A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『ミニマリズム』は危険な国家転覆思想!?ミニマリストブロガーは現代版『魔女狩り』『赤狩り』のリスクもミニマムに設定すべし!!

【スポンサーリンク】

なんと!!
この21世紀でも『魔女狩り』『赤狩り』を行っている村がこの地球上にあるらしいです!!

 

そんな野蛮な村はどんな「未開の地」にあるかというと、、、
なんと!!この経済大国日本にあるのです!!!

 

え!?日本のどこにあるのかって???
それが、、、

一体どこにあるのか、全く持って???な村なのです!!


その村で『魔女』『赤』と認定されている危険な国家転覆思想は、、、
『ミニマリズム』!!

 

この村では『ミニマリズム』思想を持っているだけで目をつけられ、

村民の中の声の大きな人間のたったひとつの記事で『魔女』『赤』と認定されてしまうのです!!

 

魔女狩り (「知の再発見」)

魔女狩り (「知の再発見」)

 

 

 

野蛮過ぎるだろ!!!www
そりゃあ高知の人から『あの村は気持ち悪いですから』って言われるわwwww

 

 

なんでもその村民の言い分によると、

『良いミニマリズム』『悪いミニマリズム』

があるらしいです。


で、その基準はなんなのかというと、、、

 

なんと!!

「その村の声の大きい人」が決めるらしいです。
それって単純にその人の主観やその時の気分次第だよね???
つまり『好き』か『嫌い』かだよねぇ???

 

で、その村の声の大きい人の基準に従って、ある日突然『魔女』『赤』が選定され、その村に長年続いてきた独特のルールにより裁かれる。

 

法廷でその『魔女』『赤』認定された人たちは、

世にも恐ろしい▼『片づけの魔法』を使って人心をときめかせた罪

に問われ、事実上、その村から存在を消される。

人生がときめく片づけの魔法

人生がときめく片づけの魔法

 

 

 

 

魔女狩りを続けるその村民達の言い分は、
「ミニマリズムが浸透すると日本が終わる!!」
とのことですが、、、

 

いやいやいやいやいやいやいやいや、、、、

日本人はそもそもどう考えても働き過ぎだ。

まず、これが大前提。

 

で、その中でも社会インフラを整えている人やどうしてもこの人がいないとヤバいっていう人はもちろん必要だろう。

 

けど、多くの20代とかはかなりの安月給で残業・休日出勤させられてこき使われていて、、、


で、結局、その20代従業員の半奴隷労働の結果、

肥え太っているのは経営者一族とか、

特定の大学を出た『最初から出世が決まっている人』、

とかが全部とは言わないがかなり多いだろう。


実際に僕が今まで見てきた会社はそんなん

ばーーーーーーーーーーーーーーーーーっかりだった。

 

そういう一族経営の悪質な会社や『最初から出世が決まっている人』を今まで見たことない人からしてみれば絶対に信じられないかもしれないけど、実際、毎日そんな会社にいて朝から晩までこき使われていたり、無理して働いてうつ病や潰瘍性大腸炎になったりしてる人を傍で見てきた人からしてみれば、
「自分の貴重な人生削って、経営者一族に奉仕して、なにやってるの???」
ってことが一番伝えたいことだろう。

 

社会インフラを整えている人はまず仕事を辞めないだろう。なぜなら公務員や半公務員みたいなものだから。つまりオイシイから。
で、その「オイシイ椅子」の定員は決まっているんだから辞めたら補充されるだけだ。(箱舟はいっぱい)

 

そんな社会インフラとは全く関係ない、あってもなくても国民生活になんの支障もない、いやむしろすでに『オワコン』な昭和の商品を一族や『出世が決まっている人』を肥え太らせるために無理やり売らされていたり、毎日クレーム処理してへとへとで、もう生きようか死のうか迷ってるレベルの人に、

「そんなことするために生まれてきたんじゃないよね??あなたのお母さんはそんなことさせるためにお腹を痛めてあなたを産んだんじゃないよね??」

ってことを伝えたいだけなんじゃないか???

 

それを伝える手段で一番手っ取り早い手段が、ポケットからスマホを取り出せば誰でもいつでもどこでも読める『ブログ』という素晴らしいツールだろう。

 

そこに置いておけば、鬱になる前に、潰瘍性大腸炎になる前に、死んでしまう前に読んでくれるかもしれない。
特に自分と同じ性別・業種・地域・家庭環境・趣味の人から言われたら、もしかするとひとつの人生が救われるかもしれない。

 

生活費をミニマムにして、

シェアハウスに住んでいろんな人に出会ったり、

ゲストハウスに宿泊していろんな人と話したり、

海外就職している人を知ったり、

空き家を活用して生活している人を知ったり。


そこをフックにして『人生をカスタマイズ』していくことを知れるかもしれない。自分の今までいた世界が狭すぎることを知ることができるかもしれない。

 

