A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

【週刊少年ジャンプ50周年!】ミニマリスト・アラフォー男子が選ぶジャンプキャラ『マイ英雄列伝』!!

【スポンサーリンク】

7月14日、東京メトロ東西線に乗って、ふと「つり革広告」を見ると、、、

 

「あ!!ついに始まったー!!!」

って興奮しました!!

tokyometro-rally01.jpg

2017年ニュースリリース|東京メトロ

 

東京メトロの少年ジャンプ・スタンプラリー!!

今回は創刊から80年代のジャンプキャラ特集!!

 

正確には15日から始まったので、この14日はスタート前日だったのですが、、、

 

高田馬場駅にはすでにスタンプ台がありました!!w

 

そして、翌日の15日初日にスタンプ台を再び見に行ってみると、、、

 

このつぶやきをしてから「いや、まてよ。。。」とググってみると、、、

あと、

やっぱり、ジャンプ『ヒーローは働かない!!』

 

 

で、今回のスタンプラリーのキャララインナップを見て思い出したのが、約30年前に『週刊少年ジャンプ20周年』を記念して発売された、▼これ!!w

ファミコンジャンプ英雄列伝

ファミコンジャンプ英雄列伝

 

今回のキャラとまる被りですねぇw

僕はこの『ファミコン・ジャンプ』大好きです!!  

 

ただ、

当時から『英雄列伝』っていうタイトルがちょっと違和感ありましたw

 

だって、

すべての作品が好きなわけじゃないし、

その作品の主人公が好きなわけでもない。

 

僕的には物心ついた時から、今のアラフォーまで、

「ジャンプで面白い漫画は常にせいぜい1つか2つ。」

くらいだと思ってます。

 

なので小中学校の時は毎週は買ってませんでした。

例外的に高校の1年2年までは、いわゆる『ジャンプ黄金期』で毎週買ってましたが、ドラゴンボールが終了して、買うのを辞めましたw

そんな『ジャンプ黄金期』でさえ、面白い漫画は4つくらいだったなぁ。

 

個人的には漫画自体がそんな好きなんじゃないのかも。

特にスポーツモノや恋愛モノは全く読まないしなぁ。

 

 

けど、そんな僕がこの生涯40年間で、

「この漫画は面白い!!」

と思った漫画の、

「特にこのキャラが面白い!!」

と思ったキャラを時系列にまとめてみました!!

 

最初に言っておきますが、偏ってます!!

あと、このブログのテーマでもある『ミニマリスト』が好きそうなキャラが多いです!!

 

 

それと、この記事を書こうと思った理由はもうひとつあって、時々、オフ会で20代女子とかから、

「A1兄さんのブログにちょくちょく出てくる小ネタの『元ネタ』がよくわからない。」

とか言われるので!!w

これらの漫画を読めばA1ブログの小ネタの『元ネタ』もわかるかも!?w

 

 

ということで、まずは幼稚園くらいの時から大好きだった漫画から!!

たしか、幼稚園くらいの時、家の近くの砂場で遊んでた時、友達が砂場の時計を見て、

「あ、もうすぐ『キン肉マン』始まる!」 

と言ったので、僕は、

「なにそれ?」 

というと、友達が、

「えー、『キン肉マン』知らんのー!?いっしょに見る??」 

と言ったのが、僕とキン肉マンの出会いですw

 

アニメを先に知ったあとに、友達に、

「この本でちょっと先のキン肉マンが読めるで!」

って見せられたのが『週刊少年ジャンプ』でしたw

幼稚園時代の僕はジャンプは「大人が読むちょっとエッチな本」だと思ってましたw

 

で、僕は『キン肉マン』のキャラの中ではやっぱりダントツで主人公・キン肉マンこと「キン肉スグル」が好きですねぇ。

 

