A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

『酒粕の甘酒』はミニマムな労力と材料で作れる、超美味しくてコスパ最強の栄養ドリンク!

【スポンサーリンク】

甘酒が好きです!!

大好きです!!

 

でも、昔から好きだったわけではなく、、、

 

去年の夏、長野県下諏訪の春宮近くの▼カフェ『花結び』で飲んだ、、、

下諏訪の「春宮」と「万治の石仏」の間に和レトロなカフェ『花結び』オープン!スローな旅を楽しみたい時にいいと思います! - A1理論はミニマリスト

 

八海山のアイス甘酒が、、、 

 

「うそっ!?」

って声が出るほど美味しかったので、それから夏も冬も飲み始めましたw

 

調べてみると、元々、甘酒は江戸時代は夏の飲み物で、滋養強壮に聞く、いわゆる『栄養ドリンク』だったようです。

夏は町中に『甘酒屋』が点々とあったらしく、和歌で「甘酒や、、、」というのは『夏』の季語だったらしいです。

 

けど、いつからか、甘酒は冬にしか飲まれなくなり、僕も子供の頃、飲んで、

「まずい!」

って思ってましたw

 

でも、最近は若い女性中心に徐々に甘酒が見直されはじめ、こんな▼オシャレ甘酒ワゴンも出始めました!

長野県辰野町の移動販売『甘酒屋an's』のオシャレ甘酒がめちゃくちゃ美味しいよ!美容と健康、そしてダイエットにも! - A1理論はミニマリスト

(▲このお店のメインは下諏訪の隣の辰野町) 

 

 

で、僕が甘酒にハマり初めて、いろいろ調べてわかったのは、、、

 

甘酒には、

『酒粕の甘酒』(アルコール分あり)

と、

『米麹の甘酒』(アルコール分なし)

が▼あるということ。

甘酒は酒粕と米麹の2種類!3つの違いを知って目的別に飲みわけよう! | 発酵食で腸からHappiness!!

 【甘酒】酒粕甘酒と米麹甘酒の違い!どちらが栄養価が高い?

 

 

そして、▼『酒粕』自体にも2種類あるらしく、上諏訪の酒蔵『本金』によると、、、

f:id:A1riron:20171117032857j:image

 

『板粕』(冬~春 甘酒・粕汁等)

『練り粕』(夏~冬 漬け物用)

があるとのこと。

 

 

今回のこの記事は、

『酒麹』の『板粕(冬)』の酒粕

で作った甘酒の記事です!

 

 

きっかけは、▼昨年の12月に上諏訪にミキコさんと行った時に、、、

12月諏訪オフ会1日目!『セラ真澄カフェ』『楽茶』『リビセンカフェ』『酒粕豆乳キムチ鍋』ダイジェスト版! - A1理論はミニマリスト

 

▼『真澄』の酒蔵の、、、 

 

 

▼『セラ真澄』で、、、

 

twitter.com

 

▼この『酒粕』を購入したことです!!

 

twitter.com

 

セラ真澄さんの、

「冬の甘酒は今しか買えないですよ、、、」

という言葉に負けましたw

 

で、そこでもらった▼酒粕レシピで、、、

 

twitter.com

 

 

この日の夜は下諏訪のマスヤゲストハウスで、ブロガー5人で、

▼『キムチ酒粕鍋』パーティー!!

 

twitter.com

 

あああ、これ、めっちゃ美味しかったなぁ。。。

ヤバいくらいに、、、w

 

twitter.com

 

『キムチ酒粕鍋』が美味し過ぎたので、

会話もめっちゃ盛り上がりましたw 

 

でも、この時に使用したのは、ミキコさんが買った酒粕で、、、

 

僕の酒粕はその後、11ヶ月ほど、冷蔵庫に放置されていましたw

なんか、今年に入ってから、僕はいろいろ余裕がなくて、、、

 

 

でも、今月11月くらいから、やっといろいろ余裕が出来てきたので、ちょうど寒くなってきたこともあり、『酒粕の甘酒』を作ってみました!!

 

レシピは▼こちらを参考にさせていただきました!

鍋ひとつで簡単♪酒粕で手作り甘酒の作り方 by hirokoh 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが278万品

 

他にもいろいろレシピを見ましたが、

要は酒粕をお湯で溶かして砂糖(と塩)を入れるだけですw

 

『酒粕の甘酒』って、めっちゃ簡単ですね!!w

 

というわけで、▼酒粕を11か月ぶりに冷蔵庫から出すと、、、 

 

やっぱり11ヶ月放置していたので、ちょっと、くにゃっとなってました。

板状でもあんまりなくなってました。

 

サンドニさんの話では、

「酒粕は冷蔵庫に入れていれば1年くらいもつ」

とのことで、かなり放置してしまいました、ごめんよ、酒粕。。。

 

酒粕の袋の裏にも▼『酒粕』『焼き酒粕』『酒粕ヨーグルト風』のレシピが載っていました!

 

というわけで、普通に▼4カップのお湯を沸騰させます。

 

材料は▼『酒粕』『砂糖』『塩』だけw

シンプルイズベスト!!w

 

▼11ヶ月放置の酒粕は、くにゅっとなってて、手でちぎれました。

 

上記レシピでは100gと書いてあったので、1kgの袋の▼1/10を目分量でちぎって、、、

 

投入!

 

上記レシピでは10分放置とか、他のレシピではミキサーにかけたりしていましたが、11ヶ月放置の酒粕は粘土状になっていたので、そのまま菜箸でほぐしたら崩れていきました。なので、▼くにくにと酒粕の塊を潰す。

 

▼1分くらいでだんだん小さくなっていきました。

 

もう、▼この時点で、見た目も匂いも甘酒w

味見しても甘酒wめっちゃ簡単ですなw

 

『米麹の甘酒』と違い、『酒粕の甘酒』は砂糖を入れないといけないので、最初はレシピ通り▼70gの砂糖を投入!

 

でも、僕は甘党なので味見したら物足りなくて、最終的には200gくらい入れましたw

 

その後、▼食卓塩をパラパラとまぶしました。(この塩はなくてもいいかも。)

 

というわけで、鍋からおたまですくって、▼完成!!

 

▼ドアップはこんな感じ!!

 

で、飲み始めると、これが美味しくて、美味しくて、、、w

ノンストップで2杯飲んでしまいましたw

 

11ヶ月放置してても、この美味しさ!!

さすが発酵飲料ですねぇ。

 

で、冷蔵庫に牛乳があることを思い出し、後半は▼ミルク甘酒に!

 

牛乳というか、安い低脂肪乳でしたが、これも美味しかった。。。(もちろん砂糖増量w)

 

 

というわけで、

『酒粕の甘酒』はコスパ最強の栄養ドリンクでした! 

 

100gで4杯くらい飲めるってことは、1kgで40杯くらい飲めますね。

750円で40杯!w 

 

今年はまだ真澄の酒粕は出来てないようですが、

Amazonで調べると▼ここら辺の有名な酒蔵の酒粕が買えるようです!

白瀧酒造 上善如水の酒粕 500g

白瀧酒造 上善如水の酒粕 500g

 

(▲さすが軍師!黒田如水!AmazakeをAmazonで!w) 

 

甘酒が作れる冬の酒粕である『板粕』は、今の時期から春くらいまでしか買えないので、、、

お早めにご購入を!!

 

 

って、俺のこの記事は『酒粕』記事じゃなくて、『アフィリカス』記事になっとるがなw 

 

※『アフィリカス』とは、アフィリエイト(物販)記事ばかり書くダメなブロガーのことですw