A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

「町のネズミ」は『数字病』の感染源だと思う。

【スポンサーリンク】

▼イソップ童話で「町のねずみ」と「田舎のネズミ」の話がある。

田舎のネズミと町のネズミ - Wikipedia

 

Wikipediaから抜粋すると、、、

【あらすじ】

田舎に住んでいる一匹のネズミが、御馳走を振る舞おうと仲の良いのネズミを招待した。

二匹は土くれだった畑へ行き、玉蜀黍大根を引っこ抜いて食べていたのだが、町のネズミがこう言った。

「君はこんな退屈な生活によく暮らせるな。ねえ、僕のところへ来ない?そうすれば珍しいものが腹一杯食べられるよ。」

田舎のネズミは二つ返事で承知すると連れだって町へと向かった。

 

ある建物に着くと町のネズミは、パンチーズといった見た事も無い御馳走を田舎のネズミに見せた。

めくるめく御馳走を前に田舎のネズミはお礼を述べ、食べようとした。その時、何者かが扉を開けてきた。二匹は潜りこめる狭い穴をみつけると一目散に逃げ込んだ。

 

そして、彼らが食事を再開しようとすると、また別の誰かが入って来た。すると田舎のネズミは、急いで帰り支度を整えてこう言った。

「こんなに素晴らしい御馳走を用意してもらってすまないけど、こんなに危険が多くてはとても楽しめません。僕には土くれだった畑で食べている方が性に合うのです。あそこならば、安全で怖いこともなく暮らせますから。」

 

【教訓】

幸せは人それぞれで、

満足できる形や安心できる場所は異なる。

まちのねずみといなかのねずみ

まちのねずみといなかのねずみ

 

 

いわゆる、

「田舎者は帰れ!帰れ!」

系の話ですなw

 

僕は『東京で働ける』というのも、ひとつの▼『才能』だと思っている。

「東京で働ける」という『才能』。 - A1理論はミニマリスト

 

「田舎者は帰れ!帰れ!!」

と行く手を阻むエジンベアの門番の横をすり抜ける「きえさりそう」の役目を果たすのが『東京で働ける』という『才能』なんじゃないかな、と思う。

(例えがマニアック過ぎるなww)

 

 

けど、

『東京で働ける』

のと、

『東京に馴染める』

のは違う気がする。

 

『東京で働ける才能』がある人間が、必ずしも『東京に馴染める』わけではないと思う。

 

ちなみに、僕は18年いても全く馴染めてないw

東京に馴染めないけども、経済的な理由で東京に住まざるを得ない田舎のネズミが、▼「シェアハウス系ミニマリスト」や「神田川系ミニマリスト」なんじゃないかな、って思う。

ミニマリストを『家』別に5タイプに分類してみたよ!それぞれのタイプの愛読書も紹介!(追記で計6タイプになりました) - A1理論はミニマリスト

 

 

田舎に20年いて、東京に出てきて18年の僕が最近、思うのは、

「『町のネズミ』は『数字病』の感染源なんじゃないかな?」

ってことです。

 

『町のネズミ』は『数字』が大好きだ。

生まれてすぐに『スクールカースト』に組み込まれ、

中学受験・高校受験・大学受験と、偏差値ごとに振り分けられ、

就職活動期に入ったら、少しでも年収の高い企業を目指し、

働き始めたら、毎日、数字!数字!数字!を求められる。

 

 

そんな生活に何年も染まってしまってから、田舎に帰ったり、田舎のゲストハウスに泊まったりすると、

『数字の呪縛』 

から解き放たれたような気がして、ものすごい開放感を覚える。

 

www.youtube.com

 

 

で、改めて、

「東京は『数字病』にかかっとるな。。。」

 と思う。

 

 

僕は好きで東京に行ったし、30代前半までは「親の借金」と「学費の借金」という『双子の赤字』を返済するために、通帳に印字された数字を上げることばかりを考えていたから、そこまで『数字病』には気づかなかった。

