読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

8月27日(土)は『すわ まちの教室』と、『サロンしもすわ』を往復すれば諏訪地域を考える3つのイベントに参加可能!

【スポンサーリンク】

長野から帰ってきて、すぐに仕事に行き、また長野のことばかり考えているA1理論です!

 

さて、この8月27日(土)は今年も

『すわ まちの教室』

があります!

 

▼『まちの教室』とは2013年に長野市篠ノ井で始まり、長野各地に広まっていった「学びの場」です。

まちの教室とは | まちの教室|nagano campus networking

実際の町のいろんな場所が『教室』になる、という楽しい『授業』です!

毎月第4土曜日に、長野のどこかで開催!

 

僕は去年の夏、たまたま8月15日にブログ仲間の「にゃんす」と立ちよった下諏訪で、にゃんすがえらく気に入った、当時できたばかりの古絵本屋さん「&」の店長の小口さんに教えてもらい、その翌週に実際に参加しました!!ものすごく楽しかったです!!

僕がこの夏、3回も下諏訪に行った理由。 - A1理論はミニマリスト

(そこで、のちの『ゲストハウスガイド100』を出版するだりさんとも初めて出会えました!!)

 

ていうか、今、『まちの教室』のサイトを見たら、この▼小口さん、『まちの教室』の代表になってるじゃないですか!!!

つくっている人々 | まちの教室|nagano campus networking

東京⇔下諏訪の二拠点生活で、古絵本屋さんもしながら、『まちの教室』も毎月開催しているなんて、若いのにすごい!!

(俺も負けてられない!!)

 

 

で、本日(8月20日)、今回の『すわ まちの教室』の午後の授業が発表されました!

 

少しまえに発表された午前の授業は、蔵前『Nui.』、下諏訪『マスヤゲストハウス』、松本『栞日』『tabi-shiro』等をデザインしてきた東野さんが、現在、クラウドファンディングで300万の資金調達に挑戦中の『リビルディングセンター・ジャパン』予定地の▼上諏訪で行われます!

廃材利用で豊かな暮らしを。信州諏訪にリビルディングセンターをつくる! - CAMPFIRE(キャンプファイヤー)

授業コーディネーターも東野さんがします!

 

講師は名古屋でアンティークショップを運営する株式会社studio trussの原佳希さんという方です。

【受付中】廃材・古材の再利用から考える諏訪や日本のこれから | まちの教室|nagano campus networking

 

【受付中】廃材・古材の再利用から考える諏訪や日本のこれから

ー vol.052 すわ まちの教室 2016年8月授業/廃材・古材の再利用から考える諏訪や日本のこれから

 建築建材のリサイクルショップ兼カフェであるReBuilding Center JAPAN(リビセン)を工事中の長野県諏訪市に、名古屋からstore in factoryというアンティークショップを運営する株式会社studio trussの原佳希さんをお招きして廃材・古材の再利用からこれからの諏訪や日本を考えます。会場はリビセンの工事中の現場になります。


 増え続ける空き家、解体されていく古民家、捨てられる廃材、変わっていく景色。いま日本の地方都市はどこも同じような問題を抱えています。

 

一方アメリカでは廃材利用やDIYの精神が根付いており築100年以上の建物を解体するにはその材料の再利用が義務付けられた都市も出てきました。

 

10年以上アメリカに通い古物を扱ってきた僕の大先輩をお招きして、アメリカのいま、日本のこれからなどざっくばらんな話からこれからのことを考えます。

 

まさに、これからのリビセン(リビルディングセンターの略)の始まりを感じさせられる授業です!!

 

諏訪地域が、

『日本のポートランド』

と呼ばれる日がくるのか!?

 

モノは持たないけど「古いモノ」を眺めるのは大好きな僕は、ワクワクしてきます!!

 

 

 

そして、本日発表された午後の授業は!!

 

【受付中】どうして長野県内で映画撮影が多いのか!?フィルムコミッションってなに? | まちの教室|nagano campus networking

【受付中】どうして長野県内で映画撮影が多いのか!?フィルムコミッションってなに?

ー vol.053 すわ まちの教室 2016年8月授業/どうして長野県内で映画撮影が多いのか!?フィルムコミッションってなに?
 

わたしたちの住む街で、頻繁に映画撮影が行われている。映画撮影が地域で行われている背景には、エキストラだけではなくいろんな人が関わり、協力があります。街で映画撮影が行われるということはどんな意味があり、どんな恩恵があるのか?地域で映画を誘致することを、映画撮影に関わる人を通して深く探っていきます。

 

とのことです!

 

ぶっちゃけ、僕は映画はほとんど見ないのですが、、、

(映画に限らず「映像メディア」は最後まで集中力が続かずにほとんど途中で寝てしまう。。。テレビも持ってません)

 

フィルムコミッション自体に少し興味あります。

確かに、上諏訪とか、めちゃめちゃ映画とかドラマの撮影地になってますからねぇ。

 

会場は上諏訪の蔵元ショップ「セラ真澄」です!

 

 

というわけで、去年は下諏訪で3授業あったのが、今年は上諏訪で2授業しかない。

 

で、本日、

「ピンッ!」

とひらめきました!!

 

その間に、『サロンしもすわ』のイベントに出れるんじゃないかな!?

と!!!

 

『サロンしもすわ』のイベントは、

毎週土曜日 13:00~15:00 参加費500円

で、下諏訪駅前通りの『サロンしもすわ』の2階で行われます!

 

ちなみに本日8月20日は僕のtwitter仲間の▼中田五郎さんが『下諏訪町の魅力について』をしゃべったらしいです!!ww

(まぁ、僕が中田五郎さんを『サロンしもすわ』の樽川さんに紹介したのですがw)

f:id:A1riron:20160821013512j:image

 

しかも、8月27日の『サロンしもすわ』のお題は、

「諏訪圏のあしたを考える」

で、ちょっと『まちの教室』っぽいじゃないですか!!

(その上の「徒然草」も気になるけどw)

 

 

で、当日のスケジュールを乗換案内で調べると、、、

午前の東野さんの授業が終わってすぐに12:14の電車に乗って、下諏訪に行って、サロンしもすわ2階のイベントを待つか、上諏訪でご飯を食べて13:08の電車で下諏訪に向かってもいいでしょう。

とりあえず、午前の授業とサロンしもすわの話の時間は被りません。

f:id:A1riron:20160821013520p:image

 

 

で、▼サロンしもすわの話と、午後の授業は若干被ります。

どちらを被らせるかは、サロンしもすわの話を聞きながら考えてもいいかもです!

f:id:A1riron:20160821013528p:image

 

 

というわけで、僕もこの8月27日(土)の両イベントに参加します!!

東京から青春18きっぷで日帰りです!!

 

しかし、今年の8月は仕事と遊びですべての日が埋まりましたよw

(しかも仕事の日も仕事終わりにオフ会行きます!w)

 

追記:

サロンしもすわは土曜日は講演会のみで、ランチはやってないそうです。

本文も修正しました。