A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

「人生の目的」はやっぱり『自分らしく生きること』なんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

突然ですが、

「人生の目的」ってなんでしょう?

 

人生の目的 (幻冬舎文庫)

人生の目的 (幻冬舎文庫)

 

 

 

これにはいろんな考え方があっていいと思います。

 

 

僕の意見を言うと、

『自分らしく生きること』

なんじゃないでしょうか?

 

 

なんでそう思うかというと、

人間が必ず絶対に到達する『死』という必須イベントから逆算

してみたらそうなりました。

 

 

『死』。

厳密には『死の直前』に後悔しないことが大事なんじゃないかな、と思うんですよ。

 

そこで、今までの人生に後悔してしまう生き方こそが、絶対的な『詰み詰みルート』だと思います。

組織が構造的に『詰み詰みルート』に入ってきた時は秒速でバックれたほうがいい理由。 - A1理論はミニマリスト

 

ラテン語で言うと『メメント・モリ』ですね。

メメント・モリ - Wikipedia

 

 

じゃあ、具体的な、

『死の直前の後悔』ってなんでしょう?

 

このブログでも何度か紹介していますが▼この記事。

ナースが聞いた「死ぬ前に語られる後悔」トップ5 | Pouch[ポーチ]

 

この記事のトップ5は要約すると、すべて1位の、

1. 「自分自身に忠実に生きれば良かった」

に集約されると思います。

 

 

逆に、死ぬ直前に後悔しなかった人ってどんな人でしょう?

 

HONDAの本田宗一郎氏は死ぬ直前に言った言葉が、

「満足だった。」 

 らしいです。

死ぬ前に何を望みますか?本田宗一郎の場合は… | ゆるゆる倶楽部 まとめde Goo!

 

先ほど、本田宗一郎氏のこの名言集の記事を読みましたが、、、

心に響く 本田宗一郎 伝説の名言集 - NAVER まとめ

本当、子供のように『好きな事だけ』をして生きた人だったんじゃないかな、と思いました。

 

 

また、昨年のNHK大河ドラマ『軍師官兵衛』の主人公・黒田官兵衛の辞世の句は、

 

 「おもひおく 言の葉なくて つひにゆく みちはまよわじ なるにまかせて」

 

だったと言われています。

黒田官兵衛 辞世の句 | 心に残る辞世の句

 

これは要約すると本田宗一郎氏と同じく、

「満足だった。」

 ってことなんじゃないでしょうか?

 

軍師・黒田官兵衛は、戦乱の時代に「好きなように生きれた」からこそ、「満足」だったんじゃないでしょうか?

 

 

その先人達の言葉から『傾向と対策』を考えると、やはり、

『自分らしく生きること』

こそが人生の目的なんじゃないかな、と思います。

 

実際、このブログでまえにご紹介したKEIKOさんは、ある日、突然、心停止し、「死」を垣間見たからこそ、▼退院後は自分らしく、生きていくようになりました。

永遠の夢に向かってすべてを『捨て』よーー!!! - A1理論はミニマリスト

(ダテにあの世は見てねーぜ!!)

 

 

 

先日、▼この記事で、

もし誰かを幸福にしてやりたいと思うなら、その人の欲望の量を減らしてやれ。(セネカ) - A1理論はミニマリスト

 

DIOとエンヤ婆の人生観を取り上げてみましたが、、、

 

生きることが、

「欲するものを手に入れること」

と言ったエンヤ婆にしろ、

 

「生きることとは恐怖を克服すること」

と言ったDIOにしろ、

 

 

「非常に20世紀的な人類だなぁ。」 

と、僕は思います。(DIOは人間を辞めてますが。。。)

 

まぁ、この第三部連載中はまだ20世紀で、物語の設定も1988年なので、20世紀的なのは仕方ないのですが、、、

 

 

21世紀の多くの人類は、発展途上国の人間でさえ、衣食住にはほとんど困らなくなっていて、人類の多くは、

「すでに多くの恐怖を克服している」

と、僕は思っています。

 

マズローの欲求5段階説で言うと、下2段は地球上のかなり多くの人間が満たされている状態。

マズローの欲求5段階説 |モチベーション向上の法則

 

なので、僕自身が人生において大事なのは、上3段を満たすことだと思います。

「社会的欲求」

「尊厳欲求」

「自己実現欲求」

 

で、この上3段の欲求はすべて、

『自分らしく生きること』

に集約されるんじゃないでしょうか?

 

 

『自分らしく生きる』こと。

「自己実現欲求」を満たすことで、それを応援してくれるフォロワーが徐々に増えていき、「尊厳欲求」や「社会的欲求」が満たされ、さらに大きな「自己実現」に近づいて行く。

 

20世紀までと違うのは、その「社会的欲求」や「尊厳欲求」を満たす『社会』そのものが、

20世紀的な「マス・マーケティング」な社会ではなく、

人間がクラスタ化、または▼トライブ化している社会のことなんじゃないかな、と思う。

セス・ゴーディン:我々がリードする部族 | TED Talk | TED.com

 

クラスタ化・トライブ化の時代になってくると、そのクラスタ、そのトライブ内での存在が認められれば、それ以外の人間は「モブキャラ」になるんじゃないかな?

好きでも嫌いでもない、別クラスタ・別トライブの人間。

これは家族でさえ、例外ではない。

 

 

そうなると、21世紀の人間の生き方は、いやがおうにも『ドラクエ4的人生』になるんじゃないかな?

『持たない幸福論』を最速読破した「今、苦しんでいる人」へ絶対にオススメするブログを使った『ドラクエ4的人生』。 - A1理論はミニマリスト

自分にとっての『導かれし者たち』以外は好きでも嫌いでもない「モブキャラ」になる。家族でさえも。 

 

 

逆に、エンヤ婆やDIOのような、

20世紀の価値観を引きずっている人間は、

死ぬ直前に後悔する可能性が非常に高いと思う。

 

「20世紀型の教育」という『イルミの針』が脳内に植え付けられていたことを死ぬ直前に知っても遅すぎるんじゃないかな、と、僕は思います。

 

 

では、具体的に、

『自分らしく生きる』

にはどうしたらいいのか?

 

それについては、明日、僕の意見を書こうと思っています!! 

また、見てくれよな!!w