読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

日本人の『切腹』『特攻』『過労死』等の蛮習は21世紀で断捨離しようぜ!

【スポンサーリンク】

日本人は昔から『切腹』『特攻』『過労死』が好きですよね~。

外人から見れば「クレイジー」過ぎる死に方ww

 

 

江戸時代までは『君主のために』。

戦前までは『お国のために』。

戦後は『会社のために』。

 

 

これこそが世界に誇る『大和魂』であり、

『武士道』とは死ぬことと見つけたり!

 

 

『日本男児の理想』とは、日本史上、大義のために命を賭した、

 

▼「真田丸」! 

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

真田丸 後編 (NHK大河ドラマ・ストーリー)

 

 

▼「赤穂浪士」!

赤穂浪士 天の巻・地の巻 [DVD]

赤穂浪士 天の巻・地の巻 [DVD]

 

 

▼「新選組」!

大河ドラマ 新選組!! 土方歳三最期の一日【NHKスクエア限定商品】

大河ドラマ 新選組!! 土方歳三最期の一日【NHKスクエア限定商品】

 

 

▼「戦場で死んでもラッパを離さなかった木口小平」!

海軍乙事件 (文春文庫)

海軍乙事件 (文春文庫)

 

 

▼「203高地の勇敢な兵士」!

二百三高地 [DVD]

二百三高地 [DVD]

 

 

▼「アッツ島玉砕戦」!

アッツ島玉砕戦―われ凍土(ツンドラ)の下に埋もれ (光人社NF文庫)

アッツ島玉砕戦―われ凍土(ツンドラ)の下に埋もれ (光人社NF文庫)

 

 

いやー、すばらしい!! 

 

まるでサクラの花ように儚く、若い命を散らすなんて、

『もののあはれ』なり!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

で、そんな先人が守り抜いてきた『日本の伝統』に対する僕の考えは!!

 

「そんな蛮習、もう、辞めようぜ。。。」

だwww

 

そもそも、人一人がヤケクソになって死に物狂いで暴れたり死んだりしたところで、

その時点では、もうたいして大勢は変わらんよww

 

ていうか、人一人の命に賭けてる時点で、もうすでに戦況は詰んでるわwww

 

戦況がすでに詰んでるのに、さらに自分の命を懸けるなんて、人生コスパ悪すぎるわwww

それ「自爆テロ」じゃなくて、単なる「自爆」やんwww

 

 

▼「たったひとりの最終決戦」してる時点で、すでに惑星ベジータは詰んでるんだよwww(バーダック、未来読めるんじゃないのかよwww)

ドラゴンボールZ 3―たったひとりの最終決戦 (ジャンプコミックスセレクション)

ドラゴンボールZ 3―たったひとりの最終決戦 (ジャンプコミックスセレクション)

 

 

 

この状態になってる時点で、情報処理用語で言うところの、

『要件定義』以前の、『企画定義』の段階で破たんしてるよwww

 

『前提』がおかしいのに、『枝葉末節』をどれだけ頑張っても意味ねーよww

 

 

いや、むしろ、「現場の人間」が頑張り過ぎて、「会議室の人間」の間違った『企画定義』を力ずくで「帳尻合わせ」してしまうから、どんどん話がおかしくなっていくww

 

 

「そもそも」が誤ってるのに、その誤りを力ずくで是正してしまうから、一見、ちゃんとしているようで、ぜんぜんちゃんとしていない『日本社会』が出来上がってしまうんだと、僕は思う。

 

アホ過ぎる。。。。

 

 

 

日本人、そろそろ『コスパ計算』できるようになろうぜ!

 

「自分の人生の残りの健康時間」という唯一のリソースを賭してまでのパフォーマンスが期待できるプロジェクトかどうか、計算してから動こうぜ!w

 

『コスパ計算』ができるようになって、日本人は初めて『国際人』になれるような気がします。

 

 

 

いや、僕は過去に、お国のため、会社のために命を賭して『礎』になった方々を冒涜する気はないですよ!

むしろ、めちゃくちゃすごいとは思いますよ!! 

 

でも、たぶん、タイムスリップして、そんな方々を▼『妖怪ウォッチ』で見てみると、、、

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチU プロトタイプ

妖怪ウォッチ DX妖怪ウォッチU プロトタイプ

 

 

▼『メラメライオン』が取り憑いていたんじゃないかな???

妖怪ウォッチ 12 メラメライオン

妖怪ウォッチ 12 メラメライオン

 

 

メラメライオン (めらめらいおん)とは【ピクシブ百科事典】

妖怪不祥事案件の一つ『やる気の押し売り』を引き起こす妖怪で、野外授業をするケータに取り憑き、みんなを白けさせ、その次にカンチに取り憑いた。

 

その方々はけして悪くないんだけども、意味のないことに「命を懸ける」なんてのは、やる気があり過ぎてウザい『メラメライオン』がガッツリと取り憑いていたせいなんじゃないのかな???

(妖怪のせいなのね!?そうなのね!?)

 

 

何度も言うけど、

EXCELの数字だけしか見てない『会議室の人間』の『企画定義』の失敗

の責任を、

現場の人間が死ぬほど頑張って帳尻合わせする

必要は全くない。

 

むしろ、それをすればするほど、『会議室の人間』が肥え太っていき、そして、日本がますます世界から『DQN国家』として孤立していくだけだwww

 

 

 

『会議室の人間』の『企画定義』の失敗の責任は、『会議室の人間』に取らせりゃあいいんですよ。

そんなの、あたりまえじゃないですか!

 

 

『現場の人間』は、常に労働に対して『コスパ計算』し、割に合わないことには、

「いや、そりゃあ、割に合わない!!ww」 

と言い続けるべきです。

 

 

我々が生きる21世紀には労組もないし、ストライキもない。

 

個人個人が、労働に対してコスパ計算してこそ、初めて日本人が『国際人』になれるんじゃないかな???

 

対訳 21世紀に生きる君たちへ

対訳 21世紀に生きる君たちへ

  • 作者: 司馬 遼太郎,ドナルド・キーン,ロバート・ミンツァー
  • 出版社/メーカー: 朝日出版社
  • 発売日: 1999/10/22
  • メディア: 単行本
  • 購入: 6人 クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (35件) を見る
 

 

 

 

 

 

 

 

 

てなことを、僕がこんなブログ(笑)で言ったところで、21世紀も相変わらず、日本人は『特攻』を続けて、死んだり、病んで実家から出られなくなったり、地方で自給自足生活を送ったりするから、

 

ますます労働市場が人手不足になって、『コスパ計算』できる人間はますますオイシクなっていくんですけどねwww