ていうか、後半はキン肉マンとラーメンマンくらいしか強いキャラいない気がするw

「あのチームでよく最強すぎるソルジャーチームに勝てたな。」

って今でも思うw

(あ、でもファミコン『キン肉マン』ではブロッケンJr最強!!てか「ナ●スの毒ガス攻撃」って今じゃ絶対に放映できないよなwマル●ポーロ!!w)

ちなみにこの漫画『キン肉マン』は新シリーズになって今も続いていますw

 

で、この『キン肉スグル』。

最初のほうはもうダメダメ超人でブタにも負けるくらい弱いですw

スーパーヒーローがブタに負けるってwww

 

当然、最初は一般人からもバカにされまくる描写が続くのですが、彼なりにちょっとずつ努力し、超人オリンピックV2制覇、悪魔超人・悪魔騎士の撃退、夢の超人タッグトーナメント優勝を経て、ついには『超人の神』にさえ恐れられる存在に成長していきます!まさに『最上志向』!!!

このダメ超人の「成長の物語」が僕は本当に大好きなんですよねぇ。

 

で、キン肉マン、スタンプラリーでどこの駅にいるの??w

追記:東西線の木場にいるらしいです!!

 

 

で、先日、とあるブログ仲間に、

「A1さん、少年時代、苦労したんじゃないの?」 

って言われました。

確かにビンボー生活でバカにされ続けられた幼少期でしたが、でも、キン肉マンもバカでドジでマヌケと散々ののしられながら、最後はキン肉星の王にまで上り詰める。

ビンボーだった僕の中での幼少期のナンバーワン・ヒーローですよ!! 

 

それと、東京で生活していると、ふいに『キン肉マン』スポットが出現して個人的にワクワクしますw

先日、ミニマリストと上野に行った時、不忍池で、

「ここでキン肉マンとロビンマスクがアトランティスと戦ったんだぞ!!」

と言っても「ふーん」としか感動されませんでしたw

ちなみに、その後、行った蔵前の『東京ヒカリゲストハウス』の庭の前に広がっている空き地は元『蔵前国技館』なので、

「ああ、ここでサンシャインがキン肉マンを待ってたのかー!!」

って、また感動しましたw

(待ちきれずウォーズマン体内決戦になりましたがw) 

 

あと、キン肉マンは家も「小屋暮らし」でその名も『キン肉ハウス』!!

こんなミニマム小屋で僕も生活したい!!

 「キン肉ハウス」の画像検索結果

 「キン肉ハウス」の画像検索結果

この『キン肉ハウス』、意外と機能的で、公衆トイレの横なのでトイレはアウトソーシングだし、主食は牛丼のテイクアウトなので、キッチンも断捨離!

風呂はコインシャワーとか銭湯かな?

意外と住みやすそうだw

 

と思ったら、▼マジで建ててる人がいて笑った!!w

MOURIDOJO OFFICIAL BLOG : 一撃一心

 

 

しかし、この『キン肉マン』!

アニメが夢の超人タッグトーナメント編終了後、

「さー!今から王位争奪編が始まるぞー!!姫路城も出てくる!!」

と思いきや、急にアニメオリジナルのくっそしょーもないストーリーになってて、超興ざめ、、、

しかも、時間帯も日曜の朝から火曜の夜になって微妙に。。。(日曜の朝だから良かったのに!!!) 

 

そんな小学校低学年の僕を魅了したのは、のちに『ジャンプの顔』になる▼『ドラゴンボール』です!!

 

よく、

「ドラゴンボールは天下一武道会だけしか面白くない!」

とか、

「フリーザ編で終わっておけば良かった!」

とか言うけど、

僕はもうドラゴンボールは最初のボール集めから最後のブウ編まで全部大好きです!!

(あ、でもオレンジハイスクール編はいらなかったなーw) 

 

これはやっぱり、ドラゴンボールという漫画が「ボール探し」という旅の要素が強いからでしょうなぁ。

あと、どんどん強くなっていく悟空も『最上志向』過ぎる!!

 

旅もバトルもあんまりない「アラレちゃん」には特にハマらなかった小学生の僕はドラゴンボールにハマりまくりましたよ!!

