読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

上諏訪『リビセンお披露目会』に日帰りで参加してきたよ!片倉館の千人風呂にも入った!

旅-国内 人生 人生-考え方
【スポンサーリンク】

2016年10月9日。

日帰りで、上諏訪のリビルディングセンタージャパンの『リビセンお披露目会』に参加してきました!!

 

完成したリビセンのプレオープンには、実はその前の週の10月5日に、地球儀を寄贈しに行っていたんだけれども、どうしても『リビセンお披露目会』にも参加したくて、前後の日は仕事でしたが、日帰りで参加しました!

 

今回はtwitterを元にその様子をお送りいたします!!

※twitter写真が多い記事です。スマホでtwitter写真が見れない方は、ブラウザアプリやtwitterアプリ、PC等から見ていただければありがたいです!!

 

そうそう!

▼ちょうどこの3連休に、ミニマリスト5人が広島・尾道の『あなごのねどこ』でオフ会してました!

 

俺も『あなごのねどこ』誘われてたけど遠いので断ってたw

行ってたらこの『リビセンお披露目会』行けなかったなw

(ちなみに『あなごのねどこ』には、僕が2014年年末に宿泊した時にカニ鍋の会を開催していた石川県の常連のおじさんもいたらしく、ミニマリストメンバーは「まるで兄さんじゃん!」って話になったらしいけど、それです、そのおじさんを見て、僕は「ああ、ゲストハウスに毎月来てもいいんだ」って思いましたw毎月どころか月に複数回、諏訪に行ってますがw)

 

というわけで、、、

 

中央線に乗り換え!

 

高尾で乗り換えて、その後はぐっすりだった気がする。

いやー、疲れていると電車内で爆睡ですな。

 

 

というわけで、『お披露目会』オープンの10時ジャストくらいにリビセンへ!

 

 

最初はあんまり人がいなかったのですが、すぐにどんどん人が増えてきました!!

 

 

そうこうしていると、『お助け隊』で共に汗を流した戦友や、先月、千葉のゲストハウス『おもてなしラボ』でお会いした学生さんなんかもやってきて、ワイワイ!!

再び二階にも上がりました!(この日はリビセン図書館はお休み)

 

 

個人的には、、、

なんなんですか!この部屋!!ww

「御頭祭の鹿の置物、もうひとつあったような。。。」

と、思って二階を歩いていた矢先に、これ!!ww

超笑ったんですけど!!誰の発案ですかこれ!!めっちゃセンスいいじゃないですか!!

(この後、僕のフォロワーさんもこの部屋に来て、子供二人が鹿の両サイドで笑ってる写真をtwitterで送ってきてくれましたw)

 

 

そしてやっぱり、、、

 

ふと、外を見ると八剣神社の「小宮の御柱」の▼御柱がちょうど通過していきました!

 

で、御柱祭と同様▼リビセンでも「ふるまい酒」が行われていました!

なんと!上諏訪の地酒▼「真澄」が飲み放題!

 

日本酒飲めない僕でもすっきりとした味わいで▼つい2杯ほど頂いてしまいました!

とれいCも、この真澄は大好きらしく、お助け隊の合間に酒蔵に買いに行ってましたw

また、この酒蔵の前にある「セラ真澄」というショップもオシャレでした! 

 

こんな感じで、上諏訪地域に溶け込んでいるリビセンもすばらしいし、リビセンというよくわからない若者の会社や、それを支援しに全国(海外からも!)から来るよくわからない老若男女を受け入れてくれる上諏訪の町も僕は大好きです!!

 

そうそう、9月5日に僕が『リビセンお助け隊』に来た初日に、いっしょに釘抜きした、▼村山農園さんも来てました!!

https://www.facebook.com/murayamafarm/

すいか産地直送!村山農園の下原すいか

 

先日の台風で落ちてしまった売れないリンゴを格安で販売していました!

途中でリンゴを置いてお帰りになったので、このリンゴはリビセンに寄贈されたのでしょう。(前回もそうだったし)

 

で、そのリンゴ、食べてみると、9月のリンゴジュース同様、超美味しいんですよ!!

こんな美味しいリンゴも古材と同様、資本主義の世の中では捨てられていってるなんて。。。

 

で、これには、

「『食のレスキュー』もやりたい!」

って言ってた東野社長も大喜びでした!

「こんなにはやく『食のレスキュー』できるなんて!」

って。

よかったね、東野さん!

 

あと、▼この映像、映画みたいで超感動モノ!!

 

御柱祭同様▼「ふるまいおにぎり」もありました!

中に入っていたこの栗がホクホクしてて美味しかった!栗ごはんが好きになりました!

 

下諏訪マスヤゲストハウスのオーナー▼キョンちゃんもパンパンになったお腹で登場!

 

主役がそろってきたところで▼タカミさんが挨拶してカンパ―イ!!

