A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

1400円でドンキで寝袋を購入、使用後は寄贈予定。その理由を書いてみる。

【スポンサーリンク】

ミニマリストには、

●少数の高いモノを厳選して使う人

と、

●少数の安いモノを消耗品として使いまわす人

の2種類がいると思います。

 

僕は完全に後者で、下着(パンツ・靴下・シャツ)とかはすべて100均です。

いやむしろ、今まで下着は100均でしか買ったことないし、100均以外の下着を着ると逆にちょっと違和感があるくらいだw

下着は100均以外で買うとすごく高くなってしまう、その割に100均のそれと、特にこれと言った違いが見つからないように思える。

なので、100均以外の下着はコスパ悪いと思ってしまう。

あと、タオルも100均か、もらい物のどちらかだw

 

で、その数は意外と多くて、各10着以上あるんじゃないかな?

洗濯する回数をミニマムにしたいので、安い下着をいっぱい持ってる。

 

そう言えば、この間、ミニマリストオフ会で、誰かが、

「100円ショップに下着って売ってるんですか!?」

って言ってて、逆にびっくりした!w

「ああ、世間の人は100円ショップで下着買わないのか。。。」

って思った。

 

まぁ、僕は下着どころか、なにを買うにもまず100均で、それでもない場合、西友の二階wで、それでもない場合はドンキかネットで探す、という感じかなw

ま、大体、100均か西友にあるけれどもw

(ていうか『100均』ってあんまり言わなくなったよね?『100円ショップ』?)

 

 

なので、▼たんたんのこの記事には同意しかないw

何故ミニマリストなのに質より量や安さを重視するのか??4つの理由をあげます - ゆとり男とミニマリストの融合ライフ

 

今のところそれで不満はないし、今より良いものを買うつもりもありません。

そもそも使えればそれでいいと思う人であります。ご飯にしても日本食な時点で美味いのは確定しているのでたくさん食べれればそれでいいと思っています。

 

僕にとって質なんかそんなにどうでもよくて使えればそれでいいと思っています。そのなかで自分に本当に価値のある物があれば買います。

 

そう、100均の下着や1本だけのズボン、1足だけの靴で特に僕の中で『不満』が特にないんです。

我慢したり、節約したりしたいというより、それで『足る』を知ってしまってる。

 

 

そう言えば、カサも100均のカサしか使わないな。

急な雨でコンビニのカサとか買った時とか『便利』よりも『負け』の感情が勝ってしまって、後日、そのカサを見る度にイライラしたりw

 

 

まぁ、僕は、

『生活費』

を最小限にして生きていきたいんだろうな。

 

「●●さえあれば、十分事足る!!」的な。

 

ま、単なるセコい関西人・セコいバックパッカーと言われればその通りなんだけれどもw

つるピカ ハゲ丸 1 (てんとう虫コロコロコミックス)

つるピカ ハゲ丸 1 (てんとう虫コロコロコミックス)

 

 

 

しかし、大学時代の寮の同室で、今も近所に住んでるエスタークの倹約っぷりはもっとすごい!

まぁ、それはおいおい書いていきたいと思いますw

 

 

で、本日の本題!

 

寝袋を買いました!!

 

今度、とある地方に住む人の家に1泊させてもらうことになった。

 

その家には、

「ブランケットはある」

とのことだったんだけれども、

「もしその日がたまたま寒かったらヤバいな」

と思って、急遽、ドンキで寝袋を購入。

 

税込で1401円だったけど、ドンキはレジ横にある1円玉を4枚くらいまでは自由に使っていいので、そこから1円拝借して、1400円で購入。

 

泊めてくれる人に、

「寝袋買ったよ。使用後はそちらに寄贈します!」

というと、

「え!寄贈してくれるんですか!それ、他の人が使ってもいいんですか??」

って少し喜ばれた。

 

僕からしてみれば、使用後に東京の家に持って帰るのもめんどくさいし、東京の家では普通に布団で寝てるので、そうなると寝袋ってほとんど使わない。

実は以前、寝袋持ってたんだけど(寮の先輩にもらったやつが家野あった)、あまりにも使わないので捨ててしまった。

友達が泊まりに来ても、コタツやコタツ布団で寝てしまうし。

 

そして、その人の家にまたお世話になる可能性もあるので、その時にまた再び寝具問題が発生する可能性があるw

 

それならいっそ、安い寝袋を買って、そこに置いておいた方が効率的だ。

たった1400円で何拍もできると思えばゲストハウスより何倍もコスパがいい!

 

で、その家で誰かが僕の寝袋で寝る度に、

「これ、A1理論さんが寄贈してくれたんです!」

って話になるだろうし、もしかしたらそれがきっかけでブログを読んでくれるかもしれないw

 

 

今の時代、人間の数より家の数のほうが多くなりつつある。

特に地方は。

 

そんな地方の「半空き家」みたいな場所に住む若い人も増えて来つつある。

貸すほうも、空き家のままなら固定資産税が高くなるから、極論、タダでも住んでもらいたいくらいなのだ。

 

で、そういう大きな家に住む人は一人や二人で住んでても寂しいので、友達やSNS友達を家に呼んだりする。

 

この真理はすごくわかる。

なぜなら、今はないけど、僕は10代の頃、実家の近くに親が買った土地があって(このせいでずっと借金地獄に陥るのだが、、、)そこに立ってた建物が巨大な空き家で、そこに友達を呼んで朝まで遊んだりしてたから。

 

今はそれが全国規模で起こりつつあるんだろうなぁ。

ま、楽しい時代ではある。

 

で、そういう場所にお泊りに行った場合、『寝具問題』が発生する可能性が高い。

 

なので、そういう『寝具問題』が発生する場合は事前に高田馬場のドンキで寝袋を買って行くか、最悪、現地のドンキとかイオンとかで寝袋を買って寄贈すればいいんじゃないかなって思う。

 

1400円で1泊できて、そこにしばらく自分の家以外の『居場所』ができる。

そう考えたら、安い買い物だ。