A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

日本橋の巨大ホステル「四号店」の名前が『CITAN』に決定!3月22日OPEN!オープニングスタッフも募集中!!

【スポンサーリンク】

2020年の東京オリンピックに向けて、

最近『熱い!』と話題の日本橋エリア!!

 

昨年末には「ミニマリスト・バー」こと、

『BETTARA STAND』

が▼オープン!!

『ミニマリスト・バー』こと、YADOKARIさんの日本橋『BETTARA STAND』オープニングパーティーに参加してきました!! - A1理論はミニマリスト

 

年明けよりイベントを数多く行っていて、、、

 

3月11日には▼ミニマリスト・佐々木さんとYADOKARIさんとのミニマリスト・トークイベントも開催!!

佐々木典士 × YADOKARI「僕たちに、もうモノは必要ない。3.11から始まった豊かな暮らしを探す旅、ミニマリストから ◯◯ へ」【3/11(土)15時〜】 – BETTARA STAND 日本橋 by YADOKARI

一昨年の流行語大賞にもノミネートした「ミニマリスト」。

メディアは「ミニマリスト = 物を全く持たない」と断片的な表現で消費しようとするが、そんな表層的な話ではないと感じている人も多いのでは無いでしょうか。

熱い!!ww

 

ちなみに、はてなブログでお馴染みのミニマリスト・ブロガーも何人か交流会に参加するようです!!

 

 

そして、昨年末には寝台列車をイメージした

『トレインホステル北斗星』

が▼誕生!!

トレインホステル北斗星|「寝台列車 北斗星」をイメージした宿泊施設

多くの人に愛され、惜しまれつつも、 運行廃止となって姿を消した寝台列車「北斗星」。
東日本旅客鉄道株式会社・株式会社ジェイアール東日本都市開発様のご協力のもと、宿泊施設として「北斗星」を再現するというアイデアが実現しました。

 

宿泊した方の記事は▼こちら!!

【宿泊記】トレインホステル北斗星で憧れの寝台特急の車内を体験! | SmartParty.jp

1泊2,500円~の「トレインホステル北斗星」が想像以上に北斗星だった | 鉄道新聞

 

ベッドは狭いですが、一風変わったゲストハウスに宿泊したい人にはいいかもです!!

 

 

そして、その近くに去年の夏ごろからすでに話題になっていた▼「四号店」(仮)というゲストハウスがありました!!

東京日本橋にミニマリスト・バーが誕生!まるで毎日小屋フェス!近くに複合型ゲストハウスも! - A1理論はミニマリスト

 

なにが話題かと言うと、

「日本のゲストハウスブームの火付け役!」

とも言われる、東京・入谷のゲストハウス『toco.』を作った、『Backpackers' Japan』さんの、、、 

株式会社Backpackers' Japan | あらゆる境界線を越えて、人々が集える場所を。東京のゲストハウス, Backpackers' Hostel, バーラウンジ

(この▲「あらゆる境界線を越えて」というフレーズ、めっちゃ好き!)

 

『toco.』『Nui.』『Len』に続く4つめのゲストハウス、というか大型ホステルが、この『四号店』なのです!!

 

しかも、地下1階、地上7階の、計8階のホステル&カフェ&バーなのです!!

すげえ!!超巨大!!

 

これは▼トモさんも天国でむせび泣いていることでしょう!!

「ここはお前らの遊び場じゃねえぞ」—2010年からの5年間を振り返る(2) | 株式会社Backpackers' Japan

 

 

で、この『四号店』、ずーーーっと『四号店』という名前のままで、

「いつ、名前が決まるんだろう???」 

と、ゲストハウス業界では話題になっていましたが、、、

 

最近、

『CITAN』(シタン) 

に決定したようです!!

 

▼サイトも出来てました!!

CITAN -Hostel, Cafe, Bar, Dining | 東京、東日本橋のホステル&バーダイニング

 

(写真、お借りしました!!)

 

ていうか、いらんことつぶやくなよ!俺!!ww

かってに改蔵 (26) (少年サンデーコミックス)

かってに改蔵 (26) (少年サンデーコミックス)

 

(▲名作過ぎた。。。)

 

 

で、さらに『熱い』のが、

オープニングスタッフを募集していること!!

 

これ、

「将来、ゲストハウスしようかな?」

って思ってる人には、超朗報ですよ!!

 

なんでもそうだと思いますが、

「オープニングスタッフ」

「初期メンバー」

「一期生」

等の、

『場』の最初のメンバーで働いたり参加したりすると、ものすごく『学び』があります!!

 

そして、

情報が少ない中、最初に集まって来た人たちはやる気も高く、そういう人たちと苦楽を共にしているだけで、人脈も出来上がっていくと思います!

 

下諏訪の某人気ゲストハウスのオーナーも、『Nui.』のオープニングスタッフで入り、ゲストハウス経営のノウハウを学び、地元に帰って作ったゲストハウスが人気ゲストハウスになりました!!

しかも、その時に出会ったゲストハウスデザイナーまで移住してきて、そのデザイナーがその地域の移住者交流施設をデザインするほど、地元地域に貢献しています!!

 

そのオーナーも、『Nui.』で働き始めた頃は、まだ、自分がゲストハウス経営に向いているか、ゲストハウス経営をしたいのかもわからなかったそうです。

「だから、働いてみた!」

と、言っていました。

 

ゲストハウスをやりたい!

自分がゲストハウスの仕事に向いているか試したい!

と思う方は、これから「始まり」の予感がする日本橋『CHITAN』のドアを叩いてみてはいかがでしょうか??? 

 

それでは、いい『旅(人生)』を!!