 

というわけで、ここで僕と久しぶりに会った、名古屋の「チャシャ猫」こと、ゲストハウスブロガーの▼アキラ氏、

チャシャネコの妄想旅行研究所

そして留学生ブライアンの3人は、ちょっと疲れてきたので、13:30くらいに上諏訪の「片倉館」という千人風呂で有名な温泉へ!

 

途中にまたしても別の神社の▼小宮の御柱に遭遇!いやはや御柱イヤーですな!

 

この日のこの時間は上諏訪でランチが食べれる場所がなかったので(唯一開いていたそば屋は長蛇の列!)、▼片倉館の二階の食堂へ!

片倉館について |【国指定重要文化財】財団法人片倉館

 

アキラ氏は片倉館にも来たことがあったらしく、いろいろ案内してくれた。

結局、下諏訪も上諏訪もアキラ氏に案内してもらうのねw

 

片倉館の二階の食堂は味噌カツは予想以上に美味しかった!

食堂は食べた後▼ごろ寝できるし、

 

その近くのテラスから見る▼諏訪湖は綺麗だった!

花火島が真んだった。片倉財閥関係者は夏はこの特等席で諏訪湖花火見てたんだろうな。

 

テラスから▼片倉館を撮る。

 

あと、これを書きながら発見したけど、片倉館の入り口でスマホで▼この画面見せれば千人風呂は100円引きじゃん!ww

http://www.katakurakan.or.jp/campaign/201607.html

 

ご飯を食べたあと、千人風呂にも入ったけど、これが「千人風呂」というにはちょっと誇大広告というか、JAROに電話されそうな広さで、せいぜい、ぎゅうぎゅう詰めで80人風呂、といったところでした。

千人風呂 |【国指定重要文化財】財団法人片倉館

 

けど、僕はけっこう気に入りました!

まず、下諏訪ほどは熱くない!(これ重要!)

次に、なかなか深くて、小学校のプールくらいの深さがある!

もちろん座れないし、子供はクビくらいまで浸かってた!

ここまで深い温泉って僕は初めてで、ちょっと新鮮!

しかも、床は小さい丸い石が敷き詰めてあって、足の裏が刺激されて気持ちいい!!

ここはまたいつか行きたいですねぇ!

 

電車でリビセン行く方はこの『千人風呂』とセットで上諏訪を楽しむのがいいと思います!!

(上諏訪は下諏訪のように気軽に入れる公共の温泉があんまりないので!)

 

 

風呂上りにリビセンに戻ってきてチャイをいただく!

このチャイ、めっちゃ美味しいんですよ!!

リビセンでメニューに迷ったらチャイがオススメ!

ホットだけの時と、アイスもある時があるよ!!

 

 

いろいろ悩みましたが、明日も仕事なので、僕とアキラ氏は少しはやめに上諏訪を出発することにしました!

 

 

というわけで、無事、帰宅!

諏訪からこんなに早い帰宅ははじめて!

 

 

というわけで▼翌日書いたブログ記事はこちら!

「労働」を『お金を稼ぐ手段』と考えるから辛くなるような気がする。「労働」を『他人との絆を築く手段』と考えれば、途端に楽しくなる。 - A1理論はミニマリスト

 

 

あと、後日、いろんなwebメディアにも取材されていました!

 

僕は17:30に帰ったのですが、あと30分いれば▼こんな感動的なスピーチも聞けたなんて!!

【取材】古材から新たな文化を生み出す場所、上諏訪のReBuilding Center JAPANさんに行ってきたよ! | 松本市のコワーキングスペース「ノウアーズ」| Social Hub Space Knower(s)

 

▼この記事も全体的にオシャレですごくいい!!

風にふかれて#3 「ここでつくれば」 - haluta365

 

 

しかし、この日、『リビセンお披露目会』に参加し、その後、上諏訪の町を歩いた感想は、

「上諏訪の町は寂れすぎているけど、それをリビセンが再生させていくかもしれないワクワク感!」 

でした。

 

上諏訪駅の南の商店街は諏訪湖花火大会の日以外は、本当に人が歩いていない。

下諏訪の駅前も人が歩いていないけど、上諏訪商店街は歩道もあって、道も広いのに、下諏訪以上に人が歩いてなくて、寂れている。

人が歩いてないから、飲食店も開いてない。

 

諏訪湖に沿った道路沿いと、茅野からの道路沿いは、まだそこそこお店もあるけど、そこも歩いている人はほとんどいない。

酒蔵は5つも並んでるけど、運転する人はお酒飲めないし。

 

けど、東野さんやキョンちゃんたちが下諏訪にマスヤゲストハウスを作ったから、下諏訪に移住者やお店を開く人、よくわからないブロガー達が集まって来たように、上諏訪にリビセンができたことで、リビセン周辺もリビルディングされていくような気がしました。

 

しかも、奇しくも、今年は6年に1度の御柱イヤー。

御柱こそが「リビルディング」の象徴ですからねー!

 

次の御柱が建つ頃には、リビセンを中心に上諏訪の町が盛り上がっていればいいな、と思った『リビセンお披露目会』でした!!