というか、完全に自分も『数字病』に感染していたww

 

でも、田舎に残った同級生とかは『数字病』は大っ嫌いだと思う。

ずーーーーっと、「田舎」というアナログな世界にいる人間は『数字病』という「町のネズミの論理」に組み込まれるのを非常に嫌う。

 

 

逆に、生まれてから今まで、町でしか生活したことのないエスターク(学生寮時代の同室)にそういう話をすると、

「田舎の人間はなにを甘いこと言うとんねん!!世の中、数字!数字!数字や!」

と、言ってた。

 

 

そう言えば、昔、カンボジアのゲストハウスで出会った20代の旅行者が、

「アジアは都会より田舎のほうが絶対におもしろいじゃないですか!?」

って言ってて、同じ20代だった僕は首をかしげてしまった。

 

20代の僕にしてみれば、アジアの田舎も、日本の田舎もほとんど同じ光景で、田舎が嫌で嫌で東京に出てきた僕からしてみれば、田舎なんてたいくつでしかたなかったし、アジアも東京も、都会こそが刺激的で、多様性のある世界だった。

学生寮があった田無でさえ、僕的には田舎過ぎて嫌だった。 

 

なので、その旅行者の言葉に対しては、

「おまえはなにを言ってるんだ!?」 

的な気がした。

 

けど、僕も東京生活が長くなってくると、その(当時)20代の旅行者の気持ちもわかるようになってきた。

おそらく、彼は、東京生まれ、東京育ちの、

「町に消耗しきった、町のネズミ」

だったんじゃないかな?

 

 

おそらく、世の中には、大きく分けて、

●町に住み続けたい、町のネズミ(エスターク)

●田舎に住みたい、町のネズミ(カンボジアで会った人)

●町に住み続けたい、田舎のネズミ(シェアハウス・神田川系ミニマリスト)

●田舎に住み続けたい、田舎のネズミ(田舎の同級生)

と、

●田舎から町に出てきたけど、やっぱり田舎のほうが性に合うネズミ(A1理論w)

の5種類のネズミがいるんじゃないかな?

 

 

ここで言う「町」「田舎」の定義は様々だけど、、、

 

東京で言うと、中央線の三鷹から西の方はなんとなーーーく、「田舎」な感じがする。

▼『20代で隠居』の人も東京(杉並区)に消耗しきって、多摩地区で隠居生活中だ。 

大原扁理さん著『20代で隠居』第3章「隠居に至るまで」は若者が隠居に至るまでの現実がリアルに描かれています! - A1理論はミニマリスト

 

 

関西で言うと、「都会」と「田舎」を分ける境界線は、

明石の子午線あたりなんじゃないかな?

と思う。

 

だから姫路人と神戸人の会話は永久に平行線だwww 

姫路人は『数字病』を町から運んでくる神戸人が大っ嫌いだし、

神戸人は同じ兵庫県なのに『数字病』に染まらない姫路人が大っ嫌いだww

 

田舎のネズミから言わせれば、

数字なんて誤魔化すことができまくるし、数字だけを上げるだけのスキームを持っている人間の勝ちだ。つまり完全な出来レースだ。 

 

イギリスのチャーチルは、

「私は自分が集計した統計しか信じない!」

と言ったらしいが、これは名言で、数字のマジックなんていくらでも操作できる。

それなら数字を操作した人間の勝ちじゃん。

 

 

田舎のネズミはそんなくだらない『数字病』世界に組み込まれずに、田舎でマイペースに生きていくほうが人生コスパがいいのだろう。 

 

 

『数字病』は『黒死病』に似ている気がする。

感染するとそのうち、消耗しきって死んでしまう病のような気がする。

 

町に出てきたはいいけど、『数字病』にほとほと疲れたネズミは、学費を返済したら、のんびりできる田舎に逃げるのが一番の得策な気がします。