 

そんな主人公・孫悟空が僕はベタに大好きです!!

個人的には▼悟空は超ミニマリストだと思ってます!!w

オッス!オラ、ミニマリスト孫悟空!いっちょ捨ててみっかー!! - A1理論はミニマリスト

 

あと、「働きたくないでござる!!」なミニマリスト男子的なところも大好きだ!!

▼アニメ『ドラゴンボール超』では、序盤にちょっとだけ働いたけど、すぐに投げ出したそうですw

悟空が働き出した時、当時、無職だった僕は、

「悟空でさえ働き始めたのに俺ときたら、、、」 

と思いましたが、悟空がすぐに労働を放棄したと聞いて、

「やっぱり悟空は俺たちの悟空だ!!」 

って思いましたw

 

さらに個人的には、ミニマリストって男子も女子も少食な人が多いのに、僕は大食いミニマリストで、その点も悟空に親近感覚えまくりですよ!!

「超サイヤ人だ!A1理論!!よく食べるけど、働かない!!」

 

あと、幼少期の悟空がブルマの家に行こうとした時にストリートファイトで勝った賞金の札束を、道を教えてくれたお姉さんにあげてしまうシーンが僕は大好きだ。

このおカネに執着しない精神はミニマリスティック!!

まさに▼『持たない幸福論』ですよ!!w 

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

持たない幸福論 働きたくない、家族を作らない、お金に縛られない

 

 

あと、悟空は既婚者ですが、働かなかったり、2回も死んでしまったり、ウーブの修行のために何年も帰って来なかったりする『自由な既婚者』なのがいいですねぇ。

僕も結婚するとしたら、悟空ぐらい自由にさせてくれる女性じゃないと無理ですw

『恋愛』なしで女性の方から迫られて、しぶしぶ結婚、というのもサイコーですね!

「じゃあ結婚するか」の画像検索結果

 

あと、好きなキャラで言うと敵キャラですが、セルとブウが好きです!

フリーザまでのドラゴンボールの敵は、悟空と戦う目的が『世界征服』とか『永遠の命』とか、なんか「俗っぽい」んですよねぇ。 

 

それに比べ、セルが登場した時は僕的には新鮮でした。

サイヤ人の遺伝子も受け継いでいるため、純粋に「戦闘が好き」で戦ってるのがいい!!

「セルゲーム」を「これは趣味だ!!」と言い切ってしまうセルさん大好きやでえ!!

 

ブウも、たった一人でZ戦士たちに闘いを挑んで、

「敵がいないと面白くないじゃないか!」 

と言い切ったのがカッコ良過ぎる!!

 

セルもブウも悟空と同じく、ストイックに、シンプルに『強さ』だけを追い求めているのが、敵ながらアッパレ!!

 

なので、僕や友人のエスタークは近年の▼『フリーザ至上主義』には総ツッコミですよ!!

【映画館一番乗り!】ここが変だよ『復活のF』!ドラゴンボール劇場版最新作について30年来のドラゴンボールファン2人が朝まで激論したどう考えてもおかしな10の点!【超ネタバレ注意!】 - A1理論はミニマリスト

 

 

で、そんな鳥山明全盛期に、僕は▼ドラクエにも超ハマりました!!

『ミニマリスト生活(僧侶)』×『派遣社員(魔法使い)』×『ブログ収入(戦士)』が一番生活が安定していると僕が思う理由。 - A1理論はミニマリスト

「勇者 戦士 僧侶 魔法使い」の画像検索結果

小学校4年生の時は、ばあちゃんにおもちゃ屋めぐりをしてもらってドラクエⅢゲット!!その後も延々とハマりました!!

(けど今は『オワコン・クエスト』!w)

 

そのエッセンスを受け継いで、ジャンプで始まったのが▼『ダイの大冒険』!!

 

最初はそこまで好きじゃなかったんですけど、絵が綺麗になってきたフレイザード編くらいから好きになり、バラン編で完全にハマりました!!

