読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

日本人のゲストハウス人口が増えれば、日本人はもっともっと生きやすくなる。と、勝手に思ってる。

【スポンサーリンク】

※個人の意見です。

 

先ほど、高田馬場の大型書店に行くと、、、

▼『ゲストハウスガイド100』が旅行コーナーに大量に平積みにされていて小躍りしたA1理論です!

f:id:A1riron:20160803220927j:image

 

「いいぞ!!もっと、もっと、この本売れろ!!」

と思ってしまいました(笑)

 

まぁ、この本がいくら売れても、僕には1円も入ってこないのですが(笑)

 

でも、おカネより、もっともっと大事なことは、

「この本が売れることで、日本人のゲストハウス人口が増えること」 

だと思っています。

 

 

いつもゲストハウスに泊まってると、

「ゲストハウスって日本でもメジャーになってきたな!」

と、思ってしまいますが、東京で、仕事仲間や近所の人と話した時に「ゲストハウス」という単語を出しても、ほとんどの人はまだまだ知りません。

「シェアハウス」と混同されることもしばしばですねぇ。

 

けど、この「ゲストハウス」、

「めっちゃんこ面白いのに、なんで、日本人はみんな知らないんだ!」

って、よく思います。

 

東京、京都、大阪、福岡のゲストハウスは外国人が多いし、地方のゲストハウスは平日はライダーとかがメインだったりする。特に冬の平日は宿泊客がほとんどいなかったりする。

 

「みんな、ゲストハウスにも泊まらずに、一体、なにやってるんだ!?」

って思う(笑)

 

ゲームしたり、買い物したり、仕事したりしてる場合じゃないだろ!(笑)

短い人生、ゲストハウスにも泊まらずになにやってるんだ!!(笑)

 

 

僕は10年以上前から、

「日本にも、もっとゲストハウスが増えるべき!!」

と、言ったり、書いたりしてたんだけど、ほとんどの良識ある大人からは、

「ヒッピーの溜まり場作ってどうする!?そんなことよりちゃんと正社員で働け!!」

と言われて終わりで、全く聞く耳を持たれなかった。

 

そんな時代に比べれば、

「今の時代の日本人は、なんて恵まれているんだろう!!」

と思う。

わざわざ仕事を辞めて、アパート引き払ってまでして、アジアのゲストハウスに泊まりに行かなくても、国内にゲストハウスがわんさかあるんだから!(笑)

 

しかも、全国まんべんなくゲストハウスが出来てきたから、気になった地域や、気になったゲストハウスに、高速バスでも、LCCでも、青春18きっぷでも、なんでもいいから安く移動して、泊まりに行けばいい!

 

しかも、ちょっと前までは、どこのゲストハウスがいいか、ネットの情報から類推するしかなかったけど、今は『ゲストハウスガイド100』があるんだから、そこに載ってる鉄板ゲストハウスにとりあえず、泊まりに行けばいいだけだ!!

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

あとはそこのオーナーなり、ゲストなどにオススメのゲストハウスを聞けばいい!

交流スペースで『ゲストハウスガイド100』を見ながら!!

 

 

僕は、

日本人のゲストハウス人口が増えれば、日本人はもっと生きるのが「楽」になるんじゃないかな?

ってよく思う。

 

僕のマスヤゲストハウスでの「下諏訪沈没ライフ」なんて、朝から温泉入って、その足で地元のパン屋さんで美味しいパン買ってきて、マスヤでコーヒー入れながら他のゲストさんとキャッキャウフフして、そのうちお昼になったらサロンしもすわで「おふくろの味」を堪能して、その後は一緒に泊まってるブログ仲間や、ゲストハウスで知り合った人と、ぶらぶらと町中の、まだ行ったことのない場所を散策したり、路地をうろついてみたり。

 

昼間から、ビールや日本酒を引っ掛けて、ふらふらしてる時もある(笑)

 

ゲストハウスの近所で売ってる新鮮な野菜や豆腐を買ってきて、キッチンで料理したりしてみんなで食べる時もあるし、ゲストハウス近くの飲み屋を開拓したりもする。

 

もちろん、1日の最後はゲストハウスのバーで、消灯時間まで、一期一会の出会いに乾杯だ!!

 

とりあえず、

「どこから来られたんですか?」

さえ言えれば、あとは勝手に会話が進んでいく。

 

 

 

そんな日々を何日も過ごしてたら、

「あ、人生なんて、こんなんでいいんだ。」

って思えてくる。

 

どれだけテキトーに生活してても、もっとテキトーに生きてる人がいるし(笑)

 

で、

そんなテキトーな日々でも、ついついやってしまうことが、本当に自分がやりたいことなのかもしれない。

 

僕にとっては、それは、

「ブログを書くこと」

だった。

 

 

家と職場の往復ばっかりしてたら誰でも病んでくる。

これは人種を問わずだと思う。

 

日本人が勤勉なのではなく、

日本人のライフスタイルが異常なんだと僕は思う。

 

家と職場以外の▼『サードプレイス』として、

自分のお気に入りゲストハウスを持つこと

は、人生にとって非常に大事、というか、一番大事なようにも思えます。

サードプレイス―― コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」

サードプレイス―― コミュニティの核になる「とびきり居心地よい場所」

 

 

政治とか、経済とか、そんな難しいことは、人生にとっては、どーーーーーーーーでもいいんです。

そんなのは専門●カに任せておけばいいんです。 

 

そんなことよりも、

人生のお気に入りのゲストハウスを持つこと

のほうが1億倍くらい大事なんだ、ということを多くの日本人に伝えたい。

 

 

少なくとも、

僕にとっては、下諏訪という「優しい人たちが集まる場所」があるので、東京でひどい目にあったり、人間不信になっても、とりあえず、下諏訪まで行ってしまえばどうにかなる!!

と、思っていますww

恥ずかしながら、東京に『出稼ぎ』に帰ってまいりました! - A1理論はミニマリスト

 

 

なので、皆さん、もっともっと「気楽」に生きるために、

▼『ゲストハウスガイド100』を買いましょう!(笑)

ゲストハウスガイド100  - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

ゲストハウスガイド100 - Japan Hostel & Guesthouse Guide -

 

 

NO GUESTHOUSE !

NO LIFE !

ってことで!! 

※個人の考え方です