A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

雇用保険受給資格者証を役所の窓口に持って行けば国民健康保険料が30/100になるよ!(東京都新宿区の場合)

【スポンサーリンク】

僕は2017年7月で退職し、2017年12月にハローワークに離職票を提出しました。

 

そして、昨日、▼『雇用保険説明会』に行き、『雇用保険受給資格者証』をもらったので、、、

雇用保険説明会inハローワークもまあまあ楽勝!私服で所要時間2時間弱!『雇用保険受給資格者のしおり』を読み込んでいけば問題なし! - A1理論はミニマリスト

 

本日、先ほど、役所に行き、

国民健康保険料の軽減手続きを行ってきました!!

 

これは▼退職前に新宿区役所に「住民税」と「国民健康保険」の値切り交渉に行った際に、、、

失業予定者が「住民税」と「国民健康保険」の値切り交渉のために役所へ行った結果!!!! - A1理論はミニマリスト

 

「新宿区は住民税は安くなりませんが、会社都合退職なら国民健康保険は軽減される制度があります。」

と言われたからです。

 

そのときもらった▼冊子にも確かに書いてありました!

f:id:A1riron:20170614195255j:image

 

このブログ記事のタイトルはわかりやすく、

「国民健康保険料が30/100」

と書いていますが、正確には、

「所得のうち給与所得を30/100として保険料を算定」

してくれる措置のようです。

 

いやー、しかし、僕は前回の退職の時も会社都合退職だったのに、この制度を知らなかった。。。

(かなり損してたな。。。)

 

 

で、昨日、僕がハローワークでもらった▼雇用保険受給資格者証には、、、

離職理由「23」の数字が!!

これは対象コード!!

 

なので、東京都新宿区では、

国民健康保険料の軽減措置を受ける権利を満たしています!!

 

ハローワークでもらった▼『雇用保険受給資格者のしおり』にも確かに書いてあります!!

 

 

で、

実は先日、僕が住んでいる高田馬場にある新宿区『戸塚特別出張所』で▼その記入用紙を事前にもらってきていました!

なんでも、この国民健康保険料軽減措置の手続きは区役所に行かなくても、この『戸塚特別出張所』でできるとのこと!!

 

 

というわけで、

先ほど、この用紙を記入し、『雇用保険受給資格者証』を持って『戸塚特別出張所』に行ってきました!!

 

 

で、朝早く行ったので空いていたのはよかったのですが、残念ながら、窓口で受け付けた職員の方は要領を得ないおじさんで、話があんまり通じなかったのですが、雇用保険受給資格者証のコピーを取り、しばらく待たされたあとに、、、

 

「本日、免許証などの写真付き本人(身元)確認書類はありますか?」

とのこと。

 

免許証を持ってない僕は、

「しまった、パスポートを忘れた。」

と思った。

 

▼確かに書いてある、、、

f:id:A1riron:20170614195255j:image

●必要書類

・雇用保険受給資格者証

・個人番号確認書類

・本人(身元)確認書類

 

で、▲その「本人(身元)確認書類」はというと、この冊子の▼表紙裏を見ると、、、

この時は保険証しか持ってなかったw

 

で、

「家に帰れば、パスポートありますが、、、」

というと、

「あ、少々、お待ちください。」

とのことでしばらく待ったあと、、、

 

「あ、こちらの書類で大丈夫です。」

と言われ、

「え!?パスポート要らないんですか!?」

となった。

 

これは謎なんだけれども、

国民健康保険の手続きだから保険証だけでよかったのかな???

 

 

で、受付終了したあと、僕が、

「これは8月から遡って計算して頂けるのですよね?その結果はいつごろわかりますか???」

と聞くと、また、

「少々、お待ちください、、、」

と待たされました。

 

 

で、その後、回答を聞きましたが、そのおじさんはかなり説明の仕方が下手で、僕が何度か聞き返しましたが、要点をまとめると、

・間違いなく退職直後の8月から遡って保険料を算定

・その算定を役所が行うのは来年1月で、その結果が家に届くのは1月中

・もし、払い過ぎていた場合は還付

・払い過ぎていなかった場合は新しい納付用紙で納付し、今の納付用紙は破棄

ってことっぽい。(たぶん。。。)

 

ま、とりあえず、来年1月になんらかの封筒が送られてくるので、それを待つことにしよう。

 

 

というわけで、

みなさんも退職するまえにはお住まいの役所で、国民健康保険料や住民税の軽減措置があるかどうか確認を!!

 

特に東京都の場合で、会社都合退職の場合はこの、

「所得のうち給与所得を30/100として保険料を算定」

措置が受けれる可能性が高いので、是非、事前の確認を!!