 

好きなキャラは、ダイよりもポップですねぇ。

最初はモンスターにさえ逃げてばかりのポップで、僕も、

「なんやねんコイツ!お前がアバン先生の代わりにメガンテで死んだら良かったんやー!!」(実際にバラン戦でメガンテで死にますがw) 

って思ってましたが、戦いを続ける度に急成長!

 

最初は大魔王バーンの名前を聞くだけで震えが止まらなかったくらいの小物だったのに、、、

最後はダイさえも絶望したバーン戦で、全世界の人類が恐れるバーンをたしなめたり、欺いたりするほどの大物に!!

『最上志向』!!

 

さらに復活した師匠であり、元勇者であるアバンに、

「私以上のキレモノ」

と最大限に評価された『軍師』であるポップが大好きです!!

 

そんな「ポップ」の強さは、子供の頃から常に『死』を意識しているからなんじゃないかと思います。 

人間はいつか必ず死ぬ。

 「ダイの大冒険 ポップ 母親」の画像検索結果

 

まさに▼『メメント・モリ』ですな!

メメント・モリ - Wikipedia

 

 

あと、『ダイの大冒険』で好きなキャラでは、マトリフとか、ロン・ベルクとか、ポップの親父とか、

「本当はめちゃくちゃ優秀なんだけれども、その『才能』を都会の組織の中で恐れられて、アホらしくなって田舎で隠居暮らし。」 

というキャラが大好きです!

これも僕の『黒田官兵衛』好きとの共通点ですなぁ。 

 

 

あと、敵キャラですが、ダイの親父のバランも好きです!

若い頃、地底で強敵ヴェルザーと戦って、辛うじて勝利したバラン。

でも、そのヴェルザーから守ったはずの人間に妻ソアラを殺され、

「人間なんて、守ってやるんじゃなかったー!!」

と、今度は逆に人間を滅ぼすために大魔王バーンに加勢します。

 

僕はこういう、

「この『世界』自体をめちゃくちゃにしてやるー!!」

っていう病んでるメンヘラキャラが大好きで、この後のジャンプ漫画でもそういうキャラに反応し続けますw

 

「世界を救う」キャラも、「世界を壊す」キャラも、根本的な考え方は紙一重なんじゃないかと思いますねー。

 

 

で、90年代当時、ドラゴンボールやダイの大冒険と並行して、長期連載中だった漫画!

『ジョジョの奇妙な冒険』!!

 

今では「ジャンプの顔!」みたいに言われて、ドラゴンボールやワンピースと並び称されるようになりましたが、連載当時はアウターゾーンと並ぶ「いつ打ち切られるかわからない」ジャンプ放送局の手前エリアに掲載されてたりもよくしてましたw

(アウターゾーンがあったから命拾いしたのかもw)

 

僕がジョジョを好きになったのは遅く、4部の後半からです。

よく「3部が最強!」って言われますが、個人的に承太郎もDIOもDQN過ぎて好きになれません。僕的には3部の魅力は『アジア横断』だけですねぇw

 

ていうか、僕的には、

「DIOが出てくる部はつまらない!」

って思ってて、好きなのは2部、4部、5部ですw

 

DIOは精神が俗っぽい上に、ボスとしては弱すぎるw

3部でDIOが復活した時も、

「いやいや、DIOって単なるカーズの『食糧』じゃん!!」

って思ったw

カイロで承太郎が道に倒れた時に、ジョナサンを倒した、なんとかスティンギーアイズ(目から怪光線!)を使わなかったのも、謎過ぎる。

 

そんな僕が好きなキャラは4部に登場する漫画家『岸辺露伴』です!! 

最近はなぜか少女漫画デビューも果たしてます!w女子力!!w

 

岸辺露伴の漫画に対する哲学は一貫していて、、、

「岸辺露伴 リアリティー」の画像検索結果

「岸辺露伴 リアリティー」の画像検索結果

 

これは完全に、僕の『ブログ論』と一致しますねぇ。

『リアリティ』こそがエンターテイメント!!

