読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

現代日本人はすでに『国民総セミリタイア状態』なんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

さっき、とれいCの▼この記事を読みました。

セミリタイア? 会社を辞めた体験録 - さよならいいこ

 

で、僕が考えたことは、、、

 

僕は実際、とれいCのように2、3年くらいで退職する正社員もいっぱい見て来たし、僕のように、だらだらと3、4年、同じ仕事を派遣でする人間もいる。

 

そう考えると

『リタイア』ってなんだろう?

って思う。

 

日本人って、『仕事』をマラソンとかトライアスロンとかと勘違いしてるんじゃないか?

って、思うことが僕にはよくある。

 

僕は基本的に「働きたくないでござる!」な人間なので、出来れば、

働いては休み、働いては休み、

しながら生きていきたいし、今までもそうやって生きてきた。

 

「残業・休日出勤の熱血正社員!」

みたいな人を見ると、

「よーやるわ。(アホちゃうん)

としか思わないw

 

僕にとっては、働くことよりも、毎日たっぷり寝ることや、ブログに駄文を書き続けることや、ミニマリスト仲間とオフ会することや、ゲストハウスバーで飲むことや、下諏訪の温泉に浸かることのほうが100万倍くらい大事だw

 

マリコさんの▼この記事に関しても、

夢を叶える目標達成シート① - 毎日が好き

 

こんな感想w

 

僕はスポーツ全般、大嫌いだ。

理由は「意味がない」からw

そんな時間あるなら、寝るか、ブログ書くか、旅するか、下諏訪行く!w

 

中でもマラソンは大嫌いで、学生時代はしんどくて、ずっと歩いてたw

 

で、なんでそんな大嫌いなマラソンを学校卒業してまでせなあかんねん!w

しんど隠者!!ww

 

意味がないマラソンなんてしなくても、この国では餓死する確率は極めて低いし、毎日、日本食を食べれるし、毎日、ブログ書いてればtwitter等で自分と親和性の高い人と出会える。

 

ゲストハウスも各地にできてきたし、

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 
まちのゲストハウス考

まちのゲストハウス考

  • 作者: 真野洋介,片岡八重子,明石健治,豊田雅子,飯室織絵,加納亮介,蛇谷りえ,井筒もめ,森岡咲子,武田昌大,田中惇敏,西村祐子,Yone(米村知倫)
  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2017/03/16
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

 

なにより、この国には『下諏訪』がある!!w

 

「仕事がなくなったら、餓死してしまう!」 

って言う日本人が時々いるけど、僕から言わせれば、

「じゃあ、餓死している人、見たことある?」 

だ。

実際にはこの時代、インドでも餓死者を見ることは稀だ。(たまに見ますw) 

 

僕から言わせれば、

『仕事』程度のことで▼なにを『マジ』になってるの?

だw

こんな じんせいに まじになっちゃって どうするの? - A1理論はミニマリスト

 

実際に、僕は学生時代、就職活動がアホらしくなって、旅ばっかりしてたし、卒業後は、アジアを陸路で横断する長旅に出た。

アジア横断 (旅行人ノート)

アジア横断 (旅行人ノート)

 

 

今でもそれは全く後悔してないし、むしろ、あの時代のアジアを見なかったら激しく後悔していただろう。

 

「戦争しているアジアを陸路で横断するなんて!何考えてるんだ!?」

って言う人がいるかもしれないけど、僕の答えは3つ。

「戦争中のアジアより、普通の時の中南米や南アのほうが危ない。」

「万が一、死んだら『学費の借金』と『親の借金』という『双子の赤字』を返済しなくていい。」

「ていうか、旅で死ねるなら本望!」

だw

 

で、僕は残念ながら、五体満足で帰国してしまったため、帰国後は10年ほど極貧生活だったけど、10年くらいテキトーに働いていたら脱貧困できた。

 

残りの人生、物欲のない独身のミニマリストおっさん1人食わしていくなんて、わけない。

(が、人一倍よく食うんだ、これが!w)

 

 

なので、「仕事余り」「空き家余り」のこの国で▼『食っていけるかどうか?』を考える時間は断捨離なのだ!

21世紀に『食っていけるかどうか?』を考えるのは意味がないので、そんな無駄な時間は断捨離すべき! - A1理論はミニマリスト

 

そんな時間あれば、▼空き家改修技術である「左官」や「床張り」の技術を高めたほうがいいよw

0円で空き家をもらって東京脱出!

0円で空き家をもらって東京脱出!

 
フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

フルサトをつくる 帰れば食うに困らない場所を持つ暮らし方

 

 

なので、仕事のことで悩む『時間』なんて、

無駄、無駄、無駄、無駄、無駄、無駄ァァァァァ!!!!

