A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

人生の最初から最後まで「自分らしく生きる」のが一番コスパいいよ!

【スポンサーリンク】

昨日、▼「レールに乗る人生より、働かない人生のほうが尊い!」と書きましたが、、、

『レールに乗っかる人生』よりも、『働かなくていい人生』のほうが尊い!! - A1理論はミニマリスト

 

その文中に何度も注意書きしてますが、

それは僕の意見であり、僕の生き方に過ぎない。

 

大事なのは、

「自分らしく生きること」

であって、

レールがどうとか考える人生が、一番、コスパ悪いんじゃないかな?

って思う。

 

 

そもそも、「レールに乗る」なんて、つまらない。

自分が乗らなかったら、誰かが乗るレールだ、それなら俺じゃなくてもいいだろう。

 

仕事に関しても、

「自分らしく働けた」

時に、人間は爽快感を得るのではないかな??

 

 

僕が20代の時、何故か友達の親父の家に遊びに行った時、リビングの横の部屋に、

ずらーっと「のし紙」がついた酒瓶が置いてあった。

その友達の親父は、ちょっとした企業のちょっとした偉いさんだったのだ。

 

「すごいですねー!!これ!!」

と、僕が思わず言うと、

「これは俺に送ってきた酒じゃねぇ。」

とか言い出す。

「えっ!?」

と思ってお酒に貼られたのし紙を見ると、やっぱりその親父の名前が書いてある。

「???」

と、僕が思ってると、その親父は、

「これは俺じゃなくて、●●会社の部長宛てに送ってきただけの酒だ。」

と、寂しそうに言った。

 

実はその直前、その家の近くで焼肉を食べてて、その親父の若い頃、働き過ぎて血尿が出た話とかもしてた。

たぶん、かなり働き詰めの人生に違いない。実際、部長にまで上り詰めた。

 

で、大量のお酒が家に届いてるのだから、世間一般的に見れば、まぁ『勝ち組』なんだろう。

 

が、そんな男が最後に辿り着いた先が「この表情」なら、

レールに乗って、出世することのなんと無意味なことか!

と、思った。

 

いや、無意味だけならともかく、大量の時間を失っている。

(血尿にもなってるし!)

 

 

その頃、僕は26歳の「メルマガ書き」という名のプータローで、しかもアジア横断の旅から帰ってきたばかりで、家も、カネも、仕事も、なんにもなかったけど、自分の好きなことだけメルマガに書いて、メルマガを読んでくれた人からメールも届いたりして、かなり充実していた。(家はなかったけど!w)

 

友達の親父は、たぶん、僕の親父くらいの歳で、貧しかった日本を豊かにした世代なのだろう。

それに関しては、我々の世代は、感謝してもいい、いや、むしろ感謝すべきだ(笑)

 

 

だが、だからと言って、

我々も同じ生き方をするのはナンセンスなんじゃないかな?

親の世代が作ったインフラがすでに整ってるんだから、そのインフラを有効活用するべきなんじゃないかな?

 

明治になって、剣術を頑張るより、東京帝国大学を目指したほうが、人生コスパがいいように、▼21世紀にもなって、『職』に従属した人生を送るのは、勿体無いんじゃないかな?

『住』従属人生の19世紀、『職』従属人生の20世紀、『居』従属人生の21世紀。 - A1理論はミニマリスト

 

昭和の時代はまだまだ、食うに困ってた。

食うに困らなくても、コンビニやファミレスや牛丼屋、24時間スーパー等はほとんどなかった。(僕が小学生くらいの頃から出てきた)

 

この21世紀、食うに困らないなら、

「自分と似たような人といっしょに生きていくべきだ!」

というのが、僕の20代からの考えであり、もっと言うと、僕が東京のマンモス大学に入ったのも「自分と似たような人」に出会うためだ。

 

そんな僕が、「就職」するなんてのは、どう考えても、メリットなかった。

(今もwwww)

 

僕は、

「自分の名前」

で生きられない人生なんて、意味ないと思ってて、

そんな人生に、いくら富があっても意味がない。

(そもそも僕には物欲がないし、食べ物も「日本食ならすべて美味しい」と思う派だ。)

 

「自分の名前」(ハンドルネーム含む)

で、生きた時間こそが、

「自分の人生」

であって、誰かと置き換えの効く人生なんて、僕から言わせれば、

「自分の人生」

じゃないのだ。

 

 

探検家・植村直己は、北極に犬ぞりで行った時、

「ここまでしないと、俺は『満足』しない人間なんだろうな~」

と言った。

マッキンリーに死す―植村直己の栄光と修羅 (講談社文庫)

マッキンリーに死す―植村直己の栄光と修羅 (講談社文庫)

 

 

 

「レールに乗る」だけで、『満足』できる人は、

逆に、「レールに乗る」だけでは満足できない人間からしてみれば、

「羨ましい」

人間なのかもしれない。

 

なぜなら、昨日も書いたけど、

「レールに乗る」

ことなんて、そこまで難易度は高くないからだ。

 

「自分の人生を満足させる」

ことこそが、一番、難易度が高い行為なんじゃないかな?

犬ぞりで北極点を目指したり、歩いてチベット横断したり、五体投地でカイラス一周したり、、、

 

だからこそ、僕の友達の親父は、出世しても「満足」してなかったわけで。

 

いや、満足できなくてもいい、でも、

「満足できるように生きようとすること」

は、やっぱり、

「自分らしく生きる」

ことなんじゃないかな?

 

ちなみに病気の原因の9割は「ストレス」だと言うけれども、

「自分らしく生きている」

人にはあんまりストレスがないような気がする、なので、長生きする確率も高いんじゃないかな???

 

 

と、まぁ、いろいろ書いてきましたが、まぁ、みんな好きに生きるべきです。

▼そもそも、人類自体が存在することが意味がないのですからwww

人類自体が存在意義ないんだから、普通に生きてもダメに生きてもどっちでもいいと思う。 - A1理論はミニマリスト

(けど、法律は守れ!wあと、他人にはできるだけ迷惑はかけるな!!ww)

 

「人類自体は存在する意義がある!!」

というのは宗教であるし、人類のゴーマンでしかない。

 

 

で、僕は一生、派遣社員でいいですし、一生、日本社会で言うところの「低所得者」で、ぜんぜんかまいません!!

 

ただ、

「自分らしく生きる」

ことには、常に一生懸命でありたい!

と思ってます!!