A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人はみな『●●に詳しい無職』なんじゃないかな?

【スポンサーリンク】

※今回はいつも以上にわけがわかりません

 

今日、ふと、通勤時間に思った、

人はみな『●●に詳しい無職』なんじゃないかな?

とwww

 

 

世の中、星の数ほどいろんな職業がある。

 

でも、結局、それは『職業』とされているから『職業』なのであって、本来は、

『ラーメンの作り方に詳しい無職』

『特定の商品にやたら詳しい無職』

『特定の言語にやたら詳しい無職』

『ブログ運営にやたら詳しい無職』

なんじゃないかな?

 

サラリーマンも、

『特定の会社の社内事情やパワーバランスにやたら詳しい無職』

なだけであって。 

 

 

そんなオタクが『職業』として認められているから『無職』じゃないように見えているだけで、本来は、

『ガンダムのモビルスーツにやたら詳しい無職』

『ジョジョのスタンドにやたら詳しい無職』

『特定の国の料理にやたら詳しいバックパッカー』

『特定の歴史上の人物にやたら詳しい定年後のじいさん』

と、たいして変わらないんじゃないかな?

 

東大卒プロゲーマー (PHP新書)

東大卒プロゲーマー (PHP新書)

 

 

 

 

『おカネ』が、特定の権力から『おカネ』と認められているから『おカネ』の機能を果たしているだけであって、それがなければ「ただの色がついた紙切れ」なだけであって。

 

『国』が、国連やらオリンピック委員会やら大企業やらから『国』と認められているからこそ『国』なのであって、それらがなければ、単なる「土地と建物」なだけであって。

 

 

『職業』も、それを認める人がいるから『無職じゃない』ことになってるだけで、本来は、人間はみなイノセントな『無職』なんじゃないかな?

 

「いやいや、なに言ってるんだ!俺は社員証も入館証も持ってるぞ!」

という人がいるだろうけど、それは本来は単なる色が付いたカードやICカードなだけであって。

 

「俺は資格や免許を持ってるぞ!」 

という人も、それは単なるインクが付いた紙なだけであって。

 

 

で、そんな単なる色が付いたカードやICカード、インクが付いた紙にこだわる『無職』ほど、本来の●●には詳しくなかったりする。

中途半端な無職。

 

本来の●●に詳しい人ほど、そんな物理的な証明書なんかどうでもよくて、自分の好きな●●について、心からハングリーに極めていたりする『無職』なんじゃないかな?

 

で、そういう人は「おカネ」にもあんまり執着してなくて、ただただ「●●を極められればそれでいい」とだけ考えていて、「おカネ」なんて、「●●を極めるためにギリギリ死なないくらいにあればいい」くらいに思ってるんじゃないかな?

 

 

 

で、今の時代に生きている人間の特権は、

自分がやたら詳しい●●についてブログで書き続けていれば、ギリギリ死なない程度のカネが入ってくること

なんじゃないかな?

 

ど田舎の空き家に住んで、野菜を育てて自炊していれば、ギリギリ死なない程度には生きていける、どんな『無職』でも。

 

●●に中途半端に詳しいけど色の付いたカードを持っている『無職』

になるくらいなら、

カネはないけど、●●についてはめちゃくちゃ詳しい『無職』

になって生きていったほうがいい、同じ『無職』なら。と考える人もこれからは出てくるんじゃないかな?

 

もしくは、

●●と、■■と、◆◆についてそこそこ詳しく、それらの知識を習得してきた過程において、その類似性を見出した『無職』

とかw

 

 

これからの時代、単なる権威に裏打ちされただけの社員証や免許なんて、ほとんど価値がなくなってくるんじゃないかな?

 

大事なのは、

なにに詳しい『無職』なのか?

なんじゃないかな?

 

人間の脳の処理能力も、記憶容量も、人生の健康寿命も、そんなに個体差はない。

だったら、自分が詳しい●●をアピールしたもん勝ちになっていくんじゃないかな?

 

 

人間は今までの時代も、そういうのは木簡とか、パピルスとか、活版印刷術とかでアピールしていたと思うけど、、、、

 

スマホとブログが一般的になってきた現代、人間は再び、全員『無職』に戻って、その末に、この世界は「新しい世界」になっていくんじゃないかな?

 

フラット化する世界(上)

フラット化する世界(上)

 

 

 

※な、なにを言っているのかわからないと思うが、俺もなにを言っているのかわからない、、、

 

ま、しかし、本来「わかる人だけがわかればいい」というスタンスのブログなので、これでいいのかw