その手段、人と人とを結ぶ「メディア(中間媒体)」こそがブログなんだと思う。
これは旧来のテレビ・ラジオ・新聞等の消費型メディアではなく、

『ずっとそこに存在する』蓄積型メディア

であるブログが持つ最も尊い機能だと僕は思う。

 

 

もちろん、個人の好みはあっていい、

というか、あるのが当たり前だ。

 

だからミニマリズムに『良いミニマリズム』も『悪いミニマリズム』もない!
ミニマリストの数だけミニマリズムがあり、

その記事を読んだ人の数だけ、またミニマリズムがある、

と僕は思う。

 

あるミニマリストだけを強烈に好きになるも良し、
何人かのミニマリストを足して人数分で割るミニマリズムも良し、
あるいは記事単位で好きなミニマリズム記事をEvernote等に集め、自分だけのミニマリズムを作るも良し、

そんなのは個人の自由だ。
当たり前だ。その人の人生なんだからwww

 


一番の問題はそのメディアであるブログの中の村の声の大きい人間が、特定のブログの特定の記事の特定の部分だけを勝手に夜遅くに祭り上げ、
「こいつが日本を終わらせようとしている!!」
『魔女認定』して存在を消そうとすることだ!

 

その人がそのブログやその記事を嫌いなのは別にいい。個人には料理でも服でも「好み」があるから。
しかし『ミニマリスト』で「気に食わない」だけで存在を消そうとするのは『魔女狩り』『赤狩り』以外のなにものでもないじゃないか!!


万万が一、絶対にないと断言できるレベルだが、それでも万万が一、
「ミニマリズムが浸透したら日本が終わる!」
というなら、そんな国なら滅んでしまえばいい。

 

鬱になったり、潰瘍性大腸炎になったり、生きようか死のうか迷い続けながら生きていかないといけない国なんて、

滅んでしまったほうが世のためだ、と僕は思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

と、前置きが長くなったところでここで本題です♪

 

上記のようなことをどれだけ言おうが、その村の人間は「声の大きな人」の言うことに従うので、

どれだけ主張してもあんまり意味ないですww

 

 

なので大事なのは、

①これから『魔女狩り』『赤狩り』がさらに本格化していくだろう

ということを踏まえ、

②それに関してこちらは感情的にならずにテクニカルに対処してリスクをミニマムに押さえよう!

という2点です。

 

 

まず、

 

①これから『魔女狩り』『赤狩り』がさらに本格化していくだろう


に関しては今までブログの中だけの言葉だった『ミニマリズム』がテレビや雑誌等の大手メディアに取り上げられることが予想されるためです。

 

で、その度に『良いミニマリズム』『悪いミニマリズム』論争がその村の中で頻繁に繰り返されると思いますが、ポイントは、、、

この論争には加わらない!!関わらない!!ww

 

なぜなら人の数だけミニマリズムがあるから!

それはなぜなら人の数だけ人生があるから!

はい議論終了!!www

 

 

一つ一つの記事が『良いミニマリズム』か『悪いミニマリズム』かは、それを見た人が個々に、自分の人生経験や置かれた状況、やりたいこと等から判断すればいいのです。

 

『良いミニマリズム』『悪いミニマリズム』論争をそんな狭い村の中でやっても、結局「声の大きい人」が勝つ完全な出来レースです。本当にありがとうございました。

これに加わる労力は完全段捨離!!

 

ちなみに僕はこの論争は今後1年くらい続くと思います。
その後はミニマリズムは浸透すると思うので「あったあったそんな論争www」と5年後くらいに懐かしがられることでしょうwww

 

なのでその無駄な議論には加わらない、

下手に自分の『魔女狩り』『赤狩り』リスクを高めない!

 

 

 

で、僕が出した答えは非常にシンプルで、

②それに関してこちらは感情的にならずにテクニカルに対処してリスクをミニマムに押さえよう!

ということです。

 

 

結論から言うと、

僕は本日、この記事より、

はてブコメント欄を閉鎖しました!!!

 

個別非表示や事前個別非表示等もして、さらに記事ごとの非表示も検討しましたが、もうめんどくさいのでコメント欄自体を閉じました。

▼やり方はこちら。 

初心者向け図解!はてなブログではてなブックマークコメントを非表示にする設定方法はとても簡単 - はぴらき合理化幻想

 

コメント欄を閉じても本人はブコメは見れるそうなので今までとほぼ変わらないかな、と思っています。

デメリット特になし!!www

 

むしろいつどういう経緯で起こるかわからない

『魔女狩り』『赤狩り』のリスクを減らせた精神的余裕

のほうが最大のメリットです。

別にいつでもすぐに戻せますしね。

 

『魔女狩り』『赤狩り』認定してきた声の大きい人のブログ記事に村民のどうしようもないコメントはつくでしょうけど、それはそれでこっちに物見遊山のPV流入しますしねw

で、コメント欄閉鎖しててもネガコメつけたければつければそれはそれで1はてブになる。誰にも見えてないけどwwwwww

 

あえてデメリットを言うと、ブコメによるバズが起こりにくいというのもありますが、、、
『魔女狩りバズ』なんて要りませんwwww

 

本当にいい記事を書けばちゃんと『綺麗に』バズります。
バズ自体に執着する心を断捨離!!

