A1理論はミニマリスト

ポジティブにつぶやき中@A1riron

生命以外に富はない。(ラスキン)

【スポンサーリンク】

なかなかいいことを言いますねー!ラスキンさん!

ジョン・ラスキン - Wikipedia

さすが、39歳で美術の教え子の9歳のローズに魅了され、彼女が16歳になると、何度も結婚を申し込んだけど、宗教が違うことを理由に断られただけのことはある!!

(たぶん、理由はそれだけじゃないよ。。。)

ラスキン

ラスキン

 

 

しかし、

『生命以外に富はない。』

 って、言い切れるのがかっこいいですねー!ロ●コンの癖に!w

 

 

確かに、重要度からしてみれば、

生命>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>お金

だと僕も思ってます。

 

 

で、この『生命』って、正確に言うと、

『健康時間』

だと思います。

『健康寿命』とも言えるかもしれませんが、若い時に病気やケガとかしてるかもしれないので、やはり『健康時間』かな、と思います。

 

 

『健康時間』は『お金』に変換出来ますが、

『お金』を『健康時間』に変換することは出来ません。

 

だから、『お金』なんかより、『健康時間』のほうが、遥かに大事!!

 

 

でもこれ、20代〜30代前半くらいだと、あんまり理解出来ないような気がします。

元気に溢れてたりしますし、お金がなさすぎる。

日本の場合は特に奨学金の返済が大きすぎると僕は思います。

 

 

結婚してたらまた違うのかもしれませんが、僕は35歳くらいから、完全に、『健康時間』重視になりましたねー。

逆に、しょーもない仕事は断捨離!(笑)

 

しょーもない仕事をやってる時間がもったいない!(笑)

自分の人生に失礼!!(笑)

 

 

僕はお陰様で大きな病気やケガもしたことはないですが、38年も生きてると、周りの人が大きな病気やケガをし始めたり、鬱病みたいになったり、突然、死んだりします。

 

その度に、

本当、自分も病気やケガや死んだりする前に、好きなことを、好きなだけやろう!

と思い直します!!

 

 

にゃんすが以前、書評してたこの本、まだ読めてないですが、、、

天才バカボンの『幸福とは今日もおひさまが昇ること』を読んで、ブロガー目線での「幸福とは…」について考えてみた - 猫に小判

 

本当、このタイトルの通り、幸せって、

「おひさまが昇ること」

以上のことはないし、それ以外の幸せなんて、本当にちっぽけなことだと思います。

 

そんなちっぽけな幸せを『健康時間』を犠牲にしてまで追い求めるなんて、僕はおかしいと思います。

 

 

今現在、『健康時間』という、最大の富を手に入れてる人は、それを最大限有効活用して『自分の人生』を生きることに注力したほうがいいと思います!

 

そのために『お金』が必要なら、必要金額を計算し、その金額分だけ働く、という生き方のほうが、僕は絶対にいいと考えてます。

 

ドラクエ4の3章のトルネコと同じですね。

クエスト』をクリアするのに「お金」というアイテムが必要だから、稼ぐ、的な。

 

 

だから、無意味にサービス残業したり、キ●ガイ対応してる『健康時間』は極力ミニマムにしていく戦略で僕は生きてます(笑)

 

 

だって、僕の『健康時間』ですから!!

僕の『健康時間』を僕がどう使おうが、法に触れない限りは僕の勝手でしょう!

 

 

『自分の人生』を生きよう!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あ、こんな無駄に健康な人間の記事が『バズってどうする!?』