 

僕は本が好きで高田馬場に住んでるくらいなのですが、多くの本が『リアリティ』を感じられなかったりする。特に学術書。

 

僕は「ブログ」こそが『リアリティ』を発揮できる媒体であり、『リアリティ』溢れるブログこそが、サイコーのエンターテイメントだと思ってます。

(※個人の意見です)

 

と、まぁ、小難しく語ってますが、要は、

飲み屋の隣の席でオッサンが話してる内容のようなブログ記事こそが、一番『リアリティ』が感じられるよ!

ってことで!!w

 

 

あと、

「岸辺露伴 読んでもらう」の画像検索結果

「岸辺露伴 読んでもらう」の画像検索結果

これも名言ですねぇ。

 

僕もブログは『読んでもらうため』に書いています。

ま、それ以外は究極的に言うと、どうでもいいですねぇw

この時代は餓死する確率は極めて低いんだし。

 

そう言えば、僕のスマホのフリック入力はめっちゃ早いのですが、それを見ていたブログ仲間が、

「A1兄さん、めっちゃスマホ入力早いですね!?」

と言ったので、

「岸辺露伴だから!」

と言っても、ぽかーんとされましたw

 

 

 

あと、敵キャラですが『吉良吉影』が大好きです!!w

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 30.吉良吉影 <原型・彩色監修/荒木飛呂彦>

スタチューレジェンド 「ジョジョの奇妙な冒険」第四部 30.吉良吉影 <原型・彩色監修/荒木飛呂彦>

 

 

今でいう、地方の古民家暮らしミニマリスト?

とにかく子供の頃から優秀だったんだけれども、その優秀さを隠すために、勉強もスポーツも常に2番、大学も2流大学、働いている企業も地方の中小企業、というまさに、

『自分の優秀さ』を隠し続けている人生

っていうのが大好きなんですよね~。

 

その戦略性は素晴らしいと僕は思います。

日本社会で『評価』されても、▼所詮は黒田官兵衛の二の舞ですから。

本当に頭のいい人間ほど、自分の『頭の良さ』を隠して生きてるよ! - A1理論はミニマリスト

 

しかも、途中で自分の身体さえ断捨離してしまったのだから、まさにミニマリストの鏡!!w

 

で、この2人が出てきてから、つまり4部後半から、僕はジョジョにハマって全巻集めました!w

 

 

で、その頃、同時にハマり始めたのは、、、

 

これも、途中まではあんまり好きじゃなかったんですけど、僕は仙水編からハマりましたね~!

 

もうね、仙水忍の『病み加減』が大好きで!!

どうにか魔族に転生させてあげてくださいw

 

 

というわけで、僕が好きなのは主人公・幽助ですねぇ。

特に、魔界編の、

「トーナメントやろうぜ!!」 

にはシビれましたわ!!(賛否両論ありますが。。。)

 

あと、僕は10代の時、よく女子に、

「A1理論君(仮)って浦飯幽助に似てるー!」 

って言われてました。まぁ、バンカラ播州人ってことでw

今は後述する『ジン・フリークス』っぽいって時々言われますw

 

 

で、その幽遊白書のエッセンスを引き継いだのが、、、

 

でた!!w

働きたくないでござる!!

絶対に働きたくないでござる!!w

 

もうね、剣心の、

「人に媚びず、富貴を望まず」 

なバックパッカーっぷりが大好きですよ!! 

