A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

物が栄えると、人は皆、心が乱れてくる。(孟子)

【スポンサーリンク】

ミニマリストですね!孟子さん!

孟子 - Wikipedia

さすが、小さい頃に母親に連れまわされて3回も引っ越しさせられただけのことはある!!(孟母三遷)

やっぱり、引っ越しの回数が多いと人はミニマリストに近づくよね!w

孟子 (講談社学術文庫)

孟子 (講談社学術文庫)

 

 

 

しかし、今回、この言葉をものすごく実感したのには理由があって、、、

 

今回のバズどうを書くにあたって、当初はいつも参照している本「心のためになる言葉」から下のこの言葉を選んだんです、

 

「私に言わせれば、煩悩のないことが、養生の秘訣である。(堤康二郎)」

 

僕は今日、ちょうど、体調を崩していたこともあり、この言葉、ナイスだなー、と思ったのですが、、、

 

調べてみると▼この人、、、

堤康次郎 - Wikipedia

いや、このwikipediaが本当かどうかわかりませんが、、、

 

「煩悩の塊」じゃねえか!!

どの口が言ってるんだ!どの口が!!

こいつ、ストレスがないから病気にならないだけじゃねえかよ!

 

ま、詳しく知りたい人は上記wikiを読んでください。

 

僕はまた体調不良になりそうでしたよ。。。

なんでこんな人間が「心のためになる言葉」に入っているのか。

 

もうね、経営者以前に人間失格でしょう。

本当、毎日、西友を利用しているのが腹立ってきましたよ。

(まぁ、今はウォルマートグループだからいいとしよう)

 

 

なんで、こんな奴がのさばってたんだ!?

 

と、思いましたが、これはもう「本人の過去」と「時代」がそうさせた、と、wikipediaを読んでいて思いました。

 

5歳で父親を失い、10代で米相場や肥料商を手掛けるも、失敗。

たぶん、かなりの屈辱をこの若い頃に味わったのだろうと思う。

もしかしたら、世の中を恨みきっていたのかもしれない。

 

その後、東京に出てきてから、国が栄えていくにしたがって、どんどんお金が入っていったから、金儲けが楽しくなっていったんだろうと思う。

 

でも、結局、この人がすごかったというより、この時代の流れの尻馬に乗って、さらにめちゃくちゃな反則技の連続で儲けただけじゃねーかよ。

 

 

物が栄えると、人は皆心が乱れてくる。

2300年前に孟子が言ったこの言葉通りじゃねーか!

 

 

けど、現代の日本人はなにもこの事例に学んでないんじゃないかな?

 

僕は、自分の借金額も理解せずにカネを使いまくる「バブル脳」の両親を子供時代から見て来たせいか、

 

「バブルが日本人をダメにした。」

 

という確固とした考えを抱いていて、

たぶん、この考えは生涯、変わることはないと思っています。

 

堤氏や、うちの親ほどDQNじゃなくても、

僕は、一般的な日本人とは話がぜんぜんあいません。

 

20代の頃は1年以上、バックパックひとつで「貧しいけど豊かなアジア」をふらふらしていて、心底、気持ちが良かった。

 

 

日本では、

ミニマリストがテレビに出たら、スタジオで叩かれる。

ミニマリストのブログを隙あらば炎上させようとするブロガーがいる。

 

もううんざりだ。

おまえらの「心」が乱れてるんだよ。

 

 

 

僕は実家をでなければ多分、20歳そこそこで気が狂って死んでいたと思うし、日本で「ミニマリスト」という人種と出会えなければ、多分、40歳そこそこで気が狂って死んでいたと思う。

 

孟子に弟子入りすることはできないけど、ミニマリストとオフ会することはできる。

 

バブル臭いこの国で、これからもどうにかこうにか生きていきたいと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

物が栄えたからって、バブってどうする!?