はてブでバズってもアドセンス収入そんな変わらないしwww

 


ひとつネックだったのは、コメント欄を閉じてもそれ以前のコメント欄は自動的には閉じられないこと。

なので過去の記事を突然『魔女狩り』『赤狩り』される可能性はあります。

 

その対処法は、

①事前に手動ですべての記事をコメント欄閉鎖する

②『魔女狩り』『赤狩り』が始まったら記事単位で閉鎖する

 

過去記事が少ない人は①でいいと思います。50記事以下の人とか。

個別非表示画面の一番上から記事ごとにコメント欄閉鎖!

 

でも僕みたいな200記事超えているとしんどいので、②で。
これはスマホからいつでもどこでもできますからね。

(スマホのコメント画面一番下のPC画面切り替えで)

 

「あいつ炎上しだしたらコメント欄閉じたぞ!!」

と思われるのもめんどうなので、PC画面のサイドバーに、

『ブコメは非表示にしています。』

とあらかじめ明記。

「非表示って最初から書いてたでしょ!」

と言える。

しかもこれだと閉鎖後にはてブ数は残るしwwww

 

 

等々いろいろ書いてきましたが、一番言いたいことは、村民の感情的な『魔女狩り』『赤狩り』に対しては、こちらは逆に感情的にならずに、冷静にテクニカルに対処しましょう、ということですw
僕はこれは「はてなブログ」のカスタマイズの一環と完全に割り切っています。

 

いや、むしろこの『魔女狩り』『赤狩り』の風潮を逆手にとって露出を増やす戦略ですww
(この記事にもネガコメ大歓迎!!!こい!!ネガコメ!!!「俺を半殺しにしろー!!!」wwww)

 


なのでブログやブログ説明、ブログ村ボタンに『ミニマリスト』『シンプルライフ』と明記してあったり、そういう記事を頻繁にアップする人は、

今後はコメント欄閉鎖を推奨です。


ミニマリストが突然テレビ・雑誌などでいつ特集されるかは予測不可能なので、いつ『魔女狩り』『赤狩り』が起こるかのタイミングは全く読めませんから!
『魔女狩り』『赤狩り』が起きてからあわてるより、事前に予防しておくほうが何事も圧倒的にコスパがいいです!!備えあれば憂いなし!!

 

また、サイドバー上部に僕みたいに最初から『ブコメは非表示にしています。』と明記しておくといいと思います。
自分のブログ運営スタンスをあらかじめ明記。

 

もしはてブコメント常時非表示にしない人は『魔女狩り』『赤狩り』が起きた場合に即時にその記事のはてブコメントだけ非表示できるように一度、実際にスマホで非表示の練習をしてみましょう。すぐに戻せますから。

 

 

特に過去2回のその村での『魔女狩り』『赤狩り』の傾向から言うと

「20代女性」のブログが狙われやすいです。

まんま『魔女狩り』ですね。
(過去の2人ともそれから立ち直るのにそれ相応の時間を要しています!)
20代女性が狙われる理由はよくわかりませんが、おそらくその村はおっさんばっかりで異文化過ぎるからなんじゃないかと思います。

 

ただ、過去2回がそうであっただけで、

今後はどうなるかわかりません!
なので『ミニマリスト』『シンプルライフ』系ブログはなんらかの策を練っておきましょう!!

僕のオススメは何度も繰り返しますが、コメント欄非表示です!
で、ブロガーどうしの交流はtwitterメインにすることです!!

(ていうか今もそうだしねww)

 


あと、まえにも書きましたが、できればミニマリストの方は▼このkindle本を読んで、その村と10年戦ってきた先輩から過去の傾向と対策を学ぶのがコスパいいです!
スマホにkindleアプリ入れればkindle端末なしでスマホで読めます!

「Chikirinの日記」の育て方

「Chikirinの日記」の育て方

 

 

もしくは▼この本を立ち読みでもいいので是非読んで頂ければ!大型・中型書店の店頭のPC端末で検索するか店員さんに聞きましょう!内容は上の本とほぼ同じです!

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

「自分メディア」はこう作る! 大人気ブログの超戦略的運営記

 

この村の住人は「情弱」な点をよく突いてくるので、

最低限の知識を身につけておきましょう! 

 

 

 


このように、ミニマリストは今後ますますこの村では風あたりが厳しくなって行くことが予想されますが、、、


この国でミニマリズムを必要としている人にコスパのいいライフスタイルを届けるため、『魔女狩り』『赤狩り』に遭わず、反応せず、生き残っていきましょう!!