仲間を増やしたり、

していくんじゃないかな?

 

彼らにとっては仕事は『自分』という『主人公』を育てていく『育てゲー』だからだ。

リアル・グリードアイランドだからだ。

 

 

島田紳助と松本人志の昔の番組『松本紳助』のとある回で、2人とも、

「俺らは別に『頑張ってない』!!」

と断言して、意気投合していたwww

 

そして、

「むしろ、俺らは(飲食業等の)普通の仕事はできひん。」

と言ってたw

 

 

これはおそらく、この2人が『お笑い』という仕事を『ゲーム化』できてるからだろう。

 

で、その自らが『ゲーム化』した世界をただひたすら極めているだけで、仕事をしているつもりはない、遊んでるだけだww

 

なので、飲食業等の、普通の『仕事』っぽい仕事は、

「よーできへん!」 

となるんじゃないかな?

(2人とも『有能な怠け者』だなwww) 

 

島田紳助の『ゲーム化』はこの▼『XとYの法則』という動画からもうかがい知れます。

www.youtube.com

 

▼続き。

島田紳助 XとYの方程式の話 - YouTube

 

(ちなみにこの一連の動画はすべて神動画なので、時間があるときにまとめて視聴をオススメします!!) 

 

 

 

 

つまり『孫子の兵法』の、

「『敵』を知り、『己』を知れば百戦危うからず」

だ。

 

『敵』を知り、『己』を知ることで、

現実が『ゲーム化』できる。

 

 

さらにこれも『孫子の兵法』で、

算多きは勝ち、算少なきは散る。ましてや算無きおや。(孫子) - A1理論はミニマリスト

 

自分で『ゲーム化』した「世界」について、戦略を練りまくる、すべての分岐パターンを網羅し、対策し、パッチをあてる。

 

 

 

僕は、 

 

軍師・黒田官兵衛も、自分で作った『信長の野望』にひたすら『ハマ』っただけだと思う。

 

軍艦『三笠』の秋山真之も、自分で作った『大戦略』にひたすた『ハマ』っただけだと思う。

 

ホリエモンも、自分で作った『いただきストリート』にひたすら『ハマ』っただけだと思う。

 

 

 

自分で現実世界を『ゲーム化』し、『ハマ』れれば、ゲームで遊んでるだけでお金が入ってくるし、ゲームもどんどん楽しくなってくるし、ドラクエと同じでお金(ゴールド)が入ることでいろんな選択肢も増える。

 

逆に『ハマ』れなければ『仕事』は永遠に『仕事』のままだ。

 

 

 

 

で、僕はこれは「仕事に限らない」と思う。

 

『仕事』はたまたま給与が発生する、というだけで、、、

 

給与が発生しなくてもハマれることはいっぱいある。

 

僕は大事なのは「給与が発生するかどうか?」ではないと思う、

 

大事なのは、

 

①現実を『ゲーム化』できるかどうか?

②その自分が作ったゲームに『ハマ』れるかどうか?

 

だと思う。

 

 

 

なので、極論を言います。

 

人生は『ハマ』るかどうか!!