A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『勤労』に『感謝』してしまうから、ブラック企業が潰れないし、うつ病も減らないんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

三連休の今日は『勤労感謝の日』らしいですが、、、

 

その名前、おかしくないですか?

 

『勤労』に『感謝』する・しないは人の勝手でしょう?

 

むしろ個人的意見を言うと、

日本人、『勤労』に『感謝』し過ぎw

※個人の意見です

 

まず『勤労』という漢字からしておかしい。

仕事なんて、もっとテキトーにやっときゃいい。

※個人の意見です

 

貧乏人が仕事を頑張れば頑張るほど、なんにもしてないブラック企業の幹部連中が肥え太るだけだ。

※個人の意見です

 

いや、もちろん、仕事はあるに越したことはない。

ただそれは、「コンビニがあるに越したことはない。」という程度の意味で、

「うちから徒歩5分のところにコンビニがあって良かった。」

程度の感謝でいい。

 

「自分の健康時間」という人生最大のリソースとトレードオフできる価値のある労働にだけ従事し、割に合わない労働には遠慮なく「NO!」を叩きつけるべきだ。

そこを必死でしがみつくから、ブラック企業は栄え、うつ病は増え続ける。

 

「仕事」とか、もっと言えば「お金」とか、どーーーでもいいんです。

「自分の健康時間」をどう有意義に過ごすか、だけを考えときゃあいいんです。

 

ましてや、誰が作ったのかもよくわからない会社が回らなくなろうが、潰れようが、そんなの知ったこっちゃないんです。

 

平家が滅んだように、信長が討たれたように、ブラック企業が滅ぶのは「自然の流れ」「歴史の必然」なんです。

その「自然の流れ」「歴史の必然」に必死に抗おうとしてるのが『勤労』に『感謝』してしまっている人たちだと僕は思います。

 

まるでアフガニスタンの「ムジャヒディン」。

自分たちは『聖戦士』だと思い込んでいる。 

ブラック企業の幹部を支えることが「ジハード」だと信じて疑わない。

死んだとしても「ジハード」で死ねば、あの世でいい思いができると吹き込まれているから、喜んで死んでいく。

 

雇用身分社会 (岩波新書)

雇用身分社会 (岩波新書)

 

 

 

しかし、なんで「単なる休日」にこんな名前がついてるんだ?

「休日」なんだから休むことに集中させろよwww

 

それにはこの名前をつけることで、誰か「得する」人間の心理が潜んでいるはず。

推理小説と同じだ。

その「犯人」の心理を「読めて」ないとトリックにハマり続ける。

 

と、思ってwikipediaを見てみたら、、、

勤労感謝の日 - Wikipedia

勤労感謝の日が制定された1948年に日本はまだ米軍の占領下にあったが、占領軍は国家神道と結びついた新嘗祭を危険視した。

当時力をもっていた占領軍の左派勢力は、米国の Labor Day と Thanksgiving Day を併せた Labor Thanksgiving Day という祝日を考案し、これを和訳したのが「勤労感謝の日」である。

 

『勤労』日と、『感謝』日を組み合わせた造語じゃねえかよ!!

 

あくまでも、

Labor & Thanksgiving Day

であって、

Thanks for Work Day

じゃない!

 

なんだよこれ、テキトーじゃねえか!w

 

むしろ、労働者の日じゃねぇかw

 

 

というわけで、勤労に感謝する必要なしですw

 

今度から勤労に感謝してる人を見たらこう言いましょう、

「まだ勤労に感謝してるの?」

とwww

 

 

感謝する場合は、週2,3日の労働くらいでも死なない程度の生活ができる、豊かな国を作ってくれた爺ちゃん、婆ちゃん達に感謝するべきだと僕は思います。

 

 

かくいう僕も今月から働き始めます! 

働く理由は、もちろん勤労に感謝するためではなく、

ゲストハウスに泊まりたいカネ欲しさですw

 

この世に『ゲストハウス』というものが存在することに感謝!!