A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

まともな人はまともな人と、DQNはDQNと惹かれあう理由を考えてみた!

【スポンサーリンク】

今夜の『考えてみよう』シリーズは!!

 

世の中、

まともな人はまともな人と、

DQNはDQNと、

なぜ惹かれあうのか?

を考えてみたいと思います!

 

「そういうものだ」と大人ぶって思考停止せずに、改めて考えてみようと思います!!

 

で、完全に勢いに任せて書いてみます!

この時点で書く内容は全く未定です!!タイトルだけ、今、決めました!!

が、書いているうちにまとまること、うけあい!!

 

まともな人 養老孟司の時評 (中公文庫)

まともな人 養老孟司の時評 (中公文庫)

 

 

 

まともな人は「合理的に判断する」ことができるんじゃないかと思います。すべてにおいて。

これって「論理的思考能力」ですよねー。

 

まともな人は数学の証明問題が上手。

●●である、なぜなら■■である、なぜなら▲▲である、、、

と、ずっと突き詰めて考えられる人。

 

考えが行き詰まったとしても、表三郎氏の言う『問いのプール』に『問い』を格納しておいて、ふとした瞬間にひらめくことができる人。

 

 

DQNはそれができないから、わめく、怒鳴る、暴れる。

 

 

 

 

 

まともな人は「コミュニケーション能力」が高いんじゃないかな?

まず、相手の言うことを聞く、聞きに徹する。

 

聞くだけじゃなく、相手の立場に立って考えてみる。

いや、究極的に言うと、相手の立場に立つことは不可能だよ、相手じゃないんだから。

でも、できるだけ相手の立場に『立とうとする』。

 

そこですべての話を聞いたところから、上記の『論理的思考能力』でもって、『適切な解』を導き出し、さらにそれを相手に分かりやすく伝えることができる。

 

 

DQNはまずそもそも、人の話を聞かねーし、聞いたところで理解できねーし、理解できたところで『適切な解』を導き出すことは不可能だ。

 

 

 

 

 

まともな人は『適切に動く』ことができるんじゃないかな?

『適切な解』を導き出せたら、あとはそのスキームに沿ってPDCAサイクルを回し続ければいいだけだ。

 

『困難』があったとしても、それをミニマムな単位のタスクに分解し、そのミニマムなタスクを『ベイビー・ステップ』で登っていく。

 

そして、その登っていく過程さえも楽しんでしまう「仕掛け」も自分で作ってしまう。

 

 

DQNは『適切に動く』ことができないんじゃないかな?

 

まず、コミュニケーション能力が低いから、現状をちゃんと認識できてないし、そのうえ、論理的思考能力がないから『適切な解』を導き出せない。だから必然的に『適切に動く』ことができない。

全く動かなかったり、余計なことをしまくったり、わけのわからない動きをする。

 

ネットスラング マグカップ DQN/ドキュン (陶器製) 2799-500C

ネットスラング マグカップ DQN/ドキュン (陶器製) 2799-500C

 

 

 

つまり、DQNは『心』『技』『体』のすべてのパラメータが総じて低い。

よって、必然的に同じパラメータのDQNとエンカウントする可能性が高くなる。

 

逆に、まともな人は『心』『技』『体』のすべてのパラメータが総じて高い。

よって、必然的に同じパラメータのまともな人とエンカウントする可能性が高くなる。

 

 

 

なので、必然的に、

まともな人はまともな人と、

DQNはDQNと、

惹かれあう!!

 

 

 

と、なんとな~く理解できたので、寝ます!! 

 

さー、明日はDQNの世話だ!!

勤め人はつらいよ!!