 

ちなみに、僕のこのブログのタイトル、

『A1理論はミニマリスト』

すごく気に入ってるんですが、その理由は自分の名前がタイトルに入っていることと、それを修飾する言葉が入っていること。

『A1理論←ミニマリスト』

みたいな。

 

これが気に入ってるのは『るろうに剣心』のタイトルと似ていて、

『るろうに→剣心』

と、主人公の名前と、それを修飾する言葉がマンガのタイトルになっていることです。

ま、非常にどーでもいいことですがw

 

 

あと、悪役ですがCCOさんも割と好きです。

特に『摂理』を語るところが。

(でも作戦はダメダメでしたね。。。煉獄は大阪湾じゃなくて神戸港から出港すればよかったのに。。。) 

 

 

それと剣心の相棒の左之助も好きで、

「左之助の故郷の下諏訪にいつか行ってみたいな~」

ってぼんやり思ってましたが、今じゃ月1ペースで通ってますよ!!w

今年の4月には下諏訪・相楽塚で行われた▼『相楽祭』にも参加しちゃいましたよ!!

下諏訪『相楽祭』に行ってみたら歴史好き・幕末明治好きの人ばかりがいて楽しかった!まるで『赤報隊の同窓会』!! - A1理論はミニマリスト

この『相楽祭』、記事にも書きましたが、超楽しかったです!!

来年4月の『相楽祭』は相楽総三の没150周年記念で大きなイベントもあるので、絶対に参加したいです!!

 

あと、最近、下諏訪が舞台の話▼『男の背中』を読み返して再び感動しちゃいましたよ!!(この巻は表紙もオシャレトロで▼下諏訪っぽい!)

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之26) (ジャンプ・コミックス)

るろうに剣心―明治剣客浪漫譚 (巻之26) (ジャンプ・コミックス)

 

ゲスハの極み!アッ―!!!

 

 

で、そんな剣心が盛り上がっていた90年代後半!!

 

幽遊白書の最後のほうから「働きたくないでござる!!」になってしまった冨樫が異例の月一連載で書き続けた漫画があった!!

 

これに出てくるバカ王子が、もうね、

『賢すぎるバカ』

ってキャラで、僕はもう、大っ好きなんですよね!!w

 

「賢すぎるがゆえにバカになってしまう人」

って意外とリアル世界でも多くて、そういう人間をコミカルに描写してる稀有な作品のような気がします。

 

冨樫が本気で遊んだ作品。

まぁ、その冨樫も「エイリアン」の綴りを間違えて「レベルE」(本来は「レベルA」)と命名しちゃってる『賢すぎるバカ』ですw

 

短編集に近いので、1話ずつ、ゆっくり読むのもいいですな。

 

 

で、そのレベルEをベースに描かれたのが、今も続く、、、

いやぁ、この漫画はやっぱり神漫画ですねぇ。

 

僕が好きなキャラはこのブログで何度も書いてますが、主人公・ゴン・フリークスの父親▼ジン・フリークスです!!バックパッカー!!

最新刊発売!HUNTER✖︎HUNTER33巻のジン・フリークスの言動が、僕の「理想のミニマリスト」過ぎた! - A1理論はミニマリスト

 

このジン・フリークスは「幽遊白書」の幽助と、「レベルE」のバカ王子を足してできたキャラらしいのですが、

僕はもうね、大好きです!!

 

言動もまさに『先天的ミニマリスト』って感じです!!

▼ミニマリスティックな名言もいっぱい残してます!!

「大切なものは欲しいものより先に来た」HUNTER×HUNTER 32の名言 - NAVER まとめ

 

15の時に特定非営利活動法人を設立して、王墓の調査と修繕を行った。
その前のライセンスを取得してからの2年は、ずっとネットで考古学マニアのサイトやブログ巡りさ。


『金も名誉もいらないからただ真実を知りたい』って変わり者

で、さらに口が堅くて信頼できる連中が法人設立のため10人くらい必要だったからな。

オレはいつも現在オレが必要としてるものを追ってる。

実はその先にある「本当に欲しいもの」なんてどうでもいいくらいにな。

 

ネットで知り合って、オフ会で意気投合したそいつらは皆オレより年上で、普通の会社員や院生やフリーターだったりした。

オレの素性と計画を打ち明けたら連中は、法人設立に関わる雑事を進んでこなし、なけなしの生活費から寄付までくれた。

 

念願かなって、王墓の中に足を踏み入れたとき、オレが一番嬉しかったのは、ずっと願ってた王墓の「真実」を目の当たりにした事じゃなく、一緒に中へ入った連中と顔を見合わせて握手した瞬間だった。

 

そいつらは今も無償で役員をしながら、オレに生きた情報をくれる。

この連中と比べたら、王墓の「真実」はただのおまけさ。

 

大切なものは、欲しいものより先に来た。

 

ブログ巡りをして、オフ会で変態仲間と意気投合したジン・フリークス!

