A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

年度初めでどれだけ忙しくても『桜を愛でる』くらいの『心の余裕』は持って生きていきたい。これからもずっと。

【スポンサーリンク】

みなさん、本日、年度初めで、職場に新人さんや、他所から移動してきた「現場新人さん」がいっぱい来ましたか~?

僕の職場にも来ました~!!なんにも知らない人!!w

 

同時に、昨日までいた「勝手がわかってる人」がいなくなって、てんやわんやじゃないですか~??

僕の職場はてんやわんやの極みでしたww

 

もうね、『カオス』という表現がふさわしすぎるww

いっぱい!いっぱい!!いっぱい!!!

 

 

 

なのはわかりますが、、、

 

下を向かずに、上を見上げてみましょう!!

f:id:A1riron:20160401224233j:image

桜が満開ですよ~!!!

(東京都の場合)

 

僕の職場は僕より若い人が多いのですが、本当にいっぱいいっぱいで、

職場の近くに咲いている桜を愛でている場合なんかじゃない!!

という感じでした。

 

僕も確かに今日は、その人たちに負けず劣らずのいっぱいいっぱい加減でしたが、

どれだけいっぱいいっぱいでも、『桜を愛でる心』はなくしたくない。

と思いました。

 

 

だって、すぐに散っちゃうんですよ!!

しかも、人生80年として、80回くらいしか見れないし、人生なにがあるかわからないから、来年の桜が必ずしも見れる保証なんてどこにでもないですから!!

 

仕事はもちろん、ちゃんとやらないとダメですよ。

でも、『桜を愛でる』くらいの『心の空き容量』くらいは、常に確保していたいです。

 

 

春夏秋冬。

日本の豊かな四季を楽しむ『心の余裕』のほうが僕には大事で、そんな『心の余裕』もない生き方なんて、間違っているような気がします。

 

僕は、

今年も東京で桜が見れたことに感謝です!!

 

 

 

 

 

 

と、2016年春現在は、こんな文章を書いていられますが、、、

 

2005年春くらいは、mixi日記に、

「花見なんてしてる奴らは、死ね!」

くらいのこと書いてましたw

 

もうね、ネガティブーン過ぎますねw

さすがに、マイミクからも呆れられていましたw

 

 

 

当時は「親の借金」と「学費の借金」という『双子の赤字』を返済することしか頭になく、mixi日記は常に極貧日記続きでしたw

 

そうなると、『心の余裕』がなくなり、トゲトゲしくなり、そんな文章を書いたりしてしまいます。

20代という若さもそれに拍車をかけていたのかもしれません。

 

マイミクだけではなく、いっしょに働いていた人(関西人)からも、

「自分、いっぱいいっぱいやなぁ。」

と言われましたが、当時はそういう言葉も全く耳に入っていませんでした。

 

 

けど、

今年の桜は美しいと、心から感じました。

 

もし今でもまだまだ借金が続いていたら、心から美しいとは思わなかったと思います。

 

 

 

僕が自分の人生の前半をかけて、ずっと欲しがっていたのは、モノでも、地位でも、名誉でもなく、この、

『心の余裕』

だったんだと思います。

 

 

『心の余裕』

があれば、桜は美しいし、入道雲も美しいし、紅葉も美しいし、積もった雪もサイコーに美しいんじゃないかな、と思います。

 

 

『心の余裕』

がないから、ドラクエで言う、

「常に画面真っ赤」状態

で、いっぱいいっぱいいっぱいになってしまうんじゃないかな、と思います。

 

 

で、この、

『心の余裕』を保つのに、そんなに大金はいらないと僕は思います。

 

ミニマムな生活費と、安定した仕事、それと、休日にいっしょに旅行したり、ゲストハウスで遊んでくれる、親和性の高い少数の仲間がいれば、それで十分『豊か』だ。

 

 

 

人生で、あと何度『桜を愛でる』ことができるのか、それは誰にもわからない。

 

でも、いつ、いかなる時でも、心の中に『桜を愛でる』くらいのスペースは確保しながら生きていきたい。

 

そんな『心の余裕』もない人生なんて、僕はもう、まっぴらごめんだ。