「承太郎さん!『時間』を止めろー!!」

 

この時代、『仕事()』なんて頑張っちゃダメなんだ!

なにより頑張るのは▼『サードプレイス』の構築だ!!

今の日本で仕事なんて頑張っちゃダメ!頑張るのはミニマリスト生活と『サードプレイス』の構築! - A1理論はミニマリスト

 

僕から言わせれば、

『学生寮』の延長のような生活が望ましい。

生活コストが限りなくタダ!みたいなw

 

僕が住んでいた学生寮は寮費が月3千円で、

「東京で一番安い『家賃』」 

とか言われていたw 

 

ホント『家賃』が安いと天国ですw

人生で、『家賃』こそが一番高い出費なんだから、それをミニマムに抑える努力こそが、仕事を頑張ることより何百倍も大事だw

 

そして、なによりも、寮には『コミュニティ』があった。

いや実際の寮の『コミュニティ』は、20世紀を引きずってるような感じで微妙だったんだけど、『コミュニティ』があったこと自体はすばらしい。

『コミュニティ』さえあればあとは臨機応変にアップデートしていけばいいんだから。

 

21世紀日本という、

『なんでもありそな国』で、

ただひとつないモノ『コミュニティ』。

 

ただ、今は、SNSやブログの発達や、日本各地のゲストハウス、政府の地方創生事業等で、

「自分と親和性が高い人達が住む地域に移住する」 

なんて話もよく聞くようになってきた。

モノ<おカネ<時間<自分を『理解』してくれる人 - A1理論はミニマリスト

 

これからは、自分で好みの『コミュニティ』を探せる時代だ

と思う。 

 

そして、ミニマリスト生活をしていれば、おカネはそんなに必要ない。

月10万円以下で生活できれば、仕事なんてなんでもいいんだし、そうなれば、次は月9万円、月8万円、、、と、生活コストをそぎ落とすことに神経を注げばいい。

 

仕事のことで悩んだところで、自分のチカラではどうしようもないことが多いんだから徒労に終わることが多い。

でも、ミニマリスト生活は自分のチカラでコントロールできる!!

 

「人生で大事なことは、自分の生活を『自己コントロール下に置く』こと!」

だと僕は思う。 

 

 

で、そう考えると、この時代はタイトル通り、 

現代日本人はすでに『国民総セミリタイア状態』なんじゃないかな?

って思ってしまう。

 

『仕事』なんて、してもしなくてもいいんだから、悩んじゃったり、苦しんじゃったりするのはナンセンス!!

 

今こそ大声出して言おう!!

「働きたくないでござる!!絶対に働きたくないでござる!!」 

と!!ww

『レールに乗っかる人生』よりも、『働かなくていい人生』のほうが尊い!! - A1理論はミニマリスト

 

退職理由なんて、

「働きたくないから!!」 

でぜんぜんOK!!

すわ!退社!!ww

 

 

21世紀は、

「餓死なんてしないし、まぁ餓死してもいいや!」

みたいな、ゆるゆるな生き方でOK!

 

大事なのは仕事ではなく

▼『A1能力』を発動しながら生きているかどうか?

だw

誰でも天賦の才を持って生まれてくる。だが、生きていく過程で『才能』が失われる。(バックミンスター・フラー) - A1理論はミニマリスト

 

むしろ、この時代、

『リタイア』

という概念を持ってるヤツのほうがヤバいんじゃないかな?

 

「ジョジョ リタイア」の画像検索結果

 

「何言ってるんだ!おまえも大人なら、ちゃんと汗水垂らして働け!!」

って言う人はいるだろうけど、

そういう人は「プロダクトの『生産性』」がカンストする以前の『世界』、つまり20世紀のプロトコルを引きずっている。

 

この時代、20世紀のプロトコルを引きずっている限り、『日本企業』という名の『ブラック企業』に、

『残りの人生の健康時間』

という名の、人生最大のリソースをボラれ続ける人生になる。

 ボラボラボラボラ!!! ボラーレ・ヴィーア!!!!!

 

それは非常に人生コスパの悪い生き方だ。

 

 

というわけで、

僕は、明日も▼『働かなくていい時間』を爆買いするために働きます!!w

おカネで『モノ』を買うなんてもったいない!!『働かないでいい時間』を爆買いするために僕は今日も働く!!!! - A1理論はミニマリスト

 

そんなわけで、

アリーベデルチ!!

 

 

あ、ちなみに、この記事、途中でネットワークエラーが起きて、2/3くらい同じ文章を思い出しながら書き直しました。。。

これ、人類の技術でどうにかならんものか。。。