3月11日佐々木典士×YADOKARIのイベントに参加してきたよ!いろんなミニマリストが日本橋に大集結!! - A1理論はミニマリスト

 

いやぁ、他人とは思えないですなぁw

 

というか、僕の『A1理論』というキャラも、キャラ設定のモチーフはジン・フリークスなのです。

 

2013年に「はてなブログ」なるものが出来ると知って、僕は「ブログ」や「はてな」を半年くらい研究しまくり、、、

 

「はてなダイアリー」で有名になって本まで出したちきりんさんは「はてなブログ」に来ないし、同じく本を出したPhaさんは元々『働きたくないでござる!』な人の上に、執筆で多忙でブログ自体、あんまり書いてなかった。

 

「そしたら、『ちきりん』さんと、『Pha』さんのいいとこ取りをすれば、始まったばかりの『はてなブログ』でウケるんじゃないか?」

って僕は思った。

(当時、それに近いキャラはミニマリストのメグさんで、でもその「男版」の枠がすっぽり空いていた。)

 

ちきりんさんは元バックパッカーで、社会派系記事が多いし、僕と実家も近い。

Phaさんは僕と同じ元寮生で、「働きたくないでござる!」で、シェアハウスもやってる。

どっちも僕と親和性は高いと思った。

 

で、その「いいとこ取り」のキャラのモデルというか、モチーフ的になるキャラはいないかなぁ、と思ったらジン・フリークスでしたw

 

その後、ミニマリストブームが来て、僕はジン・フリークス的キャラを確立し、ちきりんさんのバックパッカー性と、Phaさんのシェアハウス性を掛け合わせた『ゲストハウスブロガー』で自己ブランディング!!

そこから生まれた本が▼こちらです!!

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

 

というわけで、10代の頃に「幽助っぽい!」って言われた青年は、アラフォーになり「ジン・フリークスっぽい!」って言われ始めましたw

 

 

ハンタに話を戻すと、好きなキャラとしてはたった2話しか出て来てない『ジャイロ』も好きですねぇ。

これも仙水忍やバランと同じく「世界ぶっ潰しキャラ」w

僕はやっぱりこういうキャラが好きなんだなぁ。メンヘラ厨二キャラ!w

とにかく、ジャイロの顔を拝むまで、僕は死ねません!w

 

 

あと、超最近、好きになったのは、暗黒大陸に向かう船の中でクラピカと一緒に第14王子を警護している『ビル』ですねぇ。

 

モブキャラだと思っていたら、最近、唐突に、

『そもそも人間自体が一貫性とは程遠い生き物なのに、、、』

と、名言を吐きまして、

「あ、こいつ、独自の価値観で生きてるな。」 

って思って、いっきにファンにw 

 

普段の会話で哲学的な話、特に、

「そもそも、人間自体が、、、」 

とか言い出す人間はもうね、大好き!!w 

 

 

 

というわけで、かなり長くなってしまいましたが、

この記事は書いてて非常に楽しかったです!! 

 

ジャンプ50年、いろんな漫画、いろんなキャラが登場しました。

その中で『マイ英雄列伝』を作るのがこんなに面白いなんて!! 

 

みなさんも作ってみると『自分という人間』がより理解できていいですよ!!

悪役・敵役がいたっていいじゃないですか!!

 

 

というわけで、結論をミニマムにまとめます!! 

冨樫、仕事しろ!!!w